FC2ブログ

5/17 名倉川漁協某川

渓流
05 /17 2019
5/17 名倉川漁協某川

■データ

・メンバー:BIGONE  
・エサ  :ミミズ
・対象魚 :アマゴ(18~17cm 4匹 16~15cm 4匹 以下数匹)
      イワナ(16cm 1匹 以下 3匹)

■釣行記
 鮎釣りのつもりで取得した年休だったが、矢作も釣れていないし、
渓流に行ってみようと予定変更。名倉川漁協某川の上流部に
初挑戦してみることにした。入渓ポイントがよく分からず、
下流に下りながら探していき、強引に藪を割ってポイントへ。

 入ったところの下流にいい淵があったので、とりあえず餌を
落としてみる。2投目で淵底に引き込むあたりが出る。合わせると
まあまあの引きで、幅広のきれいな18cmが釣れる。一か所目
からこれなら!と思ったが、結果これが最長寸(涙)

 その後、針が大きすぎたのか、あたりが出てものらず、奇跡的に
かかるのは食ったときに針が刺さったやつのみ。という感じで数が
伸びない。魚はプールの最下流に定位しているものが多かった。

 よく考えた結果、針を極小にして錘も極小の5号、プールにステイ
(ほぼブッコミ釣り)というパターンを試してみる。すると狙い通りに
魚が拾え始める。

 こうなると、パターンフィッシングで数が伸びる。途中、瀬の流れでも
3匹ほど釣れる。さらにいかにもイワナが出そうな岩の穴から、イワナを
引き出しキープ。さらに、落ち込みでもキープサイズのアマゴが出て、
うまく釣れるパターンにはまってきた。

 プールに落とすと、ゆっくりとアマゴが近づいて、餌を食ってその場で
ステイ。糸を張って魚が動いて合わせるといった一連の動きでキープ
サイズが釣れたりする。結局17~18cm程度のまあまあサイズが4匹、
15cmサイズが5匹 というキープで9匹を確保して終了。

 前回より、サイズが1cmほど小さ目でそろってしまったが、
初めてのポイントで、最初は苦労したが、結果的には十分な数が
釣れて楽しい釣りとなった。釣り残しも多いし、まだまだ釣れる感じで、
今後も期待できそうだ。

 脂がのってうまいアマゴ。いまがベストシーズンかもと思う。
鮎釣りはへたっぴから脱出できないので、こっちの釣りのほうが
気楽で、楽しいかもと思ったりもする。
スポンサーサイト



5/11 宮川上流

アユ
05 /11 2019
5/11 宮川上流

■データ

・メンバー:NAさん BIGONE  
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(18~14cm 9匹)

■釣行記
 今年の鮎解禁は、初の当日しかも、実績の高い宮川上流へ。
6時前に到着したが、時すでに遅し。すでに人でいっぱいで、
入る場所がない。結局、2時間の放浪のすえ、若山橋上流の
ポイントに場所を確保して、釣りを開始する。

 初期っぽいポイントで釣りを開始するが、気配が薄く最も
よさそうな筋からも魚が出ない。その後、対岸側の浅いところで
気配あり。差しなおすと目印がグン、と絞られて最初の魚がかかる。
サイズは18cmほどの黄色い鮎。やる気もあっていい感じだった。
さらに、少し下でもう1匹釣ったところで、かからなくなる。

 最初にいた人は2時間ほどで1匹も釣れず移動していった
様子だった。私もかからなくなったので一旦上流の群れアユへ。
1匹掛かったらあっさり散ってしまった。このころから上流にいた
鮎が下流に下っていって瀬に入るのが見え始めた。

 ちょうどいいタイミングだったのかNAさんが連発し、
徐々に調子を上げている。私は最下流のかたとお話をして、
戻ってくるとNAさんは2桁目前。私は3匹だったので慌てて
厳しい流れの中を探っていく。すると、流れの中で掛かっ
て1匹追加。さらに上流のタナで1匹。その下流で1匹釣って6匹に。

 チャラ瀬が空いていたので、ここの色がいい筋を引いて
3匹追加。10匹までと思っていたが、最後の1匹はウグイ。
今日はこの1匹で終了。小又い移動したが、警戒心の
高い群れアユが居る中1匹ばらしたのみで終了。

 世間はそこそこ釣れていた情報なので、場所が悪かった
ということかもしれないが、うまく釣ればもっと釣れたと思うし、
腕のなさを実感し、かなり凹んだ開幕となった。

5/1 名倉川漁協某川

渓流
05 /01 2019
5/1 名倉川漁協某川

■データ

・メンバー:BIGONE  
・エサ  :キジ
・対象魚 :アマゴ(20~16cm6匹 以下数匹)
       イワナ(17cm2匹 以下2匹)

■釣行記
 今回は、3月とは違う某川へ向かい、雨で活性の
上がったであろう渓流魚を狙ってみた。第1ポイントは
最も上流側にあるポイントとなるのだが、魚は比較的
多く見えており、いい感じの状況だった。まずは、瀬を
探っていくといきなりの1匹目。ビリアマゴではあるが、
きれいな魚の1匹目に満足する。

 その後もあたりは頻発するが、下手なのか見切られて
いるのがなかなか掛からない。15cmほどのキープか
迷うサイズが1匹。これはリリースし、さらに、奥に行って、
拾いプールの白泡の際で15cmほどのアマゴを追加。
(これは友船キープ後リリースとした)結構浅いところにも
多く魚が出ていて、パラパラと釣れる。

 大きな淵の落ち込みで14cmのアマゴを釣り、さらに
その上流の淵の白泡でいい型の魚がかかる。20cmの朱点の
はっきりしたアマゴだった。昨年の放流モノだろうか?ここらで
昔からみる魚とは色が違う。ただ、ええアマゴが釣れたという
ことでとりあえず満足しておいた。

 さらに上流に探っていき、岩陰にステイしているイワナの
上流に餌を振り込み無事確保。17cmとまあまあサイズだった。
少し上流に行ったところで、アマゴ、イワナを1匹ずつ釣って
ここで前半終了

 続いて後半戦、少し下流へと移動し第2ポイントへ。
第1ポイントと違いだいぶ水量が多く、探るところも多い。
1投目ピックアップ直前に魚が食っており15cmほどの
アマゴを空中リリース。さらに次のポイントでも渕尻で
15cm、さらに、奥の大渕でも15cmと渕尻、15cmアマゴという
基本体制が続く。

 さらに、上でも15cmアマゴをバラシ・・・それ以降あたりが
頻発するし、たまに掛けることもできてはいるが、サイズが微妙で
キープできない。

 第2ポイント最初のキープは、渕の中。1匹目が15cmだったの
だが、2匹目は17cmとだいぶましなアマゴ。ここは2匹の魚が出たが、
見えている一番大きなアマゴは口を使ってくれなかった。

 さらにすぐ上の瀬尻で、イワナ。これも17cmとまあまあサイズ。
以降イワナが急に増え、チビイワナを追加。さらに、瀬で反応する
魚の多くが16cmクラスで、無事確保できたものは、キープしたのだが、
たぶん半数近くは、空中または水中で外れている。特にイワナが3匹、
どれも17cmほどだったが、食い直してくれず、バラシまくってしまった。

 最後雨が強くなってきたので、最後の1匹をと狙っていき、岩陰の
穴から引き釣り出したところで餌もなくなり終了とした。

 結果、16cm以上で8匹キープ、最大20cmとまずまずの結果と
なった。ただ、今年で最も状況がよかったことを考えるともう少し
キープできたはず、と少し反省。ま、来年に向けて資源を残した
ということにしておこうか。

4/21 根羽川漁協

渓流
04 /21 2019
4/21 根羽川漁協

■データ

・メンバー:Kさん K君 BIGONE  
・エサ  :キジ
・対象魚 :アマゴ(23・20・16・15cm 各1匹)
      イワナ(16cm 1匹)

■釣行記
 Kさんとの渓流は恒例だが、今回はK君もつれて3人での
初渓流。ポイントも皆でつるならということで、初挑戦の
根羽川漁協へと向かった。

 3人で入れる場所をと、最初に選んだのは桧原川。ここでは
あたりなく上流へ移動。上流では、数か所チェックしてようやく、
魚の釣れそうな場所を発見し、私はK君の指導を兼ねて2人で
釣っていく。

 基本はK君にポイントをあげて、仕掛けのトラブルとかで
釣れないときに私が釣っていくパターンとした。これでポイントは
半分ずつ釣れる感じだった。まずは入ってすぐイワナをバラシ。
さらに、あたりが頻発する中チビイワナを確保。K君はあたりを
逃すこと数度、ようやく送り込んでチビアマゴを確保。

 その後、私が16cmほどとキープ可能なイワナを釣り、
とりあえず友船に確保。ある程度上ったところで下流から
Kさんが合流し、次のポイントへ。次のポイントでは、私が
単独で上流にむかい、あたりが頻発するゾーンを発見。
18cmをばらした後。15cm級のアマゴ2匹を確保。

 K君に何とか釣らせようと、そこから先のポイントはK君に
託して釣ってもらうが、当たりはしこたまあるが、ショートバイトが
多く、掛からない。結局ここも、あきらめて最後はKさんの
直感で本流筋で勝負することに。

 私は最下流で釣り開始し、そこから釣りあがる狙いとした。
大渕の流れ込みを探り続けると打った仕掛けにビュンと大きな
反応が出る。少し送って合わせるとかなりのアマゴがかかる。
23cm放流モノとはいえ、だいぶ期間がたってええ感じの
魚体の魚を無事タモ入れ。

 さらに、次を狙うがここにはおらず。岸際の早い流れが
いかにも、だったので打ち込んでいくと小さいあたりが
連発する。ここをしつこく探ってとうとうかける。型がでかく
25cm近いサイズのアマゴでやり取りの途中首を振られて
外されてしまった。

 そこからは、早い瀬の深みを探っていくと、何度も当たりが
出る。次にかけたのは稚魚放流ものと思わる20cmほどの
アマゴで、これは空中、というか、キャッチ直前でバラシ。さらに、
同サイズをつりこれは無事確保。さらにあたりが続いたが、
このあたりで時間切れ。

 最後の本流筋で大変面白い釣りをすることができた。本流の
釣りはあまり得意でないと思っていたが、狙ったところできっちり
あたりも出せたし、小さい当たりをピッタリ合わせられたりと、
まあ釣れんことはないもんだとやや驚いた。

 本流の釣りは流していくアプローチが非常に面白いし、
魚も大きめで楽しめた。また、来たいと思う。

4/19 静岡方面2か所

メバル
04 /19 2019
4/19 静岡方面2か所

■データ

・メンバー:Mさん BIGONE  
・エサ  :青虫 カメジャコ
・対象魚 :ガシ(22~19cm 4匹 以下 数匹)
      メバル(20~18cm 5匹)

■釣行記
 前回と同じパターンでMさんとの静岡釣行に。前回と
比べて濁りが少なく、チヌが出る雰囲気ではない様子。
だが、気合で何とか、と思い探っていく。最初に釣れたのは
ガシ。サイズは小さかったが、次に釣れたのは22cm、
さらに20cmとさすがにこのポイントのガシは濃さも
サイズも十分。お土産は十分に釣れた。

 しかし、ほかの魚が釣れず、追加のお土産が確保できない。
そこで、少し移動し探っていく。ここでもガシが追加できた。
最後に浅いところでキビレっぽいあたりが出たのだが、
乗せることができず残念ながら終了。

 移動後は、メバル中心の組み立てで釣っていく。Mさんが
良型を連発させているのに対し、私は小型がパラパラ
釣れる程度。なにが違うのか?ちょっとわからないところも
あったが、結局小型のメバル釣りに終始して終了。

 第2ポイントのメバルは少し数が出るようになっていて、
おもしろい状態だった。Mさんは良型メバルを8匹確保して、
満足な様子だった。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。