FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/30 塩浜テトラ

根魚
12 /30 2018
12/30 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:ソルティ Bigone
・エサ  :青虫
・対象魚 :クロソイ(24・23・22cm 各1匹 20~19cm 4匹 チビ3匹)
      カサゴ (23~21cm 4匹 20~19cm 5匹 以下2匹)
      タケメバ(21cm 1匹  15cm 1匹) 他
   
■釣行記

 今回は好調のHGでの釣り納め釣行。釣り納めは今年もソルティーと。
例年とは違い地元釣行となるが、ずーっと良型が釣れ続いているため、
期待しての釣り。

 だいぶ早めにソルティーが到着し、釣り開始しており、すでに良型を
含めていい魚を確保しているとのこと。当たりはある状態とのことで、
いい場所を譲ってもらい、感謝の気持ちと共に釣り開始。

 一投目から当たるが、型が小さい。15cmに満たないクロソイだった。
この後当たりはあるが、ビリセイゴ中心でキープサイズが来ない。
そこでいつも通り、際を丁寧に攻めてみるとようやく良型と思われる
当たり。しっかり送り込んで合わせると23cmほどのガシ。

 さらに、移動して探っていくと、一気に走られるあたりが数度。これは
掛けられていないがクロソイと確信し、しつこく攻める。すると、ゆっくりの
あたりから一気に持ち込む引きに代わる。合わせるとかなりええ引きを
するので耐えてためてタモ入れする。

 サイズは24cmとそこまでのサイズではないがまあ十分なキープサイズに
納得。この後腹パンの23cmガシを確保(この魚は最後にリリース)、さらに
探っていくと、際の1ヒロ程度のタナでガシ、クロソイが退屈しない程度に
当たる。型も悪くなく、クロソイは20cm前後の型が4匹とかなり釣れる
感じだった。

 そうこうしているうちに、ソルティーが、突然の落水。大したけがは
なかったようだが、片足が濡れたらしい。この極寒のなか続けただけ
でも、ほめたいところだが、その後、尺手前の良型クロソイを確保して、
さすがの気合だった

 私の方も、さらにガシ2匹キープ。少しあたりが薄くなった感じだったが、
移動しながら探ると、かなり浅いタナで反応した22cmクロソイをキープ。
さらに、タケメバ21cm。浅いタナを探っていたら一気に突っ込んだ23cm
クロソイを潜られた後無事確保。

 最後に、ガシの23cmを確保して、釣り終了。と思って針に残った餌を
振り込んだところ20cmのクロソイが反応、これがほんとのラスト。これは
リリースして終了とした。

 お刺身サイズが取れなかったのは少し残念だったが、この時期に
良型連発でおみやげたっぷり。いつもならキープするサイズを
リリースしまくるという贅沢な釣行に今年もよい釣り納めとなった。

18123001.jpg
スポンサーサイト

12/15 篠島

アイナメ カレイ
12 /15 2018
12/15 篠島

■データ

・メンバー:NAさん Bigone
・エサ  :岩虫
・対象魚 :アイナメ(34.5cm 23cm 各1匹)
       タケメバ(24cm 21cm 各1匹 以下2匹)
   
■釣行記

 今回はHG好調のため、こちらの釣りも気になるところでは
あったが、恒例の篠島アイナメ狙いのため、今回は今年初の
篠島へ。本来であれば坊ちゃんも参加の予定だったが、
急遽不参加となり、NAさんとの2名釣行。体調がイマイチ
なので、私は朝ゆっくり、NAさんは気合の朝一スタートとなった。

 私は11時ごろに到着したのだが、朝一にアイナメジアイが
発生したとのことでNAさんはすでに3本のポン級を確保
しており、状況が良かったとのこと。ところが、フグの活性が
上がってしまったらしく、着いた頃には魚のあたりはあるが、
アイナメはチビのみという情報だった。

 私のほうも、釣り開始から、フグ中心。魚はいるのだが、
釣れるのはビリメバル、ビリガシ、フグ、フグ という感じで、
狙いのアイナメは食ってこない。途中、たまにいいあたりが
あるが、乗せられないというふがいない状況が続いていく。

 少し探っていき、移動しながら釣っていくと、ヘチで少しいい
あたりが出る。少し送ると重みが強く乗ったので、合わせると
キーンと竿下に向かって走る。何かにまかれたらしく、一旦
浮かせる途中で止まってしまったが、少し送って再度走り出した
ところで、まかれたものを外して無事確保。25cmに少し届かない
サイズだが、まあ昼間のタケメバとしてはまあまあサイズで
とりあえずお土産確保にほっとする。

18121701.jpg


 その後、さらにあたりが薄くなったところで昼食休憩。NAさんは
ここで餌切れ帰宅。アイナメだけで5匹、うち3匹ポン級という結果で、
満足した感じでNAさんは終了。私は、次のジアイまで、ともう少し
粘ることに。風がやむ予報に反してますます風が強くなったので、
少し風が緩い場所に移動して探りだすと、あたりが連発しだす。

 まずは、アイナメ23cmでとりあえずサイズはともかくとして、本命
確保。さらにタケメバ21cmが釣れる。この途中、何度か強く押さえこむ
いいあたりが出ていたのだが、テンションをかけたり、長く送っていくと、
離してしまう状態が続いた。

 この魚のあたりが出ること数度、思い切り送って、走る前に大合わせ
するパターンを狙ってみる。ごつっと当たって重みがのる微妙な
テンションで待っていること数度。そろそろと思い少しテンションを
かけてから、大合わせする。すると、底をゆっくり走った魚が加速し、
良型確定。途中くびを振り出しアイナメを確信。浮かせてくると婚姻色の
出た黄色いオスアイナメ。狙い通りの魚に満足しながら無事タモ入れ完了。

18121702.jpg


 この後もう1本と探ったが、当たりはあるが、良型の雰囲気はなく、
餌もなくなったため終了とした。複数のポン級とは行かなかったが、
さすがにこの時期の篠島、高確率でポン級で釣れるところは貴重な
ポイントだ。また、来年もきっちりアイナメを釣りたいと思う。

11/30 塩浜テトラ

根魚
11 /30 2018
11/30 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :青虫
・対象魚 :クロソイ (27・25cm 各1)
      ガシ (23~21cm 5匹 20cm 1匹 ビリ1匹)
      タケメバ(21cm 1匹)
      セイゴ (ビリ多数)  
        *サイズは目測(やや控え目で)

■釣行記

 今回は前回から好調のHG。今回も良型根魚を狙っての挑戦。
前回ブレイクしたタケメバないしクロソイの良型を釣る狙いで、
お土産はこれまた良型が回っているガシという確実にいい結果が
期待できる状況(と信じていた)

 まずは、釣りを開始していつものあたりを探るがあたりがない。
少し心配になったが数投後、チビガシが釣れる。ここも良型しか
釣れない感じの前回とは違い不安になる。さらにセイゴ連発が
追いうちをかけて、30分ほどはあまり状況が好転しない。

 そこで、際穴狙いに変更してみるとガシが来る。21cmという
サイズでとりあえずキープ。次の1匹も22cmほどと良型ガシが
連発。次のガシをすかりに入れようとすると根がかりしていた。
何とか外してキープ。

 その後もガシが連発。途中23cm級を2匹つり、20cmは余裕の
リリース。5匹キープできたので、タケメバ、クロソイ狙いでテトラ前
を狙ってみる。すると、すぐに良型の引きで根ずれであっさり
切れる。その後、同様に探って25cm強のクロソイを確保。さらに、
同様に釣って本日最強の引き。外へ奥へと突っ込みまくる。
独特の引きに耐えること15秒ほど少し引きが弱くなったところを
一気に浮かせて勝負あり。型は27cmほどはあったと思う。

 自己記録に近いクロソイを手尺確認してにんまり。最後は、
根がかりしてしまったので餌を捨てて、予定より早めに終了とした。

 今回は旨い刺身と煮魚と・・・とニコニコでスカリを上げると、
異常に軽い。軽すぎる。中には21cmのガシ2匹と、キープ魚
最少の2匹しか残っていない。よく見ると、スカリにちょうど魚が
通れる程度の穴が開いており、ここからみんな海にリリースして
あげていたようだ。

 ほんと。。。。一気にショックでおもわず残り2匹もリリース
しかけたが、親父にあげるつもりだったので、キープして
持ち帰った。クロソイ食いたかった! と子供たちと凹んだが、
まあ、釣り自体は非常に面白かった。

 この好調のうちに、初の尺クロソイとか良型タケメバを
確保したいところだ。また近々HGに行きたいと思う。

11/24 鳥羽方面

根魚
11 /24 2018
11/24 鳥羽方面

■データ

・メンバー:K君 Bigone
・エサ  :青虫
・対象魚 :ガシ (23~19cm 6匹) タケメバ(26cm 22cm 1匹)
メバル(20~18cm 4匹 以下 多数)
      セイゴ (28cm 24cm ビリ多数) 

■釣行記

 今回は鳥羽へ。K君を足場がよくて根魚がよく釣れる鳥羽ポイント
へとご招待し、楽しい釣りを堪能してもらおうということで、いつもの
奥ポイントからスタート。

 まだ明るい時間から釣り始めるが、フグやチビ根魚の反応を
見ながら釣っていく。暗くなるとメバルやガシが活発化する。まず
キープしたのはタケメバ。サイズは22cmという小さ目だがまずは
お土産確保。さらに釣っていくと、ガシの23cm、19cmと大きくないが
キープサイズが増えていく。メバルも20cm弱のサイズが釣れて
一応キープする。さらにセイゴ。ビリが多い中30弱と25弱の2匹は
塩焼き用にキープした。

 K君もメバルを中心に、そこそこの魚をキープし悪くない状況。
狙いの良型タケメバには会えなかったため、最後に第2ポイントを
釣ってみる。ここは魚のあたりはあるが、そこまで活性が高くない。
いつもより条件は悪かったが気合で探り続けた結果とうとうビューんと
走るあたりがでる。ついていって送っていってさらにテンションを
かけて大合わせすると一気に走る。竿を立てて耐えること数秒
奥から横に走りが変わる。そこで浮かせることに成功。サイズは
26cmとそこまで大きくなかったが狙いの魚で、いい魚体で十分
に満足して終了。

18120302.jpg


 今回は、狙いのタケメバ25UPを確保したし、足場のよいところで
気楽に楽しむことができたのもよかった。K君もお土産確保し
喜んでもらってなによりだった。

11/16 塩浜テトラ

根魚
11 /16 2018
11/16 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :青虫
・対象魚 :ガシ (26~22cm 6匹) クロソイ(12cm 1匹)
      セイゴ (20cm前後 多数) 

■釣行記

 久々のテトラ。ただし、テトラ歩行が少なくなりそうなチンタPで
根魚狙いに徹することにした。爆釣を期待していたが、1投目2投目
ではあたらず、少し移動して3投目。ここで本日の初当たり、からの
一気にしめこみに、早目に合わせる。すると、でかい。前回鳥羽での
ブレイクとは少し違い竿下の浅いところでガンガン走る。クロソイが
タケメバの良型と思われ、相当耐えていたが突然テンションが抜けて
ブレイク。はぁぁ・・・また・・・とこっちのテンションもダダ下がり。

 その後あたりがなく進み、足場の安定しているゾーンを移動しながら
釣っていく。すると再び当たり。これは先ほどとは違い少し前あたりが
あったが、その後一気に加速していったのでここで大合わせ。これも
まあいい引きねと思った瞬間外に向かって猛烈に走る。先ほどは
耐えて切られたので、今回は少し外に送り出す操作をしたが、根ずれ
があったのか、今回もフッとテンションがなくなりブレイク。良型2匹
バラシに、私のテンションは、これでもかと低下していく。

 そして、1匹目の魚はビリセイゴ。ただこのタイミングから魚の活性は
かなり良くなってきたらしくあたりが出るようになる。次の魚はガシ。
22cmほどの悪くないサイズだったが、先ほどまでのでかいの連発
バラシの後なのですんなり上がった印象だった。その後、良型ガシ祭り
開催。最大26・25cmという良型を交え、22cm以上が計6匹。

18121703.jpg


18112001.jpg

 20cmクラス2匹をリリースした。チビは1匹しか釣れず、ガシなら良型
確定というつりになった。後半にも、合わせ切れによるブレイクに
見舞われ、合計3ブレイクという情けない結果に終わった。

 ビリセイゴが相当多かったため、ボケ10 青1杯を使い切って終了。
まあ、土産は十分なのだが、何せ良型を獲れなかったのがあまりに
痛い。確実にデカかったし、魚の種類も違っただけに、残念だ。
またリベンジに行ければと思う。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。