6/30 磯津漁港

根魚
06 /30 2018
6/30 磯津漁港

■データ

・メンバー:Bigone 親父 娘
・エサ  :青虫
・対象魚 :ガシ(20~18cm 4匹 以下 数匹)
       マゴチ(35cm 1匹)
       タケノコメバル (18cm 1匹)

■釣行記

 今年も家族サービス第2段。条件は違うが、まだガシが
釣れている様子だったので、磯津漁港へ。前回も夕マズメの
明るい時間からパラパラ釣れていたため、今回も夕マズメ
スタートで釣り開始。ただし濁りが強い。娘が釣り始めるが、
今回は少し反応が悪い。そのタイミングで私も早々に準備を
進めて釣りを開始する。

 私の一投目、少し沖目に打ち込んで、スライドさせながら
着底させると、早速あたりが出る。糸を張って待っていると
一気に走りだす、送り込んでからと思うが早いか泳いでいる
様子だったので、早々に合わせる。いきなりのよい引きに
驚くが、濁りもあるしチヌでも来たかと思う。しかし、引きが違うし
と思いながら、浮かせてみるとまあまあサイズのマゴチ。
狙っている魚ではなかったが、いきなりのマゴチ登場に素直に
喜ぶ。タモを準備していなかったので強引に引っこ抜いて確保。
今回も想定外のお刺身級をいきなり確保してしまった。

18063001.jpg

 その後、娘と反対側を探っていくと、まあまあサイズのガシが
釣れる。20cmほどのサイズでいい感じのスタートとなる。一方
娘のほうは、当たり少な目でスタートとなったが、隣で見ていると、
よい当たりを出して合わせている。いい引きで、上がってきたのは
クロソイ。21cmとナイスサイズ確保に満足顔。

 さらに、娘はガシの良型をパラパラと確保し、ムラソイも釣って
順調な様子になってくる。親父も、今回はキープサイズを確保
しており、型は悪くない状況だった。その後も安定して魚が
釣れるが、前回ほどの爆釣ではなかった。それでも、9時過ぎまでに、
全員で18cm以上を15匹ほど確保、うち9匹ほどをキープした。

 私は、ヘチの浅いところでチヌやセイゴが来ないかと探ったが、
結局ガシばかり。最後にタケメバを1匹釣って終了。数はそこまで
出なかったが、型は前回よりはるかによく、娘も総数で2桁を確保
する程度に魚を釣って大満足の様子。娘が釣った煮魚3種を
キープして、翌日食べ比べで堪能した。

 マゴチの刺身は大変だったが、さすがに淡白で旨かった。今年の
根魚釣り@家族サービスもこれで終わりだと思うが、今年も
いい感じに楽しんでもらえたと思う。次の家族釣りはサビキかな?
スポンサーサイト

6/27 矢作川

アユ
06 /27 2018
6/27 矢作川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(22~18cm 7匹)

■釣行記

 年休を取得し、今年も年券を購入している矢作川で
遊んでみることにした。おとり屋に聞くと、今年は昨年よりも
さらに状況が悪く、5匹釣れればいい方という情報。昨年も
同じような言葉を聞いた気がするが、困ったもんだ・・・と
思いながら、目標5匹と決めて釣りを開始する。

 13時ごろ釣りを開始したが、入れ替わりになった人が5匹
釣ったところで終了していた。まあ、5匹なら釣れるのか?と
少しだけ期待をもって釣り開始。おとり確保狙っていた
ポイントでは、魚がかからず時間が過ぎていく。

 おとりをローテーションし、本来ならおとりを変えてからと
思っていた瀬に上飛ばしで泳がせていく。いい泳ぎ上がりを
したので、これでかからにゃ~厳しいな、と思った瞬間目印がドンと
引き込まれ掛かる。19cmほどのまあまあサイズが口がかりで
かかってまずは1匹確保。続いて、このポイントを泳がせて
2匹目。型は少し小さくなって18cmほど。

 比較的順調にかかり始めたので、目標を2けたに変えて釣りを
続ける。ところがこのポイントでは全く反応がなくなり、あきらめて
対岸のヘチを攻めるが反応なし。あきらめて早い瀬の中をおとりを
養殖に戻し探っていく。いろんな石の間を探っていくと目印がスーッと
下っていく。19cmほどの鮎で一瞬下ろうかという感じのいい引きだった。

 続いて、この瀬に入って瞬間に18cm。ところが、このポイントも
2匹まで。いろいろ探ってダメだったので緩いトロに入れなおす。
すると、20cmの良型が思い切り飛んできたのが見えて、
一気に走る。これは竿をためまくって確保。数は少ないが追って
掛かるし型がいいのでそれなりに楽しい感じで5匹をクリア。

 さらに上流に向かい、数を伸ばすつもりだったが、けられたり、
外れたりで追加できない。ヘチ際の狭い磨かれたゾーンがよさげ
だったので、我慢して釣っているとようやくかかる。ところがこの魚は
キャッチミスで網の外に引っかかり外れてしまう。

 循環が悪すぎる状態にやや凹み気味になってくる。丁寧に
上飛ばしで探っているとようやく、黄色い鮎がかかって6匹目。
7匹目はその後1時間近く後。早い瀬の中でかかって一気に下る。
少し下って体制を整えて抜いた。ところが、この魚を抜くとき、
鮎釣り人生初のおとりが空中分解?背がかりの22cmだけを
確保??した。

 7匹というか6匹というか・・・を釣った後、同ポイントを少し
探ったが、結局釣れず。目標には届かず終了となった。今回は、
HGの矢作でテクニックを磨こうと思っての釣行だったのだが、
まだポイントの選択や移動のタイミングについては、まだまだ
見切りが悪い気がする。今後の課題も見つかったと思うが、
それよりなにより、矢作川の調子が悪いことが最大の課題
だと思う。

1862701.jpg

6/23 愛知川上流

アユ
06 /23 2018
6/23 愛知川上流

■データ

・メンバー:NAさん Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(18~13cm 18匹)

■釣行記

 昨年の釣行と全く同じパターンで、今年も愛知川解禁へ。
曇り空で雨が降りそうな状態で気温も水温も低いが、
それでも湖産の解禁追いに期待しての釣行となった。

 先週までよりはだいぶゆっくりとした、釣り開始時間で
7時ごろから川見をはじめ、7時半ごろからの釣り開始と
なった。空いている場所を数か所見た結果、チャラ瀬の
石色の良いところで釣り開始とした。ココには、かなり
大きな群れがいたので、この群れも掛かるだろうとも
見込んで釣りを開始する。

 最初は、チャラ瀬の中を泳がせていたがかからないため、
対岸にいる群れに絡ませていく。少し待っていると小さい鮎が
かかる。この後、最大18cm程度を交えながら、15cm前後のアユを
中心にパラパラと掛かっていく。群れがでかいのだが、あまり
食んでいる様子もないので、絡んでからかかるまでに時間が
かかる。

 それでも、時速5匹程度の感じでそれなりに数は伸びていく。
10時ごろ、群れが散り始めその直後、追って掛かる魚が
初めて出る。追星が出た18cmがかかる。その後も石周りで
少し追い気のある魚がかかって状況はよくなったと思った。

 ところが、その後群れが瀬に入ったが、この魚は全く反応が
なく低水温のせいで、徐々に動きが悪くなってしまう。最終的に
10時半ごろには、ほぼかからない状態になってしまった。
ちょうどNAさんが巨大なマスにブレイクをくらったところで、
20匹ほどとのこと。私も18匹とほぼ同数となっていた。

 周りは2匹~10匹ほどとあまり釣れていなかったため、
まあよく釣ったほうではあった。ここで私は第2ポイントへと
移動を決める。少しでも追う場所を探して人のいない場所へ
入りなおす。このころから雨が強くなってきて、水温も大分
下がってきた感じだった。

 ここでは奥目に石色の良い部分があり、懸命におとりを
泳がせていくが、魚の反応はほとんどなく、気配が薄い。
まったく追っている感じもなく、近くで遊んでいる感じすらない。
移動しながら、上流の段々瀬を釣っていくと、2回ほど蹴られるが
結局かからず。13時過ぎに早々にリタイヤして終了。

 結局20匹に届かず、18匹という結果になったが、釣れない
雰囲気の中で、とりあえず釣ったなと思う。それにしても追わない
鮎釣りは楽しさ半減だなと改めて感じる。今回の群れは大きかった
ので、うまく釣れば早い時間で30ぐらいは確保できた可能性が
あったと思う。こういうところでまだ雑さが出たなという感じがあり、
まだ修行が必要だと思う。NAさんは24匹まで伸ばして終了とのこと。
最近の安定感と釣りっぷりはかなりのもので、さすがの腕だ。

18062301.jpg
 -大きい1匹がおとり (涙) 他がかかり鮎-

6/17 根羽川漁協 根羽川

アユ
06 /17 2018
6/17 根羽川漁協 根羽川

■データ

・メンバー:NAさん Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(20~14cm 30匹)

■釣行記

 今年も、長野根羽川の解禁釣行。2年連続の根羽3連発
となった。私はいつも通りやや遅めに到着なので、NAさんは
すっかり釣りを開始しており、まずまず掛かっている様子。
私も、すぐ上流に入ろうかと思ったが、上流に2名入っていたので、
下流域に行ってみる。

 最初に降りたところは誰もいない場所で、放流場所から
ずれている様子。魚がかかるならと一応竿を出してみたが、
垢の状況も悪く魚も見えず、解禁追いを狙っていたので
20分ほどで移動。

 本格的な釣り開始は、この後8時過ぎから。月瀬付近の
空いている隙間へ。上流の人は釣れておらず、下流の一人の
方が順調に釣っている様子。私はというと、早目におとりを
変えて勝負と思っていたが、何度かケラレたりしたが、掛からず。
さらに、使っていた養殖2号がなぜか2流し目で急死(涙)。
おとりが1匹という緊急事態に、緩い流れでおとりが変わるのを
ひたすら待つという苦しいスタートとなった。

 ようやくおとりが変わったのは10時ごろ。この後、連発をと
思ったがそうもいかず、緩い流れで2度蹴られて厳しい状態が
続く。何とか少し早い流れで2匹目を掛けて無事循環開始。

 入れ掛かりはしないが、まあまあのペースでかかり始める
ところが。石があらく角がきついため、オバセをとって泳がせて
いくと、魚が石の間に入り根がかる。結局3本も仕掛けをとられる
始末でなかなかペースが上がらない。少し早いところを中心に
釣っていき、そこそこの数がそろう。同じところではかからないので、
筋を変えたり、場所を変えたりと釣っていく。石が荒い渓流相
のため、空中輸送で入れるしかないのだが、初の着水直後
かかりを体感したのは楽しかった。

 当初は10匹をと思っていたが、昼前にはクリア。その後付近を
釣りきったところで20匹強ほどということになった。少し移動して、
最後の勝負と釣り開始。この場所では、1時間ほどで8匹釣り
本日の釣りは、14時半で終了。

 結果30匹(おとり込まず)という釣果で、とりあえずまあまあと
言えるところまで、数を伸ばしていたようだ。数えていなかったので、
30まで行っていたのはラッキーだった。10時まで0匹を考えれば、
後半はまあまあ釣れていたと言えるのだが、気持ちいい連発も
なく、付近は爆釣が居た状況だけに、不満の残る釣行となった。
NAさんは今回も50匹超えの水揚げ・・・とさすがだった。

18061701.jpg

6/13 半田

クロダイ
06 /13 2018
6/13 半田

■データ

・メンバー:K君 Bigone
・エサ  :ストロー
・対象魚 :チヌ(ボーズ)ガシ(18~10cm 7匹)
・その他 :セイゴ(30、26cm各1匹) ガシ(ビリ 数匹)
 タケメバ(22.5cm 20cm 各1匹 ビリ数匹)

■釣行記

 K君の初チヌ確保を実現しようと、久々に本気のチヌ狙いで
半田へ。到着しても人が少なく、どうもチヌの状況はイマイチ
かな?と想定して釣り開始。満潮付近で潮が高いので捨石上
から勝負をスタート。

 まずは、こんな感じでと探り方を教えていると、一投目から
当たり、ゆっくり送って合わせて、と言って宙を舞ったのは
タケメバと思われる魚体。しかし、掛かりがあさく空中で
ばれてしまう。

 その後、タケメバやガシ、セイゴが釣れ盛るが、チヌのあたりが
出ない。26cmほどとまあまあサイズのセイゴなどを釣り、場所
移動。K君もいろいろな魚を掛けながら楽しんでいる様子。移動後、
少しあたりが出なかったが、ここも遠目であたりが頻発。ガシなどが
釣れる。

 K君は、セイゴを釣って、地面側に魚が落ちた瞬間、ネコが反応。
大量に糸を持っていかれてブレイクしたそうな。猫は大丈夫だった
だろうか?

 先端手前でいいあたりが出て、22cmほどのタケメバが釣れる。
ここらでは相当ええ感じのサイズではあるが、ココの魚はリリースと
決めているので、あっさりとリリース。

 再度捨石上に戻って、数匹の魚を確保。最後に30cmほどの
セイゴをタモ入れして本日の釣りは終了。魚の活性は高く、釣り自体は
面白いものだったが、チヌが回らず、残念。K君も餌切れまで堪能して
終了。短時間だったが非常に楽しい息抜きとなった。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。