12/23 篠島→師崎→大井

アイナメ カレイ
12 /23 2017
12/23 篠島→師崎→大井

■データ

・メンバー:K君 Bigone 
・エサ  :岩虫 青虫
・対象魚 :アイナメ(34.5cm 1匹)
 ガシ、メバル、ムラソイ、タケメバ (18cm以下 10匹ほど)
       
■釣行記

 今回は、後輩K君との初めての釣行。K君が前回篠島で
あまり釣れなかったとのことで、リベンジ釣行も兼ねて、
篠島へと渡る。

 まずは、釣り方を説明し、探りの様子を見せる。早速あたりが
出て、魚は動いている様子だったが来たのは、ビリガシ。以降、
フグを中心にたまにあたりが出るが、それっぽい魚は動いて
いなかった。

 少したって移動しながら探っていくと、明確にいいあたりが出て、
グーっと持ち込むがこれは乗らず。続いて同じポイントを探ること
しばし、今度も明確な当たりが出る。今度は送り込みを増やし、
ゆっくり重みを乗せてから大合わせをくらわす。少し外に走って
首を振る独特の引きにアイナメと確信。一回強く走るが、少し竿を
送ってこの引きに耐え余裕をもってタモ入れ。 やり取りに余裕が
あったのでそこまで大きいとは思わなかったが、計測してみると
34.5cmといいサイズ。おいしいお土産を早めに確保し、連発の
期待が高まる。

17122301.jpg


 ところが期待の上げ潮でも魚の動きがほとんどなく、活性が
上がらない。途中タケメバの18cmが釣れたぐらいで、以降、
当たりも少なく早目に篠島を後にする。

 K君に当たりを堪能してもらうため、チビの多い師崎に。ここでは
いつも通りビリがたくさん当たる。この釣りで改めて送り込みの方法を
把握してもらうことができたようだ。ただここでもお土産サイズは
追加できず、最後の一足掻きで大井へ。

 こちらもメバル、アナゴ、等が釣れたが、土産サイズには至らず
終了。K君にいい釣りをさせてあげられなくて残念だったが、あたりが
そこそこあったので、それなりに楽しんだ様子だった。次回は、もう少し
いい釣りになるよう、場所と時期を厳選して再挑戦したいと思う。

 私の方は、今年も無事ポン級アイナメ確保し、島釣行として最低限の
結果を確保した・・・というところか。 篠島は、例年に比べてもあたりが
少なく厳しかったので、年明け釣行をどこにしようか?と思案中だ。
スポンサーサイト

12/16 白子漁港→塩浜テトラ

根魚
12 /16 2017
12/16 白子漁港→塩浜テトラ

■データ

・メンバー:ソルティ Bigone 
・エサ  :青虫
・対象魚 :タケノコメバル(24cm 1匹)
 ガシ・ムラソイ (ビリ 多数)
       
■釣行記

 今回は、連続でソルティとの釣行。久々の白子でタケメバ
&グッド根魚というプランで釣りを開始する。手前から順に
探っていくとあたりがいっぱい出る。ところがサイズはビリのみ。
ビリガシ、ビリソイを釣りながら本命ポイントへと近づいていく。

 本命ポイントまで行っても魚のサイズは上がらず。苦しい
釣りが続く。あたり自体は多く魚も多いのだが、何せチビ
ばかり。全く良型につながる雰囲気すらない。少しあたりが
遠のいたところで、ソルティに早目の移動を宣言。HGへと
移動する。

 移動後のポイントは、ソルティーセレクトのやや手前の
ポイントとした。探っていくとガシが際でパラパラという様子。
サイズもそこまで大きくないが、先ほどの白子よりはマシで
キープできそうなサイズも混じる。ただ、18cmほどまでの
サイズだったため、リリースして釣り続ける。

 満潮から上げに入ればジアイがある、と想定し上げっぱな
までを狙って釣っていく。すると、とうとういいあたりが出る。
スーッときれいに持ち込むあたりで合わせると結構引く。
大事に取りたかったので、とりあえずタモ入れして確保。
アフタースポーンのタケメバで24cm強というサイズで
とりあえず、ギリお刺身ということでほっとする。

17121601.jpg


 この後追加を狙ったが、いい魚は出ず。ソルティーは20upの
メバルを2匹確保して、こちらもまあまあのお土産を確保しており、
ともにそれなりの満足感で終了。地元なので、この程度釣れれば
十分。お刺身のとれる魚が釣れたのは久々の収穫。おいしく
いただいた。

12/9 鳥羽方面

メバル
12 /09 2017
12/9 鳥羽方面

■データ

・メンバー:ソルティ Bigone 
・エサ  :青虫
・対象魚 :メバル(21.5cm~19cm 5匹 以下 数匹)
       ガシ・ムラソイ・ヨロイメバル (18cm以下 10匹ほど)
       
■釣行記

 今回は、ソルティとの鳥羽方面。巨メバル狙いのポイントから
スタートし、昨年釣行した第2ポイントへというプランでスタート

 巨メバルポイントに到着し手前から探っていく。というか、
気合の入ったソルティーに置いていかれて、手前でポイントに
おりたという感じか。まずは、浅いところ深いところと探っていくと、
際穴のやや浅目のところで当たりがでる。このポイントは魚の数が
多いわけではないので、丁寧にさぐり本日1匹目 20cmほどの
メバルを確保。さらに、探っていくといいあたりがでる。送り込んで
合わせるとグーンと持ち込む。いい引きに良型来たー!と思い
タモ入れしたが、グレ。

 さらに移動してグレ。ほかは探っても釣れず。最後にもう1匹20cm級を
追加して第1ポイントを終了。第2ポイントでは、タケメバ、ガシを狙っていく。
ここでは一転当たりが連発。そこにつくとすぐに当たるがサイズが小さい。
途中、沖目の底で19cmほどのメバルを確保しキープ。さらに、堤防の付け根
でメバルを1匹。最後に内側で本日最大の21.5cmのメバルを底付近で確保し
終了。

 かなり粘ったが、良型根魚は確保できず、メバルの中型の数釣りとなって
しまった。そろそろお持ち帰りできる魚をタモ入れしたいところだが、
季節的にもなかなか厳しくなってきた気がする。

17120901.jpg


12/3 師崎

小魚
12 /03 2017
12/3 師崎

■データ

・メンバー: Bigone家族 
・エサ  :青虫 岩虫
・対象魚 :ビリメバ、ビリタケ、アイナメ、クジメ、
       ムラソイ、フグ等 小魚多数
       
■釣行記

 今回は、娘たちと親父とフルメンバーでの釣行。私の時間は
ほとんどない状態での釣り。子供たちは順調にビリタケなどを
釣っている。私は、たまーに釣りのできるタイミングでかなり
いいあたりを出し、良型のフグを連発。親父もでかいフグを
かけたのかブレイクさせていた。

 親父はアイナメ、娘はクジメを釣ったりしながら、一応食べれそうな
さかなも少し混じりながら、数を増やしていく。夕方に向けて活性が
あがり、ビリメバルを中心にいっぱい魚が釣れた。

 今回もチビ中心に皆でたくさんの魚を釣り、楽しい冬の陽だまり
での釣りとなった。

12/1 塩浜テトラ

根魚
12 /01 2017
12/1 塩浜テトラ

■データ

・メンバー: Bigone 
・エサ  :青虫 ボケ
・対象魚 :ガシ(21~19cm 5匹 以下数匹)他
       
■釣行記

 前回、いい魚が取りきれなかったこともあり、なんとか良型を、
という形でHGへ。メバルを捨てて、チンタPでのタケメバ、クロソイ
狙いに絞って釣りを開始する。到着するととんでもない勢いで、
何かがボイル?している。ナブラか?という感じだった。

 この群れには、仕掛けが届くしテトラ前でバシャバシャといい
音を立てている。ただその周りで食ってくるのは、ビリセイゴのみ。
ガシ狙いで際穴を探ると、それらしい反応が出る。前回よりは
相当食いが悪いものの、19cmクラスがパラパラと釣れる。

 良型のタケメバ、ソイを目指してテトラ前を探っていくがあたりが
あっても、セイゴのみ。餌の消費が激しい状態だった。根魚の
あたりが出ないので、際穴を探るとガシの反応がでる。しかも、
際どころか完全なテトラ穴を探るとガシが出る。型も20cm以上の
サイズが混じるという状況。ムラソイも混じるが型は小さかった。

 少し気合を入れて探ったが、これ以上の結果は出ず。まあガシの
数釣りを楽しんだということにしておくが、タモ入れできるお魚が
釣りたいものだ。

17120101.jpg
17120102.jpg

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。