FC2ブログ

10/7 師崎漁港

小魚
10 /07 2018
10/7 師崎漁港

■データ

 ・メンバー:Bigone 娘
 ・エサ  :エビ
 ・対象魚 :タケメバ(20cm 2匹) クロソイ(19cm 1匹)
        他 いろいろ多数

■釣行記

 秋の小魚遊びということで、知多半島に向かった。狙いは
下の娘に、小魚を釣ってもらうこと。夕方の満潮に向けて
いい感じで釣れるはずと思い、2人で勝負開始。

 狙い通り、小魚中心だが数が釣れる。ビリムラソイ、ビリタケ、
ビリメバ。といった感じだった。捨石際のカケアガリを探っていくと
いきなり、ええあたりが出たりするので少し気合をいれてみると、
19cmのクロソイとなかなかの魚が釣れる。

 さらに、タケメバも20cmと、昼間釣れる魚としては十分な
サイズが釣れてくる。娘は足元なのでチビ中心だが、突然
良型に切られたりして、それなりに楽しそう。私にはフグの
ビッグサイズ、一生懸命やりとしている途中にふっ。。と
軽くなって終了。

 ということで思ったより良型が釣れて楽しい小魚?釣りと
なった。今年も、あと2回ぐらいは来るのだろうか、子供と
釣りをするのはなんとも幸せなので、次が楽しみだ。

スポンサーサイト



12/3 師崎

小魚
12 /03 2017
12/3 師崎

■データ

・メンバー: Bigone家族 
・エサ  :青虫 岩虫
・対象魚 :ビリメバ、ビリタケ、アイナメ、クジメ、
       ムラソイ、フグ等 小魚多数
       
■釣行記

 今回は、娘たちと親父とフルメンバーでの釣行。私の時間は
ほとんどない状態での釣り。子供たちは順調にビリタケなどを
釣っている。私は、たまーに釣りのできるタイミングでかなり
いいあたりを出し、良型のフグを連発。親父もでかいフグを
かけたのかブレイクさせていた。

 親父はアイナメ、娘はクジメを釣ったりしながら、一応食べれそうな
さかなも少し混じりながら、数を増やしていく。夕方に向けて活性が
あがり、ビリメバルを中心にいっぱい魚が釣れた。

 今回もチビ中心に皆でたくさんの魚を釣り、楽しい冬の陽だまり
での釣りとなった。

11/11 近くの池

小魚
11 /11 2017
11/11 近くの池

■データ

・メンバー:Bigone 下の娘
・エサ  :食パン
・対象魚 :モツゴ (10匹ほど) 類似の小魚 (1匹)
       ブルーギル(2匹)
       
■釣行記

 今年3回目のモツゴ釣り。前回は水面いっぱいにモツゴが
居たが、今回は気配がない。最初の場所で当たらなかったので
少し移動して、第2ポイントで釣り開始

 すると、なんとか娘の浮きに反応が出始める。今回も魚の
反応が出だせば好調。ただ、前ほどの活性はない反面、
型は大きめ。なかなかの引きを見せて上がってくる。30分ほどの
釣りだったが、娘が10匹ほど、私が3匹モツゴを釣って終了。

 浮きに反応があっても、掛からないことが多くてこのモヤモヤ感が
楽しい。娘も、釣れないけど、この感じがいい!と言っていたが、
最後のほうは釣れずに時間切れ。ちょっと残念だったかと思う。
今年は、これで最後かもしれないが、この小魚と戯れる釣りも
楽しいものだ。

17111102.jpg

10/7 近くの池

小魚
10 /07 2017
10/7 近くの池

■データ

・メンバー:Bigone 娘
・エサ  :食パン
・対象魚 :モツゴ (たくさん) 類似の小魚 (2匹)
       
■釣行記

 今年2回目のモツゴ釣り。前回は記事にしなかったが、こういう釣りも楽しい。
まずは、モツゴ釣りの池へと向かう。餌に食パンの端っこを少し。仕掛けは
シラハエ用の浮き仕掛けと、発泡目印を使ったシモリ浮き風の仕掛けを
準備している。
 
一番大事なのは、針。タナゴ用の極小針を利用しているが、この針だと相当な
小物も釣れる。そして、釣りで大事になるのは魚がいること、そして、餌を丸く
小さくつけることの2つ。餌付けで釣れるかどうかの大半が決まるという釣りだ。
前回もこんなことを書いただろうか?まあ、いいや。

 さて、実際の釣りは少しパンの切れ端をまきながら、モツゴのいるところを探す。
水面を意識している魚なので、パンに反応する数の多い場所を狙っていく。タナは
30cmほどだが近くの池なので、餌は見えなくなる。浮きに反応が出て、スーッと
持ち込めば釣れる。

 娘も浮きが沈むのをうまく確認して釣っている。1匹目に釣ったモツゴは
大きめのメダカサイズ。このサイズの魚が口にかかって釣れるのは
初めて見た。その後も、順調に釣れてまあ楽しいレジャーだ。シモリ浮き
のほうは、当たりの出方がもっと激しいのだが、その分合わせが難しい。
10秒あたりがないと餌がついていない状態なので、ともかく2人分の
仕掛け対応するのでやっとということなのだが、こんな対応も楽しいし、
釣れればうれしい。

 やっぱり釣りが好きなのだなぁと再認識するし、娘が楽しそうにしているの
が何よりだ。寒くなると釣れなくなるが、もう1.2回来ることになるだろうか。

100702.jpg

8/14 敦賀鞠山

小魚
08 /14 2017
8/14 敦賀鞠山

■データ

・メンバー:娘+友達 (Bigone) 
・エサ  :アミ姫
・対象魚 :アジ(8cm前後 60匹 他)
       
■釣行記

 今回は、恒例の家族での海水浴に、娘の友達2人を追加して
6名で敦賀へ。基本は海水浴なのだが、そこはそれ、私が行くので
一応、サビキの準備だけをして、海水浴場へ。ひとしきり遊んだ
15時ごろ、海水浴に飽きてきた下の娘をつれて堤防へ。

 ぱらぱらと豆アジが釣れている様子だったので、なんとかなる
だろうと、釣りを開始する。水面付近でアジの反応がある様子に、
水面でコマセを出して少しなじませると即かかる。型は8cmほどと、
骨付きで食べごろのサイズ。

 娘にやらせてみると、2年生とはいえ、うちの娘だけに(笑)
うまく釣ってくれる。コマセと同調させることとか、カゴから餌を
どうやるとうまく出せるかなど、工夫して釣っているので数も釣れる。
そしてアミ姫は最高に使いやすかった。

 予定の30分で、30匹ほどの豆アジ、ビリサンバ、ビリグレ等を
釣って終了。と思ったところ、娘の友達も釣りをしてみたいとのこと。
延長戦スタート。結局、娘を含めた4人でローテーションで30匹ほどの
豆アジを釣って終了。想像以上にみんな楽しんでくれたようで
何よりだった。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。