FC2ブログ

12/15 篠島

アイナメ カレイ
12 /15 2018
12/15 篠島

■データ

・メンバー:NAさん Bigone
・エサ  :岩虫
・対象魚 :アイナメ(34.5cm 23cm 各1匹)
       タケメバ(24cm 21cm 各1匹 以下2匹)
   
■釣行記

 今回はHG好調のため、こちらの釣りも気になるところでは
あったが、恒例の篠島アイナメ狙いのため、今回は今年初の
篠島へ。本来であれば坊ちゃんも参加の予定だったが、
急遽不参加となり、NAさんとの2名釣行。体調がイマイチ
なので、私は朝ゆっくり、NAさんは気合の朝一スタートとなった。

 私は11時ごろに到着したのだが、朝一にアイナメジアイが
発生したとのことでNAさんはすでに3本のポン級を確保
しており、状況が良かったとのこと。ところが、フグの活性が
上がってしまったらしく、着いた頃には魚のあたりはあるが、
アイナメはチビのみという情報だった。

 私のほうも、釣り開始から、フグ中心。魚はいるのだが、
釣れるのはビリメバル、ビリガシ、フグ、フグ という感じで、
狙いのアイナメは食ってこない。途中、たまにいいあたりが
あるが、乗せられないというふがいない状況が続いていく。

 少し探っていき、移動しながら釣っていくと、ヘチで少しいい
あたりが出る。少し送ると重みが強く乗ったので、合わせると
キーンと竿下に向かって走る。何かにまかれたらしく、一旦
浮かせる途中で止まってしまったが、少し送って再度走り出した
ところで、まかれたものを外して無事確保。25cmに少し届かない
サイズだが、まあ昼間のタケメバとしてはまあまあサイズで
とりあえずお土産確保にほっとする。

18121701.jpg


 その後、さらにあたりが薄くなったところで昼食休憩。NAさんは
ここで餌切れ帰宅。アイナメだけで5匹、うち3匹ポン級という結果で、
満足した感じでNAさんは終了。私は、次のジアイまで、ともう少し
粘ることに。風がやむ予報に反してますます風が強くなったので、
少し風が緩い場所に移動して探りだすと、あたりが連発しだす。

 まずは、アイナメ23cmでとりあえずサイズはともかくとして、本命
確保。さらにタケメバ21cmが釣れる。この途中、何度か強く押さえこむ
いいあたりが出ていたのだが、テンションをかけたり、長く送っていくと、
離してしまう状態が続いた。

 この魚のあたりが出ること数度、思い切り送って、走る前に大合わせ
するパターンを狙ってみる。ごつっと当たって重みがのる微妙な
テンションで待っていること数度。そろそろと思い少しテンションを
かけてから、大合わせする。すると、底をゆっくり走った魚が加速し、
良型確定。途中くびを振り出しアイナメを確信。浮かせてくると婚姻色の
出た黄色いオスアイナメ。狙い通りの魚に満足しながら無事タモ入れ完了。

18121702.jpg


 この後もう1本と探ったが、当たりはあるが、良型の雰囲気はなく、
餌もなくなったため終了とした。複数のポン級とは行かなかったが、
さすがにこの時期の篠島、高確率でポン級で釣れるところは貴重な
ポイントだ。また、来年もきっちりアイナメを釣りたいと思う。
スポンサーサイト



12/23 篠島→師崎→大井

アイナメ カレイ
12 /23 2017
12/23 篠島→師崎→大井

■データ

・メンバー:K君 Bigone 
・エサ  :岩虫 青虫
・対象魚 :アイナメ(34.5cm 1匹)
 ガシ、メバル、ムラソイ、タケメバ (18cm以下 10匹ほど)
       
■釣行記

 今回は、後輩K君との初めての釣行。K君が前回篠島で
あまり釣れなかったとのことで、リベンジ釣行も兼ねて、
篠島へと渡る。

 まずは、釣り方を説明し、探りの様子を見せる。早速あたりが
出て、魚は動いている様子だったが来たのは、ビリガシ。以降、
フグを中心にたまにあたりが出るが、それっぽい魚は動いて
いなかった。

 少したって移動しながら探っていくと、明確にいいあたりが出て、
グーっと持ち込むがこれは乗らず。続いて同じポイントを探ること
しばし、今度も明確な当たりが出る。今度は送り込みを増やし、
ゆっくり重みを乗せてから大合わせをくらわす。少し外に走って
首を振る独特の引きにアイナメと確信。一回強く走るが、少し竿を
送ってこの引きに耐え余裕をもってタモ入れ。 やり取りに余裕が
あったのでそこまで大きいとは思わなかったが、計測してみると
34.5cmといいサイズ。おいしいお土産を早めに確保し、連発の
期待が高まる。

17122301.jpg


 ところが期待の上げ潮でも魚の動きがほとんどなく、活性が
上がらない。途中タケメバの18cmが釣れたぐらいで、以降、
当たりも少なく早目に篠島を後にする。

 K君に当たりを堪能してもらうため、チビの多い師崎に。ここでは
いつも通りビリがたくさん当たる。この釣りで改めて送り込みの方法を
把握してもらうことができたようだ。ただここでもお土産サイズは
追加できず、最後の一足掻きで大井へ。

 こちらもメバル、アナゴ、等が釣れたが、土産サイズには至らず
終了。K君にいい釣りをさせてあげられなくて残念だったが、あたりが
そこそこあったので、それなりに楽しんだ様子だった。次回は、もう少し
いい釣りになるよう、場所と時期を厳選して再挑戦したいと思う。

 私の方は、今年も無事ポン級アイナメ確保し、島釣行として最低限の
結果を確保した・・・というところか。 篠島は、例年に比べてもあたりが
少なく厳しかったので、年明け釣行をどこにしようか?と思案中だ。

11/5 師崎漁港

アイナメ カレイ
11 /05 2017
11/5 師崎漁港

■データ

・メンバー:Bigone 娘2名 
・エサ  :エビ 青虫
・対象魚 :ビリメバル(多数)ビリタケ(多数) フグ・ベラ(数匹)
       アイナメ(24.5 20cm) クジメ(18cm 2匹) 他
       
■釣行記

 この時期といえば、いつもの家族での釣り。今回は、釣りに自信の
出てきた下の娘、そして、必ず結果をだす上の娘二人を連れての釣り。
いつも通り仕掛けを作るのが私の仕事。潮が低いタイミングからの
釣りで、本番は夕方の混み潮。

 遅めの昼飯を済ませて、釣りを開始。少し濁りがあり、まだかなり底が
見える状況で何か魚が動くか心配だったが、釣り開始早々、下の子が
ベラを釣る。その後もあたりが連発。まあ順調にいろいろな魚が
釣れてくる。

 私も、釣りを開始し、子供たちが手前を釣っているので私は外を釣る。
途中、相当な引きの魚がかかり、22cmほどのでかいフグが釣れた。
その後、ビリ根魚が連発したりと楽しい時間が続く。途中、クジメ、
アイナメが釣れ始めたり、タケメバが釣れ始めたりと、時間によって
魚の種類が変わっていく。目標3魚種と言っていたが、下の娘は
あっさり3種をクリア最終的に6種を釣っていたようだ。

 捨石際に魚がかなり入っているようで、餌が見えるようなタナで
魚が動いている。釣れるのはタケメバ、メバル、ムラソイといった魚で
入れ食いモード。時間が遅くなるにつれて、メバル、ムラソイが
増えている。

 私も、少し時間を見つけて良型に当たらないかと、遠目のポイントを
探っていく。すると、こつこつといいあたりが出る。糸を送っていって
大合わせすると、まあまあ引く魚が乗る。24.5cmとまあここらでは
いい型といえるアイナメが首を振ってくれる。これを引き抜いて確保。
短い時間の釣りだったが、この魚が釣れてくれたことで大満足。

17110403.jpg

 結局、ベラ→フグ→クジメ→アイナメ→タケメバ→メバル→ムラソイ
といった魚種がこんな順番でジアイを迎えてくれたおかげで
終始魚が釣れ続いた。子供たちも楽しかったようで大満足で終了。
ほんとは、この後の夜釣りが大型が出て楽しいのだろうが・・・と
思いながら帰路についた。

17110402.jpg

12/18 豊浜漁港

アイナメ カレイ
12 /18 2016
12/18 豊浜漁港

■データ

・メンバー:Bigone 親父 娘
・エサ  :青虫 エビ 岩虫
・対象魚 :アイナメ(21cm 1匹)タケメバ(ビリ数匹)
      ハゼ(18cm 3匹) 他
       
■釣行記

 親父殿のリクエストにより、釣りに行くことに。風も大したことが
ないので、今回は知多半島で寒くなってきても釣れる魚を、という
ことで、タケメバメインの狙いで豊浜漁港へ向かった。

 季節も進んで冷え込みも来たので日中の釣りは苦しいかなと
思いながら、まずは娘の延べ竿の釣りを見学していく。すると、
さすがはうちの娘。早々にあたりを出して、ほんとにマイクロ
サイズのタケメバを釣っていく。少しずつ数をのばして、落ち着いた
ころから自分の釣りを開始。

 基本的に狙いはアイナメ、そして、良型タケメバということで、
少し沖目を中心に岩虫の餌で探っていく。ところが当たるのは
ホントに小さなエサ取りばかり。魚0匹が続く。そんななか最初の
魚はビリタケ。そして娘に良型のハゼが釣れる。その後、親父も
同じように釣っている様子で、小さいながら数を増やしている様子。
少し暗くなりかかったころから、ハゼのあたりが増えて、合計3匹。
メバルも混じり始めたが、ビリばかり。最後に、ぶるぶるとふるえる
微妙なあたりをとらえると、アイナメの21cmと少しましなサイズで、
これはまあ、納得のいく魚だった。

 冬のひだまりというには少し寒い環境だったが、それでも魚の
顔を見れて、娘も親父も10匹ほどの魚を釣っていて、楽しかった
ようだ。まあ、これからはおバカの釣りシーズンなので、ゆっくりと
自分ひとりで勝負してくることになろう。

12/11 篠島

アイナメ カレイ
12 /11 2016
12/11 篠島

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :岩虫
・対象魚 :アイナメ(34cm 1匹)タケメバ(27cm 1匹) 他パラパラ
       
■釣行記

 アイナメ、カレイ狙いの定番篠島へ。当然アイナメ、カレイの
良型をねらって釣っていく。そろそろ時期だし、というタイミングだが、
風も強く寒いし、なかなか探りづらい状態だった。

 まずは1匹と探っていくが、あたりもほぼなし、たまに当たると
ビリメバという形で2時間ほどの時間が過ぎていく。そろそろ、ボウズ、
お土産なしがよぎったころから、少しあたりが増えてくる。最初の
ポイントから、だいぶ探ったところで、ようやく大きなあたりが出る。
このあたりは、残念ながら乗せられなかったが、付近にいるはずと、
もう少し探っていく。

 すると、再び良型の当たりが出る。今度は思い切り送り込んでから
大合わせをすると、キーンといい糸なりがして、勝負開始。アイナメに
してはまっすぐ引くな、と思いながら浮かせると、タケメバ。サイズは
27cmと、昼間にしては相当な良型を確保しほっとする。



 付近を探っても、続かなかったため、大きく移動してみる。移動後も、
あたりは少しある状態で期待ができる形になってきた。探ること、しばし、
前へ打った仕掛けに、じわじわとあたりがでて、穂先を絞り込んでいく。
十分に送って合わせると、竿が胴からしっかり曲り、手前に走る。
竿を立てて、引きに対応していると、首降りの振動が伝わり、アイナメ
確定。あとはタモ入れ、とタモを外したら、メガネも一緒に外れ、海中へ・・・。
一瞬、我を忘れたが、落ち着いて、まずは沈みつつある眼鏡をタモ入れ(笑)。
続いて眼鏡をタモからだして、浮いているアイナメを無事確保。



 34cmと、ナイスサイズのアイナメを確保し、ほっと一息。この後
餌切れまで探ったが、キタマクラが釣れたりと、餌だけを浪費する形で
後が続かず、終了となった。ほかは、ビリメバ、ビリガシ程度と
厳しかったが、単発で出る良型に助けられた形だ。

 投げのカレイも不発で残念だったが、まあ、探りで良型アイナメ、
タケメバを確保し、おいしい土産が捕れたのでよかったと思う。また、
年明けに勝負だ、と思える結果だった。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。