FC2ブログ

9/7 福井方面

セイゴ・マダカ
09 /07 2018
9/7 福井方面

■データ

・メンバー:ソルティ Bigone
・エサ  :ストロー 青イソメ 岩ガニ
・対象魚 :サンバソウ(ビリ 数匹) マダカ(51cm 1匹)
      セイゴ(45cm 1匹) ヒラセイゴ(29cm 2匹)
      カサゴ(27・24cm 各1匹 以下多数)
      チヌ(30cm 1匹 22cm 2匹)

■釣行記

 今回は、たまにしか来れない福井方面への遠征釣行。
お互いに相性が悪いと理解しあっている、ソルティーとの
2名釣行ではあるが、気合だけは十分。相性の悪さを
気合でカバーしようと二人で熱くなりながら釣りを開始する。

 本命のサンバソウ狙いから。高潮注意報発令中だけ
あって、水面がいつもより高く、ポイントの雰囲気が少し
変わって見えるし、下り潮が早くてともかく釣りづらい。
錘をがっつり打って釣っていくが、ビリのみ。結局、
途中23cm級を掛けて、ようやく1匹と思い、抜きあげる
途中に空中バレしたのが、最初で最後。あとは釣れず。
2回戦へ。

 ストロー虫10本をどう使うかが勝負だな、と思いながら、
本命はキジハタ、ヒラセイゴそして、チヌ、丸セイゴという
ラインナップを想定して釣っていく。1本目のストローで
いいあたりが出る。送り込んでかけると外に走り独特の
首降り。チヌ30cmかつかつ と言ったところ。サイズで
とりあえずキープ。その後、同ポイントでフグが来て
しまったので、ストローの餌があるうちに他を釣ろうと、
ヒラセイゴポイントに移動。

18090702.jpg

 ヒラセイゴ狙いでいつもの通りトレースすると、2投目で
狙い通りの当たりが出る。かなり送った方が掛かりが
よいので、送ってから合わせるといつものエラアライ。
狙いの魚を狙った釣り方で確保するのはたまらない
感じだ。そこまで大きくないがタモ入れして確保。

18090705.jpg

 さらに、同サイズをストローの尻尾餌で確保して、
土産確保にかなり満足する。そして、第2ヒラポイントへ。
ここでも2投目で当たる。変なあたりだったが、明らかに
突っ込んだので合わせてみる。すると、エラアライ一発、
大型の魚が動きだす。最初の動きは緩かったので、
タモに誘導、と思ったところで走り出してここから2分ほどの
やり取り。ようやくタモに入れたのは51cmのマダカ。
ヒラではなかったが、このサイズなら満足。同タイミングで
ソルティーも33cmほどのチヌを確保していた。

18090704.jpg

 ここで大雨が降ってくる。降り出して数秒でべた濡れ。
カッパは着たが風も強く一旦車へ。時間が早かったので、
通り過ぎて少しやろうと決めて、再開。しかし再開後も
雨強し。やる気をなくすような状況ではあったが、あたりは
出る。またしても、浅場で当たったのがセイゴ。最初の
引きはチヌのような突っ込みだったが、途中エラアライを
見せて確保。45cmと先ほどよりは小さいがグッド
コンディションのよい魚だった。

18090703.jpg


 さらに、チンタ、ガシ等を連発。えさも少なくなってきた。
あたりが減ったので場所を変えて継続。するとガツンと
当たって大型のガシが。27cmほどとかなりのサイズで
これもラッキー。

18090701.jpg


 ソル殿も土産確保に粘っており餌をもらって釣り続ける。
さらに探ると、ガシ24cmと良型追加。最後は良型魚に
突っ走られ、石にまかれたらしく、緩めていると魚が走る。
最終的に擦れて糸が切れてしまったが、良型チヌだった
かなと?最後にブレイクで締めるという残念な結果に。

 ただ、サンバソウは空中分解、キジハタは気配なし、
と狙いの魚が釣れなかったものの、ええ魚がいっぱい
釣れたし、とりあえず満足感あり。餌切れまでに釣った
魚の数はすごいし、さすがの福井での釣果という感じ
だった。

 大雨警報、高潮注意報にもめげず釣り続けた気合に
乾杯!こういうおバカな釣りはホントに楽しいもんだが、
やはり気合では、相性の悪さだけは払しょく
できなかった(苦笑)。
スポンサーサイト



7/21 長島

セイゴ・マダカ
07 /21 2017
7/21 長島

■データ

・メンバー:Bigone 
・エサ  :ストロー
・対象魚 :セイゴ(31~27cm 4匹 ビリ多数) ウロハゼ 2匹
       
■釣行記

 久々に超短時間海釣行。時期的にもセイゴ狙いなのだが、一応チヌが
出るかもと餌をストロー10本として、餌がなくなるまでの短時間勝負
とした。今回はいつもとは少し違う上流部のポイントへと向かってみた。

 到着してみると、狙っていたポイントがウナギ釣りの人で探れず、
付近を釣っていくことにした。まずは、到着10時過ぎ、干潮前ということで
水深が気になったが、とりあえず、1メートル程度はあり、釣りにはなる様子。
手前から丁寧に探っていくと、一応あたりが出だす。釣れたのは、ウロハゼ。

 一応本命をチンタ、釣るのはセイゴの型物という予測で釣っていたので、
狙いと違う魚ということだが、まあ、それでも釣れないよりはまし。ということで
探っていく。

 引き続き、探っていくと浅いところでビリセイゴのあたりが出だす。次は
ビリセイゴ。そして、潮通しのよい場所に差し掛かったところで、いままでより
だいぶよい当たりが出る。しっかり送って合わせると、まあまあの引きでエラアライを
見せる。タモ入れしなくても、というサイズではあったが、一応タモ入れして31cm
というサイズのセイゴ。

 その後、近くでもう1匹追加し、とりあえず全く魚が釣れないということが
なくなりほっとする。ただ、このポイントの魚が薄くなったところで、本命ポイント側へ
と向かっていく。ちょうど、ウナギ釣りの人が片づけを始めていたので、本命ポイントを
探っていくと、30cm弱のセイゴがかかる。この魚はウナギ釣りの人にプレゼントした。

 もう一度、最初の場所に戻り、最後の餌で28cmのセイゴを釣ったところで
本日の釣りは予定通りの終了。まあ、そこそこサイズのセイゴなら釣れる予想では
あったが、さすがに長島。セイゴは安定していた。ただ、チンタが釣れてくれると
よかったな・・・と思う。ふと気が付くと、ココもほんとは長良川。最近、
川ばっかりは継続中か?

12/17 尾鷲漁港

セイゴ・マダカ
12 /17 2016
12/17 尾鷲漁港

■データ

・メンバー:Mさん Yさん Bigone
・エサ  :青虫 ボケ カメジャコ
・対象魚 :セイゴ(44cm 1匹)ガシ(24・20cm 各1匹 以下数匹)
      ヘダイ(21cm 1匹) 他
       
■釣行記

 久々のMさん、Yさんとの釣行。場所も久々の尾鷲で気合をいれての
釣り開始。まずは、チヌ、キビレ狙いの探りから開始。港内にはヘチに
チヌがついているのがみえて、これはジアイになればと期待してスタート。

 ところが、気配は薄く、なかなか魚にたどり着けない。暗くなってきて
からようやくあたりがフグから、別の魚に代わってくる。ただし、
釣れるのは、ウミタナゴが中心。そんな中、1匹だけらしいあたりで
ヘダイを確保。その後、付近で合わせ切れで良型をばらしてしまう。

 Yさん、Mさんは、反対側でヒラセイゴやアジを釣っていたらしく、
乗り遅れてしまった。その上移動しようとしたところで、躓いて、
竿先をブレイク。もったいないことをしたが、体が無傷だったのが救い。
Yさんが良型のセイゴをかけていたので、タモ入れをサポート。
タモの柄を新調したのだが、ボウズタモにならず、ほかの人の魚を
すくうことができて、まずは、よいデビューに。

 続いて移動後は、久々の半田スペシャルロッドを取り出し、探っていく。
なじみの竿だけあって少し探ると非常にしっくりときて気持ちいい
アクションがつけられる。そう思って探っていくと、Yさんが、ガシ、
ヒラセイゴ等を釣っている。私も、負けずに少し早目の誘いをかけると、
つつくようなあたり。重みが乗ったところで大合わせすると、外に
向かって走る。テンションがかかりきったところでエラアライ。
まあまあサイズのセイゴ系とわかったのであまり浮かせないように
やり取りして無事タモ入れ。



 普通セイゴではあったが、グッドプロポーションの44cmでいい魚
だった。さらに、直後にガシ24cmがキーンと竿なりをさせてかかる。
以降ジアイで、ガシ数匹を釣ったところで、あたりが遠のき終了。



 ここの魚はすごくおいしくて、感激の味だった。神島と同じく水が
良いのが最大の理由だろうが、ホントにうまい刺身が取れて幸せだった。
また、行きたいポイントだな、と改めて思った。次はタイ、ヒラセイゴ
あたりを釣りたいものだ。

7/15 神島

セイゴ・マダカ
07 /15 2016
7/15 神島

■データ

・メンバー:NAさん ソルティ Bigone 
・エサ  :青虫 ストロー
・対象魚 :セイゴ(45.5cm 1匹) ガシ(21.5cm 1匹 以下数匹)
メバル(23~21cm 5匹 19~17cm 9匹 以下数匹)他
     
■釣行記

 かなり久々の神島釣行。過去の実績からは、サンバソウ、
ヒラセイゴと言いたいところだが、最近の釣果から判断すると、
狙いはメバルをお土産に、単発で出るであろう良型魚ということで
釣り開始。

 到着後は、明るい時間の釣りで、頑張ってみるがそれらしい
魚は釣れず。ヨロイメバルが釣れたり、グレが釣れたりと言った
程度で暗い時間を迎える。ここからはメバルを、と思い探っていくが、
暗くなっても気配は薄い。浅いテトラそばを丁寧に探ると、もぞもぞと
あたりが出る。テトラに擦れている感じがしながら、合わせると少し
して加速した引きになる。グレでも来たか?と思うがそんな感じの
突っ込みはなく、直線的な引きを見せている。タモ入れしてみると、
セイゴで45cm強と十分なお土産サイズの登場にほっとする。



 その直後、NAさんがメバルを釣ったとのことで、さらに丁寧に
探っていくと、メバルが出る。サイズは18cmほどでしかも連発は
しないという微妙な状況が続く。ソルティーは、ボトム付近から
まあまあのメバルを引き出していたが、そのあとは続かない。
NAさんは放浪の旅に出て数を稼ぐ様子、私はグレ、小魚に餌を
とられるパターンを嫌い、真夜中過ぎの月が落ちるタイミングを
狙って早目に休息をとる。

 休息後は、月が傾いた状態で、潮も上げてきていい感じ。休憩場所の
前のヘチから探り始める。まずは、グレだったがよい反応が出た。
引き続きヘチを探っていくが、メバルを釣りたいこともあり、1m程度の
非常に浅いタナを探ってみる。すると、あたりが連発する。ガシの21cm、
メバルの18cmと連発モードに入る。この後、浅いタナのヘチを探って
いくと、とうとう、21cmとグッドサイズのメバルが反応してくれる。
さらに、ヘチを探っていくと、メバル連発ゾーンを発見。サイズは
6cmぐらいから、22cmまで様々だったが、ともかく魚のあたりが多く、
タナも1m程度という浅いところで反応する。



 ここで、メバルの21cm前後を3匹追加、お土産は十分になってきた。
ソルティーを呼んで、プチメバル祭りを堪能した。外のテトラで大型を
狙いたい状況ではあったが、風が強く探ることができない。明け方には、
先端外のポイントが使えるようになったため、頑張って探ってメバルの
23cmを確保。本日最大となった。

 まあ、いいお土産もできたし、楽しい釣りになったが、大型、良型には
出会えず、やや不満も残る釣行となった。とはいえ、他とはレベルの
違うおいしい魚をお持ち帰りできる神島の釣りは、たまには来たいと
思わせるものだった。来年もチャンスを見て訪れたいと思う。



9/4 長島

セイゴ・マダカ
09 /04 2015
9/4 長島

■データ

・メンバー:SJ Bigone他
・エサ  :ストロー
・対象魚 :チンタ(8cm 1匹) セイゴ(32cm 22cm 各1匹 以下多数)

■釣行記

 今回は、素人釣り大会に参加。みなの面倒をちょっと見るつもりで、
合間の釣りを堪能する形でスタート。幸い皆仕掛けぐらいは作れるし、
SJ君も面倒を見てくれるので、気楽に釣りも楽しめる。

 まあ、あたりの少ない長島で珍しいな、というぐらいだったので、
4人ほどで移動しまくって魚の反応を探ってみる。潮通りのよい
ところで状況が好転。あたりが頻発。ビリセイゴが釣れ始める。
そのポイントで、ようやく私にまともなあたりがでて、32cm
ほどのセイゴを確保。



 チヌ狙いに徹しようと、テトラを探ると、チンタあたりと思われる
あたりが出る。送り込んで思いっきり合わせると、パタパタと8cm級の
チンタが飛んでくる。送り込みと合わせがうまい!と自己満足して
本命ポイントに。

 移動後、今や前打ち師として定着してしまったSJ君が沈黙を破る。
際を探っていた竿が曲がり、結構いい水音をさせている。チヌだね!
と言っていたが、掬ってみると、例のやつ。最近このポイントの定番の
ニゴイ。57cmもあり、一笑い。坊ちゃんの48cmを超える
大物に周りも苦笑。

 その直後私にも変なあたりがでて、勝負開始。チヌか?という
引きではあるが、直進が少し長い。糸なりをさせてめて、SJ君に
タモ入れしてもらうと、65cmというサイズのブリブリのニゴイ。
これには2人で大笑い。わずか数分で記録にかぶせてしまった。



 餌切れまで、結局チヌあたりが出ず、セイゴを釣って終了。
とはいえ、ニゴイの登場もあり、面白かった。釣り大会のほうは、
残念ながら型のよい魚が出なかったようなので、どういう結末に
なったやら・・・。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。