FC2ブログ

9/8 福井方面

キジハタ
09 /08 2017
9/8 福井方面

■データ

・メンバー:ソルティー Bigone 
・エサ  :ストロー + 青虫 + カメ
・対象魚 :キジハタ(32.5m 1匹) ヒラセイゴ(30.5cm 1匹)
      チンタ(27cm 1匹) ガシ(24cm 1匹 21~20cm 4匹 以下多数)
      メバル(15cm前後 6匹)
       
■釣行記

 今回は、久々の福井方面へ。狙いはサンバソウ、キジハタ、その他
おいしい魚と言ったところ。久々のソルティーとの遠征で気合も入る。

 まずは、サンバソウ狙いで勝負するが、Mさんのようには釣れない。
途中チンタを1匹釣ったぐらいで、あとはビリサンバ、ビリキジ が
釣れるのみ。暗くなってしまい、本命のサンバソウは不発。

 ここから、普通に釣っていく。狙いはキジハタ、ヒラセイゴという
おいしいお土産。暗くなって少し経つと、魚の反応がよくなり、浅いタナで
ガシが釣れだす。その直後、一気に絞り込む当たりで、セイゴか?と思ったが、
これはグレで残念。さらに、ガシの21cmをとりあえず、キープ。さらに、
探っていくと、1ヒロぐらいのタナで一気に突っ込む。耐えて竿を両手で
支えて、浮かす。ガバっと水面で音がした直後、1反転したところで、
針が外れる。良型キジの定番の外れ方にがっくり。

 さらに、キジハタ狙いを続けるが、ガシ中心で時間が過ぎる。そこで、
奥のヒラセイゴポイントを狙って勝負する。青虫をスライドさせると、
重みが乗る。典型的なヒラセイゴ当たりに喜んで合わせると、一気に走り、
エラアライ連発。耐えてタモ入れすると30cmを超えたまあまあサイズの
お土産確保に、正直ほっとする。



 これで気が楽になったが、ここはキジハタか、でかいチヌを追加したいと思い
さらに探っていく。続いてがつーんと当たってきたのは、ガシの24cm。



さらに、探っていくと、じわーっと持ち込んでいくあたりがでて大合わせ。
思い切りテトラに突っ込む引きを強引に交わし、竿を伸ばして応戦するが、
一旦、貼りつかれてしまう。竿を伸ばして様子をうかがっていると、
さらに突っ込んでくれて勝負再開。今度は、無事浮かせて確保。体高のある
良型キジハタで大満足。32.5cmという昨年と同様のグッドサイズだった。
この魚、誘い方とかも同様だったし、釣れた場所も、10mほどしか離れて
おらず、先ほどばらしたやつだと思われた。



 後は、いろいろ探り、餌がなくなったので、ワーム系でビリメバ、
ガシ等を追加して終了。ソルティーはひたすら魚を釣っていたが、
良型に出会えず、残念な結果となった。サンバソウを確保できれば
よかったのだが、私だけでいえば、贅沢は言えないよい釣果だったと
思う。また、サンバソウに挑戦できればいいがどうなるだろうか。

スポンサーサイト



8/17 KN

キジハタ
08 /17 2017
8/17 KN

■データ

・メンバー:娘 (Bigone) 
・エサ  :岩虫 + 青虫
・対象魚 :キジハタ(27cm 22.5cm 各1匹) グレ(25cm 1匹)
       
■釣行記

 今回は、お盆休み恒例、子供を連れてのプチ夜釣り。出発時間が
遅くなり、実釣は1時間半ほどとなった。到着後少し雨が降ったため
準備に手間取り、小やみになったところで釣り開始。チビアジが
回っているらしく、アジっぽいあたりが頻発するものの、針がでかいため
食ってこない。そこで、本命となる堤防側のポイントへと移動する。

 移動後、上の娘が得意の延べ竿を思い切りしならせている。ヘルプに
行って抜きあげると、25cmぐらいのグレ。よく耐えて確保した。この
ポイントでの本命は、グレ、チンタ、キジハタだったので、これは
狙い通りの魚でほっと一息。

 続いて、下の子も堤防側で釣り開始。餌を岩虫にして足元にいる
キジハタに狙いをつける。すると直後に、下の子が来たーと叫ぶ。筏竿が
マックスにしなっているので、引きが弱くなったら巻いて強いときは我慢、
と伝えやり取りさせる。上がってきたのは、22.5cmと十分食べられる
サイズのキジハタ。これをキープ。

 さらにその直後、下の娘が自分で下ろしていった餌に食いつく。思い切り
いい引きでこっちのがでかいのがわかる。丁寧に、と言いつつこれは貼り
つかれるかも、と思っているとだいぶたって引きが止まる。糸を手繰って様子
をうかがうと、少したって動き出した。そこで一気に根から手で引きはがし、
再び娘が糸をまく。最後にタモ入れして無事確保。27cmほどと、かなりの
良型のキジハタを確保し、娘は大満足。

 あとは上の子に1本と思ったが、狭いポイントで魚は終了。時間もなく、
ここでタイムアップとした。まあ、狙いの良型魚を2名に釣らせることができて
非常にうれしい釣りとなった。子供たちが釣りに付き合ってくれることが
何よりもうれしいし、夏の思い出が増えたのも何より。翌日に、生かしておいた
キジハタを刺身と塩焼きで食べて、さらに大満足。いい夏の夜遊びとなった。

8/16 ST

キジハタ
08 /16 2016
8/16 ST

■データ

・メンバー:Mさん Yさん Bigone 
・エサ  :ストロー
・対象魚 :キジハタ(24~23cm 2匹)
      ガシ(21cm 1匹) 
     
■釣行記

 昨年同様帰省に絡めたとSTへの釣行。Mさん一行の
到着に遅れること3時間、8時ごろに釣り場に到着、
合流して釣りをさせてもらうことに。

 到着前までは、状況がよかったようで、Mさんも30cmほどの
キジハタやチンタを確保していた。私はいつも通りテトラで
釣りを開始し、Mさんはヘチ狙いで釣りを続行となった。
少しすると、Mさんがヘチでチヌを確保して戻ってきた。32cm
だったようだが、まあまあサイズが出てほっとした様子。

 このころから、小雨交じりの風が徐々に強くなってきた。
いろいろと探りを入れていったが、テトラは明らかに活性が
低く、まともなあたりが出ない。一か所だけ、強いあたりが
出たがたぶん、アジなのだろう、ひったくるようなあたりが
出るがかからない状態が続いた。

 さらに風が強くなり横風では対応不可、正面もかなりきつい
状態になってきた。Mさん一行はここで終了。私は、魚0匹
ということで、ヘチを中心にもう少し風を我慢して釣っていく
ことにした。

 狙いをキジハタのみにし、ボタ底を早いペースで探っていくと、
ようやくの反応。ガシが釣れてくる。21cmとまあ普通のサイズ、
ボーズ回避できてホッとする。さらに、探りを入れて、次はいかにも
キジハタっぽいあたりを出し、24cmとまあ普通サイズのキジハタを確保。
今日はキープの予定はないものの、キープ魚の登場にさらに安心。

 風がさらにつよくなっていることもあり、最後に駐車スペースに
向けて探っていく。最後に駐車場付近のヘチの中層で、キジハタ
23cmを確保し終了。このあたりも探れば小さいながらキジハタが
でることがわかった。ジアイにいなかったから・・ということを
考えると、短時間でそれなりに楽しめる釣りだったと思いながら、
翌日の鮎釣りに思いを切り替えた。

8/12 福井方面

キジハタ
08 /12 2016
8/12 福井方面

■データ

・メンバー:Mさん Yさん Bigone 
・エサ  :青虫 ストロー
・対象魚 :キジハタ(32.5cm 1匹 25~22cm 6匹)
   サンバソウ(22.5~21.5cm 3匹)
 セイゴ(40cm 1匹)
チンタ(25~24cm 3匹)他
     
■釣行記

鮎にかまけていたため、約1か月ぶりの海釣行。例年いい思いを
している福井でおいしいお土産狙いで向かった。

到着後はいつも通りのサンバソウ狙い。状況は悪くなさそうだったが、
エサ取りの気配もなく、なかなか厳しい様子。それでも明るいうちは
粘ってみようと思っていたため、ストローの尻尾をつかってひたすら
落とし込んでいく。

最初のサンバソウは、開始30分後ぐらいだっただろうか、深いタナを
探っているともぞもぞとあたり、糸をはると持ち込むあたりに変わる。
これを合わせると独特の突っ込みでシマシマの魚が浮いてくる。サイズは
22cmほどと小さいが本命の登場。

その後、暗くなるまでに同サイズの2枚のワッペンを追加、1匹バラシ、
キジハタの24cm級を1本追加し、明るいうちにお土産を確保し安心して
夜釣りモードへ。

 夜に入ってからは、テトラを中心に探っていく。キジハタのそこそこ
サイズをヘチで最初にかけたところからスタート。テトラに移動すると、
チンタが群れで入っている様子で浅いところで連発する。際穴の浅い
ところで爆走するので、型は小さいが面白い。



3匹釣った後、同じように
探っていくと、もぞっと当たった魚が穴の中に突っ込んでいく。

 突っ込ませたくないため、強引に竿を前に倒して大合わせで対応。すると、
幸運にも穴から外に向かって走り始める。耐えること10秒ほど、外に
走り出した魚を強引に浮かせると、魚の種類が違う。大きいことは
間違いないが、と思ってタモ入れすると、良型のキジハタ。何年ぶりかの
30upの登場に非常にうれしくなる。32.5cmとナイスサイズだった。



 このタイミングで、Mさんと情報交換。ヒラセイゴを相当数捕っている
ということで、ヒラポイントを教えてもらい、釣り開始する。セイゴを
意識して探っていくが、やはりテクニックの差があるのか、セイゴ系では
Mさんのようにはいかない。頑張ってスライド系の誘いをかけていると、
あたりが出る。かなりの引きでエラアライもするが、どうもヒラではない
エラアライだと思っていた。

 予想通り、普通セイゴの40cmとサイズはまあまあだったが、ヒラで
ないのは残念。結局、Mさんがどんどんヒラを釣る中、私はヒラを確保
できず、途中、キジハタのまあまあサイズをキープし釣り続ける。



 残り時間が少なくなったところで、ヘチのチヌを意識した釣りを開始。
今年はチヌを釣っていないので、これを狙っていく(苦笑)。浅いタナを
探っていくと、もぞっとあたりが出て、ふわふわとあたりが続く。そろそろ
と思っているとそれ以上のスピードで竿が絞り込まれ、一気に満月に。
こりゃでかいわ!と思いながら対応すること数秒。竿がのされそうになった
直後、ふっと竿が軽くなる。針外れだった。相当な良型チヌの可能性が
高かっただけに残念。

 今回は、これにて終了。おいしい魚がいっぱい釣れて、久々の良型
キジハタも釣れて、相当十分な満足感だった。今年ももう1回ぐらい
来れればと思うが、相変わらずいい釣り場だ。

8/11 KN

キジハタ
08 /11 2015
8/11 KN

■データ

・メンバー:Bigone 娘
・エサ  :青虫
・対象魚 :キジハタ(23~18cm 3匹)ほか

■釣行記

 今回も、娘との夜釣り。餌の質が悪く、大変だったが、まずは
釣り開始。本命ポイント1、2と探っていったが、予想外にほぼ
当たりなし。たまに当たるのは小アジだったりして、厳しい釣りが続く。

 昼過ぎまで、鮎釣りをして、晩御飯を食べて・・・買い物してから
出発という短時間勝負のため、時間も大分少なくなっていった。

 いつもあまり釣りをしない、奥側のヘチを娘とともに探っていく。
娘の竿にすこしそれらしいあたりが出だしたとのことで、様子を
見ていると、うまく合わせてキジハタ18cmが釣れる。その後、
グレを連発したりして、とうとう魚のいるポイントを発見。

 私もヘチに餌を落としていくと、中層であたり。今回の滞在で最大の
キジハタ23cmが釣れてちょっと満足。娘も21cmほどのキジハタを
追加、グレの22cm級を連発して、さらに楽しく釣りを継続。時間切れ
終了まで楽しそうに釣りまくっていた。

 このあたりのポイントはさすがに探せば釣れる場所があるし、ジアイに
当たれば、相当な結果がでるのがさすがだ。今回も、娘が満足できて
よかった。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。