FC2ブログ

5/28 塩浜テトラ

メバル
05 /28 2010
5/28 塩浜テトラ

■データ
・メンバー:Bigone
・エサ  :青虫 ボケ 
・対象魚 :メバル(22.5cm 20cm各1匹 19~16cm 30匹ほど 以下20匹ほど)
      カサゴ(19cm 1匹) ビリカサゴ、ビリソイ、数匹ずつ。

■釣行記
 今回は、月が高くメバルにはやや苦しいと思いながらも、いい時期だということで
メバル狙いで釣行。ジアイは9時までと踏んで潮の高いジアイを勝負。

 到着後、非常に活性が高い子メバルに遊ばれる。釣っても、釣っても15cmという
感じだったが、隣に入ったMさんが良型のメバルをしとめており、気合を入れる。
すると、わたしにも、とうとうそれらしい当たりが。型のいいメバルはエサを
押さえ込む感じの独特の当たりをだすので、最近はだいぶわかってきた。このメバルは
さくっと浮かせて抜きあげると、20cmジャスト。それでも十分な良型。


 その後ずーっと型がそろわず、移動を繰り返す。さらに進んで行くと、ガシの19cm
を釣る。あまりにキープが少ないので、これをキープ。さらに探るとボケエサが軽く終了
したので、青虫1匹で何匹のメバルがつれるかに挑戦。

 結果13匹(青虫は3分割で使用)という結果、その後。この短いエサに意外にも良型が
ヒット。今日初のまともな引きに喜びながら抜きあげると、22.5cmというサイズ。
これで20upが2匹。


 さらに型ものを狙ったが、残念ながら良型は出ず、これで終了。やはり型はイマイチ
だったものの、数は、その他根魚を含めて70匹ほどは釣っただろうか、たぶん今までで
一番の数を釣ったと思うが・・・さすがに飽きてきたかも・・。

前回の水没により、メモリーカードを失い、写真の掲載が面倒。当面写真なしで。
スポンサーサイト

5/21 塩浜テトラ

メバル
05 /21 2010
5/21 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :青虫 ボケ (マキエ:ケータイ(泣))
・対象魚 :メバル(23cm 22cm 21cm 20cm各1匹 19~16cm
      20匹ほど 以下数匹) アイナメ(27cm 1匹)
      カサゴ(19cm 2匹)ビリカサゴ、ビリソイ、ビリタケノコ 数匹ずつ
 
■釣行記

 今回は、先週いけなかった、塩浜でのメバル狙いに。Noageさんと初挑戦のN氏の
2名が先行するなか、暗くなったころに到着。2名に挨拶を済ませた後、少し手前側に
入りなおし、勝負開始。

1投目でいきなりボケエサを押さえ込む当たり。しかも中層でのあたりに、
期待してあわせる。すると、そこそこいい引きを見せて突っ込む。かなり元気なメバルで
22cmといきなりのナイスサイズに喜ぶ。


ところが、その後は、つれても18cmまでと、かなりお粗末な感じが続き、
1時間ほど小魚と戯れる。満潮が近づき、月が少し傾くと状況が一変。魚の活性が上がる。
これを機に、気合をいれて探ると、テトラ上で少しいままでと違うあたりが出る。
送ってからあわせると、結構な引きを見せる。どうも、アイナメっぽいなと思って
浮かせて見ると、予想通りのアイナメ。27cmとまあまあサイズ。


活性の高まりを感じつつ、探るとボケエサで思いっきり押さえ込む当たりが出る。
送りまくってあわせると、本日最大の23cmのグッドメバル。


さらに、当たりは続き、メバルのサイズが19cmほどのものがつれる。さらに21cm
20.5cmを追加したところで、アクシデント!携帯をしまい損ねて、水没。
高いマキエになってしまいまして。


その後も、18cmクラスのメバルをいっぱい釣って終了。この時期のメバルの濃さは
相変わらず。あと2潮ぐらいは釣れるか?


5/15 磯津漁港

メバル
05 /15 2010
5/15 磯津漁港

■データ
・メンバー:Bigone
・エサ  :青虫
・対象魚 :メバル(21cm 19.5cm 各1匹 18~16cm 10匹ほど 以下数匹)      カサゴ(20cm 1匹) ムラソイ(21cm 3匹)チンタ(17cm 1匹)
      ビリカサゴ、ビリソイ、ビリタケノコ 10匹ほど。
 
■釣行記
 タケノコの良型連発中の、塩浜へ行きたかったものの、折からの南風により、
テトラはとても対応できる状況になく、あきらめて、風裏となる磯津漁港へと向かう。
先端付近は電気浮きの隊列で、込み合っている様子。しかも、到着直後からそれなりに
魚がつれているようで、にぎやかな様子。

 いつもどおり、ついたそばの港内から釣り始めて、様子を伺う。すると、1投目から
表層で当たりがでる。これは、そこそこメバルの活性が高そうと判断し、浅ダナを
さぐるが、あたるものの、乗せられない状況が続く。少し深い層へ入れると、
無事1匹目をゲット。サイズは意外にも18cmほどと、塩浜のレギュラーサイズと
あまり変わらない。その後少し小さめのメバルを数匹釣り、調子が出てきたところで、
明らかにらしい当たりが出る。これをあわせると、19.5cmという、ここでは
グッドサイズのメバルがお目見え。とりあえず、キープする。


その直後、今度はさらにいい引きをするメバルを掛けて、少し引きを楽しんだ後、
無事確保。サイズは21cmと十分な良型といえるサイズに思わず微笑む。


さらに、探って17cmほどのチンタをつる。その後も、メバルの数はつれ続くものの、
サイズはこれ以降アップしなかったため、先端方面へと探り続けて行く。
途中高堤に上った当たりから、ヘチを探ると入れ当たりでメバルがくる。そんな中、
一気に突っ込む引きを見せたのは、21cmとまあまあサイズのムラソイ。
これもキープ。そして、10時前から急に当たりが減ったため、再度港内側へ移動して
探る。
すると、タケノコのジアイがきたらしく、ビリタケノコが連発する。そんな中で、
モワモワという良型の根魚当たりを出してくれたのは、カサゴの20cm。これを
キープし、最後エサ切れまでがんばったところで、今回は終了。

20cmをキープ基準としての釣りで、4匹キープは十分な結果といえそう。しかも、
足場もよくて、車も近い。風が強い中、気楽によい釣りができて、とりあえず満足と
いったところ。魚の味も、塩浜よりウマイというのが、うちでの評価でしたが、
確かにそうかも。

諸事情により、写真はなくなったので、少しさみしい釣行記です。

5/4 塩浜テトラ

メバル
05 /04 2010
5/4 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:Bigone 一茶
・エサ  :青虫 ボケ
・対象魚 :メバル(25cm 1匹  19~16cm 20匹ほど 以下数匹) 
      カサゴ(21cm 1匹) ムラソイ(19~18cm 3匹)
      ビリカサゴ、ビリソイ 10匹ほど。
      クロダイ(26cm 1匹)

■釣行記

 前日は荒れ気味で、チヌがつれていたらしく、いろいろ期待して到着するも、べたなぎ。
ということで、今回はメバルに狙いを絞ってのスタート。到着直後から、当たりはある
ものの、べたなぎ過ぎて、ほぼ水面がヒットゾーン。しかも、活性の高い魚は、ビリ
メバル中心、最大でも、19cmという微妙なサイズ。

 今回は、20cm超えをキープするつもりだったので、微妙なサイズもリリースを
続ける。途中、少しらしい、当たりがあってあわせると、さすがにまあまあの引き、
だったがいきなり失速して、釣れてきたのは、21cmのガシ。これをキープ。


 その後、ソイもメバルもガシも釣れ続くものの全部19cmが最大という厳しい状況。

 一茶さんも、かなりの魚を浮き釣りで確保しているものの、状況は同様ということで、
いったん移動することに。移動後はさらにメバルの活性が高く、18cm前後を10連発
という状況だったが、キープはなし。そんななか、別行動にて現地にいた、NAさんが
なんと33.5cmの巨大タケノコを確保との情報をゲット。メバルも20upを確保
しているとの話に、熱くなって再度探り始める。


 すると、少し周りが暗くなりメバルの状況が変わってきた。そこでメバル狙いで
探って行くと、とうとう、それらしい魚をかける・・・が、水面でボチョン。その次は
少し外めの水面を探ると今度もいい引きがくる。丁寧にやりとりして、浮かせると、
バチャバチャという例の音が。メバルでもヒラウチするわ!と言い聞かせたものの、
タモに入ったのは、チンタ。サイズは26cm。土産なしのこの状況下、非常に
うれしく素直に喜ぶ。



 しかし、べたなぎの条件でも釣れるもんですな。

 そして、少し探ると、今度はボケエサによさげな反応が。これもチンタと思い、
しっかり送り込んであわせると、いきなり外に走る。先ほどより明らかによい引きを
楽しみつつ、浮かすと、さっきより大きいと思われる魚が浮くものの、バチャバチャ音
が少ない。あれ?と思いタモイレすると、良型の本メバル。しかも湾内でははじめての
25cm。これはデカイ!非常に貴重なサイズだった。



 ということで、この後も当たりいっぱいあったものの、エサ切れにて終了。なんとか最後
で気持ちいい魚を連発させて、満足いく釣行となった。

5/1 塩浜テトラ

クロダイ
05 /01 2010
5/1 塩浜テトラ

■データ
・メンバー:Bigone
・エサ  :青虫 ボケ カメジャコ
・対象魚 :メバル(22cm 2匹 20cm1匹 17~18cm 10匹ほど 以下数匹) 
      ムラソイ(19~18cm 3匹) ビリカサゴ、ビリソイ 10匹ほど。
      クロダイ(33cm 1匹)

■釣行記

前日に行こうか、迷っていたが体調がイマイチだったりしたため、少し混む予想の
土曜日の夜に出漁。しかし、前日に行っていた坊ちゃんのタケノコ33cm情報には
さすがに驚いた。

ということで、月がないので、メバル中心という気持ちに、やや大型根魚をという
気持ちをプラスして出発。到着する前から南風が気になってはいたが、ついたらかなりの
荒れ具合。満潮が重なることも手伝い、先々週の大きい潮で、Mさん、Noageさんが
チヌを釣っていたことから、むしろチヌが釣れるかも・・・とも思いスタート。

荒れ気味で小魚が少ないかな、という思いに反して、一投目からビリカサゴの
歓迎を受ける。その後も、当たりが続き、ビリメバル、ビリカサゴと続く。さらに、
数投後、今までとは違う、良型メバルの押さえ込み当たりがあり、思いっきりあわせると
これはナイスサイズ。結構いい引きするのを堪能し、22cmといきなりのナイスサイズ。



そこで、浅めのタナのメバルを狙うため、えさを青虫に変更し、探り続けると、
判で押したような、18cmクラスが連発する。中にでかいのが居ないか、と探り続けると
再び押さえ込む当たりがくる。しかし、少し食い込みが渋めのため、ちょっと送り込んで
から大あわせ。すると、こりゃメバルにしては引きすぎ!という感じで外へ向かって
走って行く。とりあえず、竿の弾力で丁寧に止めに入る・・・楽しい!独特の竿を叩く
引きにチヌを確信すると、水面に銀ピカが浮く。タモイレしたのは、33cmと、普通の
サイズのチヌ。


この時期にしては、半端な大きさながら、今年初チヌは素直にうれしい。NAさん、Mさんの
2人に先を越されていたので、早めのゲットにほっと一息。


さらに探って行くと、メバルレギュラーサイズを中心につれ続く。途中、際の超浅場で
ひったくっていったメバルは、セイゴでも来たか?と思う引きで、これも22cmのグッド
サイズ。最後に、20cmジャストのメバルを釣ったところで、今回の釣りは終了。


チヌが釣れて、メバルも釣れて、十分に満足といったところだが、大型根魚には
あたれなかったのがやや残念・・・いや、贅沢ですな。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。