FC2ブログ

11/29 篠島

アイナメ カレイ
11 /29 2010
11/29 篠島

■データ
・メンバー:Bigone 親父
・エサ  :岩虫 エビ
・対象魚 :アイナメ(32/29/25/22cm 各1匹) ムラソイ(19cm 1匹)
       クジメ(21cm 2匹) カサゴ(18~15cm 4匹) メバル(ビリ数匹)

■釣行記
 前回は、カレイ中心だったが、今回はアイナメ狙いで昼からの短時間勝負で篠島に。例年どおり、
親父を連れての釣行となった。

 いつもどおり投げ竿で、お土産確保を狙いつつ、本命を探って行くパターンで勝負開始。探りの
ほうは、1投目から当たりがあり、数投後クジメが釣れる。しかし、いつものパターンだと、クジメが
釣れるとアイナメの時期には少し早いし、クジメとアイナメはジアイが違うのがパターンだと思って
いるので、少しがっかりする。


 ところが、数投後メバルをはさんで、アイナメっぽい当たりがでる。これをあわせると小さいながら、
首振りが伝わってくる。抜きあげると22cmほどのアイナメで、とりあえずキープ。さらに、探るが
このころを境に当たりがへり、ジアイが終了した様子。

 投げのほうも、当たりがないままに進んで行く。親父のほうも、探りでパラパラと釣ってはいるものの、
目立った釣果はない様子。そこで、少し移動しながら探ることにする。少し探って行くと、移動前より
当たりがあり、少し気配がよい。


底をずるような誘いを繰り返すうちに、らしい当たりがでる。しっかり送ってからあわせると、先ほどまで
よりはだいぶましな首振りと重みがのる。浮かせながら確認すると、黄色い婚姻色の魚体が見える。サイズ
的にぎりぎり抜けるかなというサイズながらめんどくさいので、引っこ抜いてみると29cmと、ポン級に
わずかに足りないサイズのアイナメ。


これで少し気をよくして、周りを探るものの、型のよい磯ベラ、ムラソイといった魚でアイナメの気配は薄い。
周りが暗くなるりつつあるため、中層でメバルも活発になっている。投げのほうは、全然だったが、根気よく
投げ替えを続けて行く。

 暗くなる直前、探りでもう1匹アイナメがきて、これは25cm程度とまあまあサイズ。その後の探りは、カサゴ
連発で夕マズメらしいジアイがくる。これでおしまい、投げの釣果なしは、珍しいなといいながら、最後の
投げを回収すると、これがなんと、明らかに重くて、結構な引きをする。

 チョイ投げ用の船竿とはいえ、そこは固めの竿なので、ゴリまきして、抜きあげると32cmというポン級の
アイナメで、無事終了。終わりよければすべてよし。といいたいところだが、しっかり神経締めしたはずの
アイナメが船を下りた時点で硬直。脳締めのほうが、はるかに状況がよい。方法を再検討せねばという結果だった。

スポンサーサイト



11/26 塩浜テトラ

根魚
11 /26 2010
11/26 塩浜テトラ

■データ
・メンバー:Bigone ソルティ
・エサ  :ボケ 青虫
・対象魚 :カサゴ(18以下 数匹) セイゴ(23~19cm 数匹) 
メバル(18・16cm各1匹)
その他:グレ(24cm 1匹)

■釣行記
 久々のホーム塩浜テトラへの釣行。今回は、ボケと青虫の定番エサをもって、
秋の数釣り+良型根魚に期待してのスタート。いつものポイントから入り、
ボケエサを中心に探るが、どうも、セイゴの当たりが多く、かけても微妙な
22cmサイズばかり。

 そんな中、少し沖目の中層であたりがでて、送り込んであわせると、一気に
走り竿がしなる。とはいえ、そこまでの引きではないので余裕でかわしてタモイレ。
これが根魚ならいきなり良型だが・・と思って確認すると、やっぱしグレ。
24cmと最近のここでは、平均的なサイズ。

 その後も、当たりがあるものの、釣れるのはガシ中心。型も18cmが最大。
しかし、居るのはいるらしく、ソルティがルアーでデカイのを連発しているのが
うらやましい。結局エサ切れまで、キープサイズが出ないままに終了。


11/19 的矢湾→鳥羽湾

根魚
11 /19 2010
11/19 的矢湾→鳥羽湾

■データ
・メンバー:Bigone 坊ちゃん Mさん ソルティー
・エサ  :岩虫 エビ 青虫 ボケ
・対象魚 :メバル(24.5cm 22cm 各1匹 19cm 2匹 それ以下 多数)
 クロソイ(25cm 1匹) タケノコメバル(22~19cm 4匹) 他

■釣行記
 少し時期が早いものの、昨年よい実績のあった、三重県方面のメバル、根魚コースへ。
当然狙いは、尺物ではあるが、時期がすこし早いだけに、微妙だと思いながらスタート。

 仕掛け作成待ちの間、駐車場前で、探っていると、ビリメバ中心だが、19cm混じりで
4匹のメバルが入れ食い、状況の良さを確認して、本命ポイントへ。第1ポイントでは、
当然尺メバルねらい。昨年の実績から、ポイントは2箇所と思い、その2点を重点に探る。

暗くなってもフグが連発のかなり酷い状況ではあったが、坊ちゃんは、全体をくまなく探り、
順調にメバルを釣っており、型はまあまあサイズの20cm前後ながら、2桁確保というかなりの
結果を出していた。

 私は、なかなかメバル当たりが出せずに苦しんでいたが、エビエサに代えて、探り続けると
ようやく、19cmのキープ級のメバルが来る。その後、エサを青虫に変えて、次の1投で、一気に
締め込むよい当たりがでる。左右に走る魚は、かなりの引きで、タモイレスルー3回で何とか確保。
まったく同じタイミングで、Mさんもさお曲がり。こちらも同様にタモイレ苦労していたが、
無事タモイレ成功。私は、グレ28cmほど。Mさんのほうは本命メバル。少し離れていたので、
よくわからなかったが、後で見せてもらうと、これがなんと、29cmの巨メバル。すごかった。


 その後、もう1つのピンポイントへ移動し、粘ることしばし、とうとうメバルを見ることができる、
これもエビエサで結構な引きだったため、一応タモイレ。サイズは24.5cmと、25には
少し足らないものの、これも結構なサイズで十分に満足。その後22cm1匹を追加したところで、
移動を決意。その間、ソルティーも20cmに足るか足らないかのメバルを3匹釣って、みんな一応釣果あり。



 移動して、第2P。
ジアイが来ているはずのタイミングで、スタート。やはり、時期がいいこともあり、魚の活性は
かなり高い。あせらず、探って行くが、ビリメバル中心。そんな中、メバルの19cmが来たため、
とりあえずキープ。そして、私の次のキープはタケノコメバル。実績のある根回りで無事確保。
サイズは21cmほどというサイズ。

 さらに探って行くが、ビリメバルが入れ食い。避けるように釣るが、なかなかいい魚にあたれない。
しかし、必死に探って行くと、再度タケノコ。この当たりから、高活性になったらしく、ソルティー、
Mさんがタケノコ連発。特にソルティーのタケノコは30cmという良型で、結構びっくり。

 私のほうも、奥のほうで、チンタを釣ったり、タケノコを追加したり、と楽しんでいたが、
超前でエビを沈めて行くと、明確なモワモワ良根魚あたりが出る。思いっきり送ってから、
強くあわせると、竿が根元からぎっちり曲がる。久々の良型にちょっと喜びながら、浮かせに
かかるが、横にもそれなりに走る。となりのソルティーと、まあまあだな・・といいながら、
タモイレすると、25cmのクロソイでした。これには十分満足。


 その後、坊ちゃんにもらったウタセエビで、タケノコの22cmを確保し、この当たりで
少し活性が下がり、今回の釣りは終了。魚の当たりも多く楽しい釣りだった。


11/6 篠島

アイナメ カレイ
11 /06 2010
11/6 篠島

■データ
・メンバー:Bigone Mさん
・エサ  :岩虫 エビ 青虫
・対象魚 : マコガレイ(35cm 25cm 各1匹) イシガレイ(32cm 1匹)
アイナメ(21cm 1匹) クジメ(22cm 2匹 以下2匹)
その他:ヒガンフグ(29cm 1匹)

■釣行記
 今年初の篠島。先週は台風の影響で釣りにこれず、今回は順延釣行ということに。
時期的には、アイナメは走り、カレイがベストシーズンということで、投げ釣りにも
、結構重きをおきつつも、基本は探りによる、ポン級を目指してのつりとなる。


 到着後、投げの1投目で、Mさんが早速、マコガレイをあげる。昨年の初回釣行と
そっくりのスタートにちょっとびっくり。しかし、私のほうも、投げを回収すると同様に
25cmのマコがついており、さっそくのお土産確保に幸先よいスタート。

 ところが、その後といえば、当たりはあるもののフグばかり。たまにグレやカサゴが
くる程度。途中良型を掛けたかと思えば、ふぐで歯に切られたり、といった感じで当たりが
少ないまま、時間が過ぎる。


 2時間ほどたって、投げも重視して、回収、投入を繰り返していると、明らかに投入した
ところよりも手前に来ているのがわかる。カレイの糸ふけ当たりだと思い、糸を巻き取り
合わせると、あれ・・根かがり。しかし、状況が状況だけに、少し位置をずらして、竿を
あおると、ずるっと抜けて巻きとり開始。かなりの重みに期待をしながらあげてくると、
35cmという自己記録タイの立派なマコガレイ。



これで、お土産には十分に満足。さらに探りをいれると、とうとう本命サイドのクジメが釣れる。
当然クジメなので、型も小さく22cm程度、このあと、アイナメ1匹、クジメ3匹と一応、
それらしい魚が釣れるが、今回は型が小さい。

 そんななか、どうみてもフグの当たりが出て、あわせると、ものすごい勢いで外にはしり、
竿の弾力が0に。チヌでもかかったんか?というほどの引きを堪能するものの、フグには
間違いなし、よゆうでやり取りして上がってきたのは、なんと29cmもあるヒガンフグ。
これにはちょっとびっくり。


 この後は、投げを回収すると、先ほどよりもっと引く魚がきて、フグかと思えば、
これもラッキーなイシガレイの32cm。これをほぼ最後に、本日の釣りは終了。探りの
ふがいなさはあるものの、超おいしいお土産があるので、そこそこ以上の満足度で終了。


BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。