FC2ブログ

6/29 塩浜テトラ

クロダイ
06 /29 2011
6/29 塩浜テトラ

■データ
・メンバー:Bigone 
・エサ  :ボケ ストロー
・対象魚: チヌ(31cm 1匹)
 その他: グレ(29~25cm 10匹以上)
      コショウダイ(23~19cm 4匹)

■釣行記
  今回も、ショート釣行ということで、晩飯を終えてからの出発。
 先週、半田で良型確保したため、半田行きも考えたが2週同じ
 釣り場も能がない?との思いで、HG塩浜でのチヌ狙いに絞る。

  到着後、久々に手前のポイントで探ることを決めて、実釣開始。
 ともかく1投目から、ボケ餌なのにグレのひったくるようなあたりが
 でまくる。ものの数分でグレ2匹、ボケ4匹を消費してしまい、
 探り方を再検討。

  とりあえず、前はグレの気配しかないため、浅場でセイゴを視野に
 誘いを入れる。すると、かかったのはなぜかジャンプする細い魚。
 ダツ。これはあげる前に外れたが、久々にかかった魚だった。

  その後、グレジアイが終わりすこし落ち着いた様子だったが、それでも
 グレばかり。こんな日は、際穴狙いしかないと、腹を決めて際穴勝負に
 でる。あたれば、グレが続いたが、少しもぞもぞとする、食い込みの悪い
 あたりがでて、しっかりと送り込んでいく。最後は突っ走ったため、やや
 向こうあわせ気味になったが、なかなかのひきの魚で、強引に竿でためて
 一気に浮かせて、一応タモいれ。狙い通りのチヌ31cmで、十分に満足。

  この後も、際狙いを続けたが、当たってくるのはグレ、そしてコショウダイ。
 途中結構な型のコショウダイがかかりさすがにいい引きするな。と思いつつ
 結局リリース。残念ながら追加は出来なかったが、なんとかチヌの顔をみれて
 まずまず狙い通りの結果に。

  今年のHGはグレ対策で苦労しそうな状況だった。

 
スポンサーサイト



6/24 半田

クロダイ
06 /24 2011
6/24 半田

■データ
・メンバー:Bigone 
・エサ  :ストロー
・対象魚:チヌ(47cm 30cm 22,5cm 各1匹)
 セイゴ(33cm 1匹)

■釣行記

 今年は、チヌが釣れておらず、宴会明けの10時半からの短時間勝負にかけて、
チヌ狙いで半田へ。今年1回目の半田は、気配なく1時間ほどで終了だったが、
さすがに今回は時期がそろそろということで、期待してのスタート。

 まずはチンタでもいいから、顔をみたいところ。開始直後は、人が多く、
場所がなかったため、あいているスペース固定で釣り開始。結構あたりが
あるものの、なかなか食い込まないサイズの魚や、離してしまう感じで苦労する。

 しばし探ると、少しらしいあたりが出だしたが、送り込みが下手で離してしまう。
毎年思うが、シーズン当初はどうも、うまく送り込みが効かない。しかし、幸いにも
あたりがたまにあるため、探り続けると、とうとう反転して突っ込む当たりを確保。
そこそこの引きで外に走り、これを止めるとバチャバチャと水面で暴れる。
やっとチヌかと思ったが、途中、ジャンプやエラアライと思われる行動を見せる。
これはセイゴで33cmとりあえず、キープ。



 その後、チヌ狙いで同様にさぐると、小セイゴっぽいあたりが続く。そのあと、
よりチヌっぽい感じの当たりがでて、丁寧に送り込んで、これも反転を待って合わせ。
すると、無事?チンタが浮いてくる。何も考えずに、かるくぶっこ抜いて1枚目確保。
やっとのことのチヌ(チンタ)にほっとする。



 満潮を挟んでしばし、あたりが薄くなったが、下げジアイが来ると踏んで、
少しゆっくりめの誘いをかけ続けると、1か所で、重たい当たりをとらえる。
つぎの一投では、穂先がもたれるかどうかの、触り当たりがでたため、これを
ゆっくりと送り込んでいく。なかなか食い込まないが、それでも少しずつ
外に向かって餌を運んでいる様子だったため、テンションをかけてから、大合わせ。

 これが、意外にも大型で外へ向かって一気に走る。明らかにまあまあでかいことは
確認し、何度か止めに入るが、トップスピードなので無理。竿が柔らかめ、半田仕様
なので、なおさらということで、テンションをかけ続けて走らせて止まるのを待つ。
それでも竿1本半ほどで1回とまるが、まだ外へ出ていく。捨石際でこすれるのが
いやなので、そのまま少し走らせて対応。このあたりで、40後半の良型と確信し、
少し時間をかけてのやり取りを覚悟する。途中、ハリスと体が絡んだらしく、一度
浮いてきたが、水面にでてから再度潜行。さすがに、久々の良型で緊張感もあったが、
無事少し沖目で浮かせてよせてくることに成功。タモ枠にかかるほどのサイズで、
実測47cmのグッドサイズ。



 その後、少し前目で送り込み、反転のタイミングのあわせで、30cmジャストを
追加



さらに場所を移動して、先端手前で同様の当たりをとらえ、合わせる。これは
先ほどの47ほどではないが、結構いい引きで35以上はある感じで、
竿の弾力を生かして耐えに耐えていたが、まさかの針外れ。いいタイミングで合
わせを入れた気がしたが、残念。

 少し粘ってみたが、この後は続かず終了。しかし、久々に満足のいくいい釣りをし、毎年の目標の1つでもある、40upを無事確保して、チヌシーズン開幕といった感じ。

6/17 塩浜テトラ

根魚
06 /17 2011
6/17 塩浜テトラ

■データ
・メンバー:Bigone  Mさん
・エサ  :ボケ 青虫 ストロー
・対象魚: カサゴ(22cm 1匹 20~19cm 7匹ほど 以下数匹)
       タケノコメバル(18cm 1匹)
 その他: グレ(29~25cm 10匹以上)

■釣行記
 本来であれば、遠征予定があったものの、諸事情により近場で、Mさんとの釣行と
なった。まずは、定番ポイントに入ることにし、そこからスタート。あたりは頻発し、
前回同様、ガシのまあまあサイズとグレが釣れ続く。

 しかし、どうもリズムが悪いというか、なんというか。それらしい当たりが
あっても乗せられず。セイゴの良型っぽいのが来るとすっぽ抜け、というような
ふがいない釣りが続いてしまう。

 チヌっぽいと思って送り込むと離してしまう、とそうこうしているうちに、
グレ多数、カサゴ多数を釣りあげ、そのうち、ガシの良型1匹のみキープ。
先行して移動(より道)している、Mさんの付近に入る。

 こちらも、久々に立ち寄ったが、あたりが頻発。春の状況とは少し変化があり、
一安心。しかし、グレとガシが同様に連発。しょうがないので、超前へ打ってみると、
いままでとは全くちがう良型根魚のあたりが出る。これは、と思い、送り込んでいくが
NG。これもりリズム悪く根がかり。糸を切る羽目に。

 さらに次の1投、今度は少し小さめの当たりながら、タケノコメバルが来て、
ジアイ突入確定モード。そして、さらに次の一投で再度、良型確定の激しい
根魚当たり。少し送って大合わせ・・・すると、高切れ。リズムが悪すぎ。
 結局この後、ジアイ終了で、良型は確保できず。残念な結果に終わった。

6/11 塩浜テトラ

根魚
06 /11 2011
6/11 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:Bigone 
・エサ  :ボケ 青虫 ストロー
・対象魚: カサゴ(23.5cm 1匹 20~19cm 10匹)
 メバル(17cm 1匹) 
 その他: グレ(29~25cm 9匹)

■釣行記

 今回は、ソルティーお勧めの崖を目指す予定だったが、そのソルティーと
現地でばったり。ということで、当然崖へむかうことが確定。ただし、
その前に毎週定番の少しだけはチヌを狙うということで、今回もいつものPで
チヌ狙いからスタート。

 これも、毎回恒例の話になりつつあるが、ストローで探ると、それっぽい
当たりがある。しかし、針だけを残しての素バリを連発、ガシ・グレを釣って、
5本のストローは瞬殺。

一発、明確なセイゴ当たりで竿が胴からまがった瞬間に針外れという惜しいの
があったが、これも、とれず。そういえば、最近使っていなかったタモを実に
3カ月ぶりにグレ相手に使ってしまった。

 その後、ボケで少しチヌも意識して探ったがこれも不発。ただし、ガシの型は
十分で19~20とそこそこを3匹と悪くない感じだった。そして、時間が
少したったこともあり、崖に向けて移動。

 到着後から、ガシの巣窟という噂どおりガシが釣れる。途中、グレのジアイに
入り何をやってもグレが釣れる感じになってしまった。しかし、サイズはというと
、25よりでかいので、やたら引く。その後、エサギレまでと思い探っていると、
グレっぽい当たり、グレっぽい引きで、ガシが上がってくる。サイズは久々の
まあまあサイズ23.5cmで少しほっとする。



 その後、エサギレまで魚は釣れ続いたが、とくに良型も出ず、終了。
釣りとしては楽しかったし、久々に竿がいっぱい曲がったのでこれも良かったが、
チヌも、超良型根魚も不発で残念。ただし、遠いが魚の濃いポイントだと改めて
わかったので、チヌシーズンが終わったら、また行ってみるかもしれない。

6/3 豊浜

メバル
06 /03 2011
6/3 豊浜

■データ
・メンバー:Bigone  おやじ
・エサ  :青虫 ストロー
・対象魚: メバル(18.5~15cm 7匹) ムラソイ(13cm 1匹)

■釣行記
 前回、豊浜近辺でメバルが釣れたこともあり、だいぶ早いが、父の日のつもりで、
親父をメバル釣りに招待。足場のいいポイントで頑張ることにした。豊浜の港の
らしい場所をさぐっていく。今年のチヌの釣れていなさに、少しだけテトラで
チヌ狙いをするが、これもらしいあたりがあったが、乗せられずじまい。

 結局、豊浜の港では、15cmほどのメバル、ムラソイといった程度でらしい
釣果は上げられなかった。親父も同様で、びりメバルを数匹といったところだった。

 そのため、前回の実績Pである岩場に移動したが、こちらも魚がうすく、
前回のような入れ食いモードとは程遠い。必死で探って、18cm強のメバルを
頭に、15cm程度までで6匹のメバルを確保するのがやっとだった。

 親父がばらした1匹が少し大きそうだったがそれでも、新しい群れが
入っているわけではなさそうなので、今後過度の期待はできない釣り場だと
分かった。来年以降、大きな群れの入る時期に勝負してみるぐらいか。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。