FC2ブログ

9/28 吉田漁港→大井川漁港

クロダイ
09 /28 2011
9/28 吉田漁港→大井川漁港

■データ

・メンバー:Mさん ソルティ Bigone 
・エサ  :ストロー カメジャコ 青
・対象魚:チンタ(23・20.5cm 各1匹 以下数匹)
その他:シマイサキ2・ゴンズイ2・ハゼ・グレ・フグ

■釣行記

冬~初春以外の吉田は久しぶりということで、いいチヌ・キビレ狙いでの釣行。
さらにはセイゴも視野に探り始める。あたりは頻発するが、ハゼだったり、
ビリチンタだったりという形で、あまりらしい魚に当たることができないまま
時間が過ぎる。

狙いのジアイも、小魚と戯れて終了してしまったため、少し港内のヘチをさぐると
少しらしい当たりがでる。これを合わせて、なんとかチンタ。



23cmというサイズで、前回のように、ノーカウントというほどではなくなる。
その後、シマイサキの23cmに一瞬走られ、さらに、チンタ20.5cmを追加して、
ヘチ探りを終了する。



移動後の大井川では、ゴンズイやグレ、フグに遊んでもらった程度で終了。気配も薄く、
なかなか厳しいプチ遠征となってしまった。今年は秋に入っても真剣モードだったので、
少し、ぬるんでみることも必要な時期かもしれない。

スポンサーサイト



9/22 塩浜テトラ

クロダイ
09 /22 2011
9/22 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:ソルティ Bigone 
・エサ  :ストロー 青
・対象魚:チヌ(ボーズ) ビリチンタ(7~18cm 4匹)
その他:セイゴ(23~20cm 3匹) ワッペン(13~17cm 4匹)
    コショウダイ(19~15cm 6匹) 

■釣行記

 地元でチヌでも狙おうかと、ソルティーと合流しての釣り開始。結構あたりは頻発し、
1投目からあたりがあり、数投後には、コショウダイが釣れる。が・・・サイズは
15cmほど。その後、釣れる魚は居るが、ワッペンにビリチンタ、コショウダイ
という形が続く。

 あきらめてチンタポイントにむかうが、こちらではセイゴ+ビリチンタで、終了。
いろいろ釣れる秋モードで楽しかったが、サイズ的に20cmを超えなかったため、
本命なしという悲しい結果に、うーんといったところ。

9/14 国分沖一文字堤

キジハタ
09 /14 2011
9/14 国分沖一文字堤

■データ

・メンバー:Mさん Noageさん ソルティ Bigone 
・エサ  :カメジャコ ストロー
・対象魚:キジハタ(28cm 1匹) クロダイ(30cm 1匹)
その他:オニオコゼ(32cm 1匹) カマス(22~15cm 5匹)
 カワハギ(18cm 1匹)他
 
■釣行記

 今年は、夏から不調だったキジハタが好転していることを期待して、本命キジハタで、
遠征へ。もちろん、Mさんはチヌ狙いで。

 到着後底が手に取るように見える、スケスケの状態に少し不安を覚えつつ、まずは探り
始める。直後に、根がかりして外そうとして竿をあおっていると、バキッと嫌な音がして、
竿の真中から先が、海へ。あわててタモですくったが、もちろん殉死。その後、私の
ジョーカー竿(半田スペシャル)を準備して、再度探り始める。しかし、探っても
探っても、当たるのはグレ。そしてビリアズキ。前回も、酷いもんだと思っていたが、
今回はそれ以上。まったく当たりが薄く、当たっても、ちびグレ、ちびガシといったところ。

 そうこうしているうちに2時間ほどが経ってしまい、あまりにも悲しい結果。しかし、
あきらめずに探っていくと、とうとうそれらしい、あたりが出る。竿が柔らかいので
思い切り移動しながら合わせると、良い引きがくる。しかし、竿の弾力のせいかあまり
突っ走る様子もなく、あっさりと魚が浮く。28cmというまあまあサイズの
キジハタでとりあえず本命確保。



 その後、先端まで探りをいれて、先端付近で探ると、チヌの30cmを確保。これは
写真を撮ってリリース。



さらに、グレや、海タナゴなどどうでもよい魚たちがいっぱい
釣れるが、本命にはこない。しかし、気合をいれて探っていくととうとうそれらしい
突っ込みで一気に竿をしめこむ。竿の弾力で耐えること20秒ほど、糸をだすか迷う
タイミングがあったが、止めまくっていると、少し突っ込みがゆるくなり形成逆転。
と思った瞬間、テンションが抜ける。糸が切れたか?と思うが、すっぽ抜け。餌が
残って戻ってきたところをみると、良型キジハタのすっぽ抜けと思われ、非常に残念。

 さらに、探っていくとカメジャコを一発で吸い込むあたりがでる。これは、いただきと
思い、テンションをかけ切って合わせると、まったく引かない上に重いごみのようなものが
少しびくびくしながら上がってくる。タモに入れると、30cmを超える、謎の生物。
見た瞬間オニオコゼとわかったが、美味しい・・・危ない・・・美味しい・・・危ないの
葛藤のすえ、写真+リリースに決定。二度と抜かれないギネスとなりそうだが。こんな魚が
釣れるのも状況の悪さを表している。




 その後、休憩をはさんで引き続き探るが明け方までビリアズキのみで、終了。明るく
なってからお土産狙いの探りも、カワハギ1がまともだった程度で、あまりにさびしい
結果。さらに、お土産を何とかすると、カマスサビキに挑戦し、5匹を確保して終了。

 これは、ひどいという結果で、来年に期待。キジハタは全員で7匹、私は1本のみ。
唯一チヌ狙いのMさんが、40弱を2枚という結果で、らしい形になったぐらいだった。

9/7 塩浜テトラ

クロダイ
09 /07 2011
9/7 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:Bigone ソルティ
・エサ  :ストロー 青虫
・対象魚:クロダイ(27~25cm 4匹) セイゴ(25・22cm 各1匹)
 グレ(31まで 多数)

■釣行記

 夏になってから、あまり行っていなかったHGの塩浜テトラへ、当然のチヌ狙いで出発。
この時期、状況から狙いは40UPと心では思いつつも、まずは無難にチヌの複数釣果を
目指してのスタート。今回もソルティとの自動現地集合。

 到着後、最近の定番Pから釣り開始。1投目からチヌっぽい当たりが出て、あわせるが
送り込みが足らず素バリを引いてしまう。その後魚をかければグレという状況が続く。
少し遠目を探ると、チヌあたりがでる。しかし、前で当たっているため、送り込みが
難しく苦労する。しかし、なんとか送り込んで大合わせ1枚目を無事ゲット。25cm
というサイズのチンタで、まずはタモ入れして確保。



 続いて、探り続けるが、少し大きな針を選択したのが災いし、良型と思われるガツガツと
した食み当たりも、針のところで終了してしまう。こういった失態を繰り返すこと3度ほど。
ここからはグレラッシュ。とセイゴ少々という形、竿の極限まで曲げられたりする良型グレ
の引きを堪能?しつつ、ストロー10本は終了。

 しかし、今回は、こういうこともあろうかと、青虫を300円準備してあったので、
こちらで探り続ける。すると、際テトラでチヌっぽい当たりがでる。しっかり送る間もなく
いい抑え込みになったので、早々に合わせて、突っ走りを止める。サイズが小さい割には
よく引く27cmでとりあえず複数を確保。

その後、プチジアイ到来で、同サイズを1匹確保。



タモ入れ後、タモをテトラに当ててしまいバラシ。さらに、針外れ。26.5cmを追加。
という感じでジアイ終了し、再びグレがいっぱい釣れ出してしまう。ガシ釣りの旅から
戻ってきた、ソルティーと、そろそろ終了かなと話をする。最後に、この状態で可能性の
高い前を探って終了といいながら釣ると、ラッキーなことにチンタ当たりが出て、
26.5cmを確保。これにて、ちょっと満足して終了。



 チンタ祭りではあるが、20cmクラスではなく、引きも結構楽しめる20後半
サイズだったので、まあまあ満足という結果となった。しかし、途中良型が居たと思われる
だけに少し悔やまれる感じも残った。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。