FC2ブログ

11/27 師崎

アイナメ カレイ
11 /27 2011
11/27 師崎

■データ

・メンバー:Bigone 家族
・エサ  :岩虫 エビ
・対象魚:メバル(22.0cm 20cm 17cm 各1匹)
      タケノコメバル(ビリ多数) メバル(ビリ数匹)
      クジメ(11cm 2匹) 全員分

■釣行記

 今年も定番の、超ショートアイナメ狙いの師崎へ、これも定番の家族連れで釣行。
いつもどおり、家族の釣りのサポートをしつつ、ちょっと釣りをするというもの。
ご家族のみなさんは、メバル・タケノコの小さいのを釣りながら遊んでもらい、
その間にいつも釣れるアイナメを狙うパターン。

 今回も、地元の池でとったエビを中心に釣りを進めてもらう。早速娘が、ストラップ
サイズのタケノコメバルを釣り、その後も順調に数を伸ばす。一方、嫁はというと、
当たりすらないという。変わってもらうと、入れあたりながら、フグあたりが多い。

 良型アイナメねらいの投げを回収すると、20cmとまあ、このあたりではいいほうの
サイズのアイナメがついていた。その後も、娘は順調に数をのばし、メバル・クジメ
アイナメといろいろ釣っている。

 私もたまに釣るタイミングで、ヒガンフグの17cm級を2匹、さらに本命のアイナメ
22cmを釣る。これは知多では十分なサイズと言えるので、少し満足する。その後
エサギレまで、娘は順調に、私もそこそこ、嫁さんは、なんとか1匹という形で終了。
この時期のまったりした釣りは、これはこれで本当に楽しいものだ。
スポンサーサイト

11/25 鳥羽周辺

メバル
11 /25 2011
11/25 鳥羽周辺

■データ

・メンバー:Mさん ソルティ Bigone 
・エサ  :ボケ 青 ウタセエビ
・対象魚:メバル(22.0cm 1匹 19~17cm 6匹 以下多数)
      タケノコメバル(22.2cm 22.0cm 各1匹)
      ムラソイ(23.0cm 1匹)
      チンタ(19cm 1匹)
 その他:グレ(20cmほど 1匹) 

■釣行記
 
 この時期の定番、メバル→良型根魚の三重県プラン。今年もメバル釣りからスタート。
今年は25cm以上のメバルを釣っておらず、これは21世紀に入ってから初の出来事。
まあ、大げさだが、それほど25cmのメバルについては確実に確保してきたわけで、
今年はメバルとの相性が悪い。

 ということで、25cmを当面の目標に、もちろん生涯2本目の尺を視野にメバル
狙いをスタート。今回は、新規開拓をもくろんでいたが、風が強いためいつもの
ポイントで、夕マズメからの釣りとなった。まず、グレやベラ、そしてやたらいるフグ
といった餌取りと時間を使い暗くなってきたころから、本格始動と思っていた。すると、
まずソルティーがそこそこのアジを釣り、口火を切る。

 しばし後、私にとうとう初のメバルが来る。サイズは、15cmほど。さらに
ソルティーが22cm強のまあまあメバルを釣ってジアイスタート。直後に私にも
22cmが釣れて、一気にテンションがあがる。



 さらに、19cm~17cmを6匹ほど釣るが、フグの猛攻にあい、いまひとつ数も
型も伸びない。Mさんも、23cmをキープし、全員がそれなりのメバルを見ること
ができた。しかし、この後も、メバルの活性があがらず、残念ながら、ここで終了。
第2ラウンドへと向かうことに。




 第2ラウンドは、いつも通り根魚狙いで。ここでは、私が1投目でメバル、2投目は
チンタの19cmと魚を連発させる。しかし、ソルティーが26cmほどのグッド
タケノコを確保して、笑顔満面。あわてて付近をさぐると、私にも良型根魚っぽい
あたりがきて、ゆっくり送ってあわせるが、まさかのすっぽ抜け。その数投後、無事
同じような当たりで、今度は確保。タケノコメバルの22.2cmと、まあそこそこ
サイズの登場にすこしほっとする。



 さらに、探っていくと、今度もタケノコで22cm。



 Mさんも24cmというタケノコをゲットしており、ここでも全員釣果。この後は、
ともかくびりメバルがひたすら釣れる状況で、大型のウタセエビでも数センチの
メバルが釣れる状況。ここでのメバルは最大17.5cmまでと、サイズが足らず
キープなし。

 付近を開拓してみたが、ガシ1匹のみであまりいい結果が出ず、再び元のポイント
を探る。すると大型のウタセを一気に吸い込むあたりがでる。テンションをかけて少し
うごかしたところで大合わせ。底をはいずるような引きで結構いい感じ。意外にも
浮いてからもよく引く魚だったため、とりあえずタモ入れしてみると、23cmの
ムラソイでこの魚にしては十分良型と言える魚にかなり満足。



 これにて第2ラウンドも終了ということに。



 以前、ムラソイ爆釣を楽しんだ経験があったが、やはりこの魚の引きは最高。
型はやや小さいものの、その後Mさんもムラソイを釣ったようで、すこしムラソイ
ジアイが来ていたようだ。

 今回は、狙いの尺・超大型の根魚はでなかったものの、まあまあのサイズの狙いの
魚が釣れて、しかも、あたりが続いて忙しいという状況に、満足とは言えないが非常
に楽しい釣行だった。

11/11 塩浜テトラ

根魚
11 /11 2011
11/11 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:ソルティ Bigone 
・エサ  :ボケ 青
・対象魚:カサゴ(19.4~15cm 12匹ほど)
      チンタ(18cm 1匹)
 その他:コッパグレ(20cmほど 1匹) 

■釣行記

 前回メバルが釣れたものの、その後はいい情報もなく、まあ、ガシ+α程度の狙いで
HGの塩浜へ。まずは、いつものポイントあたりからスタート。グレやチンタの微妙に
小さなサイズを釣ったりしてたが、そこまで当たりが出ないということで、そそくさと
移動。最近は、新ソルティポイントが定番化してきたので、こちらへと向かう。

 探り始めると、ここらあたりでは、18cm程度のガシが安定して釣れる。今回は
このサイズを超えるものを狙いたいところだったが、途中1発すっぽ抜けがあり、
さらに潜られてラインブレイクがありと、なかなか良いサイズが釣れない。その中
キープしたのは良型のような、もわもわ当たりをだした19.4cmのガシ。前回
メジャーを落としたせいで、今回からメジャーがmm単位になり、計測もこの形で。



 その後、チヌの食み当たりのような震える当たりが、超前ででて、そのまま合わせ。
すると結構な引きで内側へと突っ込む。セイゴかと思ったので、少し慎重にエラアライ
を避ける形でやり取りしたが、どうみても引きがチヌの引き。水面にきてバチャバチャ
いうこの魚は、30cmには足らないサイズだったが、タモ入れをする。タモの上を魚
が通過し、糸を緩めたところで、竿が跳ね返る。あわててタモを持ち上げるが時すでに
遅し。この時期のチヌはちょっとうれしいだけに、残念。今後もガシを釣り続けて、
結局終了。大型は出ず。イマイチの結果に。ソルも同様で状況が悪かった。

11/4 塩浜テトラ

メバル
11 /04 2011
11/4 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:Mさん ソルティ Bigone 
・エサ  :ボケ 青
・対象魚:メバル(21cm 20cm 各1匹)
     タケノコメバル(21cm 1匹)
     カサゴ(20~17cm 13匹 以下 3匹)
     チンタ(21cm~18cm 3匹) セイゴ(26cm 22cm 各1匹)
 その他:コショウダイ(18cm 1匹) グレ(27cm 20cm 1匹) 

■釣行記

 先行していた、Mさん、ソルティのあとに続き、久々の浜Sに到着。いつものポイントから
スタート。到着前にMさんがセイゴの良型を確保していたこともあり、まずはセイゴと思い
ながら釣り開始。

 ところが、1投目から来るのは、コショウダイ、グレという形。秋らしいといえばそうだが
今回もあたりはあるが本命が遠い感じ。しかし、探っていくと浅いタナでそれらしいあたり
が出だし、当たったあと水面へと誘う形でとうとう、セイゴをかける。サイズは26cmと
小さめだったが、のまれていたこともありとりあえず、キープ。

 次の一投は、どでかい青虫で気合を入れてみる。すると、震えるような当たりがあり、
そこから動かない。とりあえずと思い、大合わせすると、なんとその3倍もあるかという力
で引きこんでいく。サミングがやや甘かったのかもしれないが、いきなりスプールが反転、
直後に満月の竿先が天を衝く。すっぽ抜けだった。マダカクラスは確実と思われる引き
だったが、小針ではどうしようもなく・・・。残念。

 その後、ガシやチンタを釣るがサイズが小さく、当たりもほどほど。ということで、
ソルティおすすめポイントへと移動。直後に、メジャーを水没させて、回収不能になり、
少し落ち込んだが、お勧めポイントだけあって、ガシが濃く、型も18cm以上が大半
というなかなかの結果。早々に2ケタを確保し、うち最初の2匹をキープしたが、ほとんど
釣れたのはこのサイズ以上だった。その後、青虫の餌で乗せきれない微妙な当たりが続き、
小ボケに変えてかけるとチンタで1匹は21cmほどと、なんとかカウントサイズだったので
写真だけ撮影してリリース。



 さらに1匹チンタを追加したが、こちらは19cmほどと、さらに小さめ。途中根魚・
ガシ当たりで、ブレーク1回、良型ばらしも1回と惜しいところもありながらの釣りを堪能
する。少し月が陰ったタイミングで、メバル狙いに探りを変えてみると、それらしい
当たりがでるが、月が明るくなると続かず、メバルには出会えなかった。

 ところが、時間がたち、月が陰りきったころ、遠目に打ったボケえさに一気に抑え込む
あたりがでる。セイゴかと思って寄せてくるが、どうも引きがおかしい。抜いてみると、
メバルで締めたあとの計測で21cm強と、秋の塩浜では初の20UP。かなりうれしい。



 今日は、もう1匹メバルを釣ると、いいながら、ソルティーと探り続けると、ソルティーの
見ているそばでそれらしいあたりが出て、外へと勢いよく走る。このあたりで無事もう1匹を
確保。こちらも締め後で20cm強というサイズで、これも良型。今日は、かなり満足だな、
と思っていたが、となりでメバル狙いにチェンジし、沖を探っていたソルティの抜きあげた
魚の形はどう見てもメバル。なんと26cm。塩浜で見た中では最大。私の25cmも軽く
クリアする超良型にびっくり。

 これにより、少し満足度が下がった?ため、さらに気合をいれて探ると、タケノコメバル
21cm、グレ27cm、ガシ連発と、ともかく魚が釣れまくり、エサギレ終了。そして、
一応持っていったスピニングタックルでルアーを動かしてみるが数投後に根がかりで終了。
この釣りについては、これからかなりの修行が必要な気がする。

 しかし、この秋久々のやや満足釣行だった。でも、タモ入れなし、狙いのセイゴはバラシ
となると、まだまだ、なのかもしれないが。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。