FC2ブログ

12/29 鳥羽湾方面

根魚
12 /29 2011
12/29 鳥羽湾方面

■データ

・メンバー:Bigone 一茶さん
・エサ  :ウタセエビ 青虫 ボケ
・対象魚:タケノコメバル(25.5cm 1匹)
 ムラソイ(24.0・19・16・15cm 各1匹) メバル(18cm~16cm 6匹 ビリ多数)

■釣行記

 今年の年末は一茶さんとの釣行で締め。2日連続の釣り納め釣行の、2日目は一転、
メバル狙いで開始。鳥羽方面の新規開拓Pからスタート。ともかく、前日も25cmの
メバルが釣れず、今年はここで釣らねば、25cmUP連続記録が12年ほどで切れてしまう。

 ということで、新規Pで気合をいれてスタート。1投目から一茶さんが17cm、私も
同サイズのメバルをつり、異常に順調なスタート。ところが、ジアイ終了間際だったらしく、
その後、ヨロイメバルの15cmを釣ったぐらいで、ビリの当たりがぱらぱら程度になる。
そこで、少し場所を移動してみると、今度はびりメバルの入れ食いが始まる。
5匹釣ったところで、ウタセエビに変えて、でかいのを選択的に狙ってみる。

 前へ打ったところ、思いっきり突っ込んでいく気持いい当たりがでて、これを大合わせする。
すると、完全に予想外に竿が根元から曲がり、暴れまくる。さらに浮かせてからも結構暴れ
まわるこの魚に、丁寧にやり取りしてタモ入れする。これがメバルなら、25cmあるかも、
と大いに期待して電気を照らすと、25.5cmと文句なく良型のタケノコメバル。タケノコが
邪魔だった(笑)。



 この後も、このあたりではメバルがいっぱい釣れるが良型は出ず。予定時間になったので、
移動して、第2Pでの釣りに。こちらは、根魚中心の狙いだったが、びりメバルが安定して
釣れてくる。活性も高く、ウタセでもびりメバルが釣れる。

 そんな中、思い切り大きなウタセエビを半分しゃれのつもりで打ちこんでみると、意外にも
2投目で当たりがでて、大型根魚独特のもわもわ当たりとなる。さすがに餌がでかいので、
おもいっきっり送り込みまくって、1メートル以上送って重みを乗せまくってから、大あわせして
底を切る。が、やたら突っ込みまくるのでしっかり溜めて浮かせてくる。無事浮いてきたのは、
24cmというサイズのムラソイ。


この魚は体高も幅もあり、無茶苦茶でかく見えるし、このサイズ
だとこれまた無茶苦茶引いて楽しい。タモ入れして無事キープ。その後、ムラソイを3匹、
メバルの18cmまでを多数釣ったが、最終的にこれ以外にいい魚が釣れず。一茶さんは、こちら
ではびりメバルに遊ばれ、投げでハゼが釣れた程度。一茶さんは、一発目の投げに良型が
当たって、すっぽ抜けしたのがもったいなかった。

 釣り納めその2も、かなりの良型根魚を2匹確保できたことで、まあまあ満足。当然刺身も
最高の食味でそれなりによい釣り納めだったということで。



スポンサーサイト

12/28 吉田漁港→焼津方面

キビレ
12 /28 2011
12/28 吉田漁港→焼津方面

■データ

・メンバー:Bigone Mさん ソルティー
・エサ  :カメジャコ 青虫
・対象魚:キビレ(40.0cm 23.2cm 各1匹 13cm 1匹)
 カサゴ(20.0cm 19cm 各1匹)  メバル(19.8cm 1匹)

■釣行記

 今回は、釣り納め釣行その1ということで、キビレ・メバル・根魚狙いの静岡方面へ。
昨年と同様に、3時ごろ着にて釣り始め、メンバーも昨年と一緒という形でスタート。


 昨年は、早々に良型確保で一安心というパターンだったが、今回も2投目で当たりがでる。
送り込んで合わせるが、軽くスカ。さらに、当たりがたまにあるものの、魚が根本的に
小さいらしく、まったく乗る気配がない。その後、港内の船溜まりを中心に探りづづける
ものの、あたりがたまにある程度。結局、13cmほどのドチビレを1匹釣っただけで、
夕方が来る。

  暗くなり、引き続き港内のポイントを探る。堤防のヘチを丁寧に探っていくと、
たまに当たりがある。乗せられそうな、当たりを2回ほどミスったあと、3回目の
当たりは思いっきり送り込んで、大合わせ。そこそこの引きで上がってきたのは、
キープできる23cmでまずは、ストリンガーでキープ。


  その後、他の2名が釣っているあたりへ向かうと、すでにMさんが30cmクラスを
確保とのことで、結構焦りが出る。いろいろなポイントを探っていると、当たりが
頻発するゾーンを発見。カメジャコでは乗らなかったため、青イソメに変える。魚が
小さいとおもっていたが、青の餌は一気に持っていく当たりとなり、あまり期待はして、
いなかったがしっかり送り込んでいく。一応、強めに合わせをくれてみると、手前に
向けて動く。そこまで大きくないと信じ、竿をあおると、水面でガボンといい音を
立て、左右へ抗いまくる。かなりのサイズだと徐々に理解し、糸を出さない程度で
耐えまくる。障害物に走らないよう竿をねかせながら、丁寧にやり取り。1分ほどと
やや長いやり取りののち、安全策でソルティーにタモ入れしてもらい、無事お土産確保。


 40cmジャストという良型確保で一気に満足モード。キープに手間取り、戻った時には
当たりがわずかになり、結局追加はならず。そのまま、当たりが減ったため、早々に移動。

  移動後の狙いは、メバル。実績Pに入り探り始めると、いままで沈黙していたソルティーが、
良型のメバルを確保している。その後、ヘチ狙いに絞って、Mさんがガシを確保。直後に私も
20cmのガシを確保し、このポイントでも土産確保。


 さらに、Mさんが25.2cmというサイズのメバルを確保しており、焦る焦る・・・。
とうとう私にもメバルが来たが、これは19.8cmという微妙なサイズ。でもメバルが
来てくれたことに素直に満足する。風が急に強くなったため、港内へと再移動。


  港内へ移動後も、ガシの当たりが連発し、19cmほどのガシを確保。私は3か所ともで
土産キープに成功。いい感じの結果。ソルティーは、25cmの良型ガシを確保しており、
ここでも実力を発揮。さらに、探っていき、流れの強いポイントで変な当たりが出て、
エラアライののち上がってきたのは、ヒラセイゴの25cm。この魚はうれしいので小さい
ものの、気にせずキープ。ということで、今回は終了。


  全員に土産があり、しかもそれぞれに良型がいるという、なかなかの結果に満足して釣り納め1を終了。

12/16 篠島

アイナメ カレイ
12 /16 2011
12/16 篠島

■データ

・メンバー:Bigone 
・エサ  :岩虫
・対象魚 :アイナメ(34.2cm 1匹 23.5cm~21cm 4匹)
      クジメ(23cm~21cm 4匹)  タケノコメバル(23.0cm 1匹)

■釣行記

 冬型の気圧配置が強まり、明確に状況の悪い日に釣りに行くことになった。
風は爆風、波はバチャバチャ。湾内でも波で厳しい状況。とりあえず、気合
だけは入っているので、アイナメのポン級を狙いに、探り、投げで勝負。

 釣り開始直後から、風が強すぎて竿が煽られ、とてもじゃないがまともな
探りはできない。重めのおもりで、竿を強引に固定して探る。しかし、あたりが
ないまま、15分ほどが すぎる。この時期の、篠島であれば、餌取りの当たりや、
メバルの当たりがでて、結構忙しいのが定番のため、かなり心配する。

 すると、やっとことで、当たりをとらえる。かなり重々しいあたりだったので、
突っ込んだ瞬間にあわせると、まさかのすっぽ抜け。ポン級アイナメの当たりだと
確信し、再度そのあたりを探ると同様のあたり。今度は思い切り送り込んで合わせる
と、重々しい引きで底を這いまわる。これを浮かせてみると、アイナメではなく、
タケノコメバル。サイズは23cmと、さすがにまあまあサイズ。ひとつ前の餌も飲んで
おり、この魚が犯人と確認。アイナメと確信していたのに、外れだった。



 その後、さらに風が強く、波もきつくなったので、あきらめて風が少しでも
当たらないポイントをとおもい探り続ける。とはいえ、背中から風をうけたり、
正面から風を受けたりとかなり大変な状況が続く。

 しかし、あたりはある程度あり、アイナメの23cmほどのものが2匹ほど釣れる。
この2匹は、飲み込まれていたので、とりあえずキープ。その後、投げ釣りを
回収すると、明確に重い。ロープがあるので、一気に浮かせて抜きあげると
まあまあのアイナメ。34.2cmというサイズでとりあえず、目標のポン級を
一つ確保。



とはいえ、狙いは探りでのポン級ということで、探り続けると、23cmほどのアイナメ、
クジメが釣れる。サイズは非常に安定しており、最大で23cm強、最小でも21cmという
サイズ。各4匹ずつ釣ったものの大型は出ず。土産確保済み、針掛かり良好のため、
すべてリリース。

 さらに、風が強まり、あたりが少し減ったタイミングで餌をかなり余して、
半強制終了。まあ、ポン級アイナメが釣れただけOKと言えるが、探りでクジメが
混じるなど、まだまだ本格的に大型が接岸していない様子。次回に期待したい。



12/9 塩浜テトラ

根魚
12 /09 2011
12/9 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:Bigone 
・エサ  :ボケ 青
・対象魚 :セイゴ(25cm前後 9匹 20cm前後 2匹)
      ムラソイ(18cm 1匹) 
      カサゴ(20.9cm~17cm 14匹 以下数匹)
      タケノコメバル(19.1cm 1匹)

■釣行記
 
 今回は久々のホーム、塩浜テトラ。先週Mさんがセイゴを釣っていたこともあり、
セイゴと根魚の大きいのを狙いに勝負。到着後、手前側のポイントから入る。
まずは、1投目からあたりがあり、チヌのようなもたれ当たりだが、うまく
乗せられず。3投目で同様の当たりでかけたのは、少しエラアライを見せた
25cmほどのセイゴ。飲み込まれたので、これをキープ。



 その後、セイゴのようなひったくりあたりがでて、これを強引に掛け合わせると、
こちらがチンタで19cm。珍しく当たりと、魚のパターンがかみ合わないという
感じだったが、それでもこの日のパターンをつかみ、浅いところでセイゴを
数釣っていく。

 群れが回ると、2匹ずつ釣れるという感じで、セイゴを5匹つったところで、
少し違う当たりがでて、ガシの20cmを追加。ガシを3匹追加したところで、
奥のポイントへ移動を決める。

 移動後は、ガシの入れ食いを想像していたが、ど干潮のため、水深があまりに
なくて少し苦労する。それでも、ガシは頻発18cm前後のまあまあサイズを
2ケタほど、ムラソイを1匹釣る。

 しかし、良型のセイゴが釣れないため、あらためて、セイゴ狙いで元のポイントを
叩いてみることに。1投目でタケノコメバル、2投目で狙いのセイゴときたが、サイズ
が不足。さらに、探って本日最大のガシ20.9cmをキープ。少しあたりが遠のいてきた
ので、ここで終了。





 最近は、良型が釣れず悲しいが、魚の数やまあまあサイズの数釣りという点では、
楽しい釣りと言えた。とりあえず、当面魚の活性が高いであろうし、今後も
楽しませてもらえそうだ。



12/5 鳥羽周辺

メバル
12 /05 2011
12/5 鳥羽周辺

■データ

・メンバー:ソルティ Bigone 
・エサ  :ボケ 青 ウタセエビ
・対象魚 :メバル(23cm ほど 1匹)
      ムラソイ(19.2cm 1匹)  カサゴ(15cm前後 4匹)

■釣行記

メバル25cmへのこだわりが捨てられず、急遽鳥羽方面へ、雨予報もなんのその
2名で気合を入れる。前回新規開拓ができなかったため、新規2か所を探る予定で
スタート。定番の尺メバルPへと入り釣り開始。開始早々に前へ打った青虫に
23cmほどのメバルがかかり、順調なスタート。しかし、そのタイミングで、
スカリをロストしてしまう。

 隣でソルティも26cmとかなりの型を確保。私のメバルはこの時点で、ソルティと
魚を確認しあい、私のほうが1cmほど小さいか?と言っていたが、その後、
ストリンガーの根がかりにより、最終的にサイズ確認すらできず。まあ、
23cmほどありそうだったので、23cmということに。25cmはなかったの
は間違いなし。

しかし、この後さかなの気配がフグオンリーに変化。2回ほどメバルあたりが
あったがお送り込みそこなったりして、魚を確保できず、第2ポイントへ移動。

移動後は、暴風と高波により探ることができるポイントすらほとんどなく、
ここは早々に移動し、最終ポイントへ。

最終ポイントでは、根魚狙いで気合を入れる。気配はまあまあで、チンタ当たり
やガシあたりがでて、なんとかちび根魚を確保しながら、良型を狙う。最後に
19cm強のムラソイを確保したところで、雨により終了。気合を入れたものの、
非常にさびしい結果に落胆して帰路に。今年はメバルに恵まれないようだ。



BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。