FC2ブログ

8/31 国分沖一文字

キジハタ
08 /31 2012
8/31 国分沖一文字

■データ

・メンバー:Mさん NAさん ソルティー Bigone
・エサ  :カメジャコ ストロー虫
・対象魚 :キジハタ(25.5~19cm 16匹)
 その他 :カサゴ(21cm 2匹18cm 1匹) グレ(26・23cm 各1匹)
       
■釣行記

 今回は、恒例の国分での勝負。気合を入れての渡堤となる。天候に不安がある中、釣り開始。
夕マズメから勝負スタートするが、一投目で小型ながらソルティーが本命をぶら下げて戻って
くる。あわてて準備して、サンバソウ狙いへ。

 フグの当たりが3回。気配が薄いと思っているところで、ソル殿が2匹目を釣っている。狙いを
変えて、キジハタ勝負に急遽変更。キジハタ狙いに変えると、早速の当たりで22cm級のキジハタ
が釣れる。今年は小型が多いとのことなので、土産レスの危険を避けるために、とりあえず
キープ。

 魚の食いが立っており、中層からアタックしてくる当たりが頻発。NAさんも順調に釣果を
伸ばしている様子。一発良型に、根に突っ込まれて終了と、そこそこのサイズも混ざって
いる様子。日が完全に落ちて少し食いが悪くなったところで、一気に突っ込む当たりがでる。
送って合わせたが、なんと合わせ切れによるラインブレイク。まあまあサイズが想定された
だけに、惜しいことをした。さらに25.5cmというサイズを追加したりし、結局23~25.5cmを
3匹キープし、1時間強で早くも、10匹ほどのキジハタをつる。

 少し、雲行きがおかしくなってきて、雷が見えるし、遠くでは雨が降っているのがわかり、
厳しい様子。そんな中、NAさんが超大型を浮かせてからのすっぽ抜けによる針外れバラシが
あったとのこと。完全にふぬけ状態になっていた。我々の釣りでは、大型の時は、いつも
このパターンと以前から話しているが、根魚王15号という針でも小さいということだろうか。

 その後、一気に風が強くなり、濁り、波気も入り、海の状況はよくなっているが天候が急変。
ここで雷+強風+豪雨に見舞われ一旦テントに撤退。安全確保のため、わずか1時間ほどで、
国分を去ることに。

 地堤へ転身して、いろいろ探ってみることにする。地堤での狙いも当然キジハタだが、
サイズダウンは避けられないところ。ストローの餌でのチヌも視野に探っていく。今回はMさんが
チヌ狙いを宣言してきているため、チヌの確率の高いポイントを選択して、全員で探っていく。

 結構頻繁に当たりがあり、国分と同サイズのキジハタをパラパラと拾う。ストローを使うと
グレが釣れたり、ガシが釣れたりした。カメジャコ+巨大バリでは勝負できなさそうなチヌ
当たりも数回、これは結局乗せれれず。

 明け方には、Mさん待望のチヌジアイがあったようで、NAさん、Mさんの2名がチヌ・チンタを
連発し、チヌ狙いの目的も達成したようだ。こちらのポイントでも到着直後が一番熱く、その後
パラパラで結局良型は獲れず、今回は明るくなる少し前に終了とした。

 国分は、まあまあの状態で、チヌ+キジハタも含め期待できる状態ではあったが、やはり安全
第一。今回は、残っていても大丈夫だったかもしれないが、雷だけは避けられないため、戻る
判断は正解だったと思う。今後安全は最優先で。また来年にチャンスを残したと考えたい。
スポンサーサイト

8/24 塩浜テトラ

クロダイ
08 /24 2012
8/24 塩浜テトラ

■データ
・メンバー:Bigone
・エサ  :ストロー虫
・対象魚 :チヌ(37.6cm 1匹) コショウダイ(15cm 1匹)
       
■釣行記

 やや久々のHGに食事を終ってからのかなり遅めのスタートで出動。風と波でテトラの1列目は
波で対応不能というかなり厳しい条件ではあったが、逆にいえばチヌとしては絶好の条件と
前向きにとらえて勝負開始。

 チヌ狙いなので、手前のポイントから探るが当たりが薄く、なんとか最初の当たりを出した
のは、探り始めて15分後ぐらい。そのあたりは乗せられず、次の当たりで無事魚を針に掛ける
ことができる。とはいえ釣れてきたのは15cmほどのコショウダイであっさりリリース。その後も
微妙なあたりしか出ないため、少し奥に向かって移動することに。

 移動後もあまり芳しくはないもののたまに当たりが出る状態で、ジアイ待ちの雰囲気。途中
チンタっぽいあたりや、コショウダイ当たりがでるものの乗らない、乗せられないという形
が続く。そこで、少しずつテトラを移動しながら探っていく。

 とうとうその時がきた、という感じでいままでの微妙な当たりとは違い、結構大胆に食い込む
当たりがでる。グレかとも思うが、こういう荒れ気味の時に食ってくるチヌはこういう当たり
だな、と思いながらゆっくりと送り込んでいく。前回の地堤と同じで急加速されてやや合わせの
タイミングを逸した感はあったが、それでも思い切り合わせて勝負開始。すると、外にむかって
かなりの勢いで走り出す。一瞬ビタ止めしようか迷ったものの、外にむかってまっすぐ走っていた
ので、糸を出して体制を整える方向でやり取り開始。結果7mほど走らせて止めに入る。首も
ふるしこれはチヌと確信しながら、テトラ穴に突っ込まないのを確認しながら余裕をもっての
やり取り。タモ入れにことのほか苦労したものの上がったのは、37.6cmというまあ良型と言える
チヌ。今年のHGでは初のまともなサイズにほっとする。



 荒れ気味のテトラでストリンガーに掛けるのに手間どり、時間を使ったが再開直後にも良い
当たりがある。これは、乗せられず、さらに次は根がかりという感じでもどかしい時間が続く。
そして次の一投は、先ほどより少し渋い食い込みながら、いかにもチヌという感じの当たりが
出る。今回はちゃんと合わせてやるつもりだったので、送り込みの後テンションをかけてから、
思い切り合わせて先手を取るという万全の状態で勝負開始。この魚は下へと豪快に
突っ込むので当然止める方向で対処。先ほどの魚と同サイズと思われる引きだったが、止め
まくったので、これはこれで非常に楽しい。思いっきりパワー勝負ののち穴から引きずり出し、
左右の動きをいなす。そして、浮かせてタモ入れ、と思ったところでまさかの針外れ。強引に
やり取りしたので、唇切れだと思われるが、これも先ほどと同型と思われる良型のチヌだった
だけに残念。

 その後、つぎの一投でそれっぽい当たりを逃がし、それ以降は当たりが遠のいて今回の釣りは
終了。ジアイは短かったが明確にチヌジアイがでて面白かった。しかし、ここまで確率が低い
のは、さすがに腕が鈍いと言わざるをえない状況だった。ちなみに、今回の魚は、腹がパンパン
のなかなかの好魚体だったが、カラス貝まったく食っておらず、今年のHGはカラス貝がないのが
理由で良型チヌが寄っていない可能性が高そうだ。

8/15 KN

キジハタ
08 /15 2012
8/15 KN

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :ストロー虫
・対象魚 :キジハタ(23~19cm 3匹)
 その他 :チヌ(43.2cm 1匹 22.5cm 1匹) グレ(30~22cm 3匹)
 カサゴ(21cm~16cm 3匹)

■釣行記

 今回は、久々のKNへ。当然のアズキ狙いながら餌が準備できず、ストロー虫オンリーという
厳しい状況。グレとチヌが中心になることをある程度覚悟しての短時間限定での釣り開始。
まずは深場のヘチから釣りを開始する。

 探り始めて早々から当たりがあるものの、前回地堤巡りで当たったサイズと同じような
ビリアズキと思われる当たりのみだったため、早めに見切って今回楽しみにしていた
第2ポイントへ。ここでは浅いところから丁寧に探っていく。すると、早速の当たりでいつも
通りの良型グレが釣れてくる。竿の弾力で溜めて糸鳴りをさせるところは結構楽しいと
言えるが、釣れてくるのは予想どおりのグレ・・。

 その後も、さすがにこのポイントは魚が多く、当たりが頻発する。そんな中キジハタっぽい
当たりを拾って無事上がってきたのは19cmほどというかなりさびしいサイズのキジハタ。
とはいえ、まずは本命であることに一安心。この後連発を狙っていたがそうはいかず、
微妙な当たりのグレに苦労する。

 先端付近で、あまりに乗らない当たりが続いたため思いっきり送り込み続けていたら、
いきなり走られて竿を伸された。すっぽ抜けて外れたがこの魚はでかかった。きっとグレ
だったと思うが、あれがキジハタなら良型確定だったが。

 さらに、この状況が続いて送り込み重視で探っていると、すーっと穂先が入る当たりがでる。
気にせず送って待っていると、これも一気に加速して穂先が水の中に。完全に走っているので
やや強めに合わせて、外にあしらってから勝負開始。当たりの感じから、グレだと判断し、
外目で先手を取りながらやり取りするが、途中の突っ込みがヘビーで結構走られる。止めに
入った時の重さがかなりで、グレなら35cmクラスかな、と思っているとやや首を振る感じが
伝わってくる。重みもかなりのものなので、チヌの可能性が高いなと思いつつ、外に走った
魚なので引きを楽しみながら余裕のやり取り。浮かせたあとは珍しく一発でタモ入れ成功。
43.2cmというチヌで、今回の本命ではなかったが、このサイズなら素直にうれしい。今年も
無事40UPを確保することができたことに、ちょっと満足する。



 その後、第3ポイントへと移動。探っていくと、まあまあのガシが釣れたり、グレが釣れたり
するが、なかなか本命に出会えない。もともと強めに吹いていた風がさらに強くなって港内も
波気が強くなってきた。そこで、最後に浅いポイントで、型はやや期待薄ながら、キジハタの顔
を見ようと決め、シャロー打ちを開始。開始直後から当たりが結構でて、活性もまあまあ上がって
きた様子。グレを釣り、その後キジハタっぽいガツガツ当たりで残念だがチンタが上がってくる。

 さらに、次の当たりはもっとキジハタっぽいもので、しっかり乗せてから合わせると、少し
引く魚で21cmの本命。とりあえず、写真だけ撮った。しかし、これも小さかった。



 続けて探っていくと、今度はもう少しいい魚に出会えたらしく、合わせた瞬間一瞬だけ竿が
しっかり曲がる。しかし、そこまでで終了。これは23cmほどというサイズで本日最大だったが、
前回の最大には及ばず。今回はキープサイズを25cmに設定していたし、連発していたので、
まだ次があると思い、写真も撮らずさっさとリリース。

 しかし、当たりが連発していたため、気がつくと餌がもうわずか。その後グレの当たりで
あっさり餌を消費してしまい、釣り自体が強制終了。しかし、最後のジアイはなかなか高活性
でひょっとしたら、粘れば良型にも出会えたかもという感じだった。

 今回は、狙いとは違うものの、チヌ40UPが出て、短時間勝負で小さいながら本命の顔を見て
というあたりは満足すべき状況ではあるが、狙いのアズキのサイズには不満が大きい。今年も
アズキの25upは最低限クリアしておきたいところだ。

8/13 内海→亀崎

キス
08 /13 2012
8/13 内海→亀崎

■データ

・メンバー:Bigone 親父
・エサ  :石ゴカイ
・対象魚 :キス(20.5~16cm 11匹)
      ハゼ(13~8cm 8匹 ちび数匹)

■釣行記

 この釣行記で、キスをまじめに釣る記事を書くことになるとは思っていなかったが、親父殿
が前回の釣行でのキス爆釣をうけ、再度キスに挑戦したいとのこと。早朝から知多半島で
キス釣りをすることに。どうせ、まともに釣れないので、だめならハゼということ予定で
内海方面へ。

 昨年、少しの釣りでキスの顔をみることができたポイントへ向かう。夜明けすぎから
釣り始めると、1投目で18cmほどのキス。数投後に16cmほどのキスが釣れる。ところが、
細かい海藻が絡まり付き、非常に釣りにくい状態となってしまう。

 そこで、移動して、少しでも海藻の少ない場所を探す。移動後の1投目でいきなり、
19cmほどのキスを追加、次の1投は18cmと16cmの2連、と安定釣果モードに入る。知多の
キスと言えば、ピンギスが定番だが、ここのキスは16cm以上の型揃いで17~19cmが
レギュラーという十分な型だ。

 チョイ投げで釣れていなかった親父にも、距離の出る仕掛けを準備したところ、2人とも
安定釣果に。途中、デカギスのような穂先をひったくる当たりで20cm強のキスが釣れ、
結果私が11匹 親父が4匹 の計15匹 釣ったところで、ジェットスキー登場、日も高く
なったので、一旦終了。しかし、知多でまともにキス釣りをしたことも久々だし、こんな
にいい釣果に恵まれたのも初めてだった。とはいえ、カルキスが4匹も入っていて残念。

(写真の魚はクーラー保管後で、全体にちぢんでいます)


 餌も少し残りがあったので、第二弾でハゼ釣りに。こちらは、キスの予想外の好釣果とは
反対に非常に厳しい感じだった。ど干潮、昼間という環境で、まあ、釣りづらい時間では
あったが、とりあえず気合をいれて探りまくって、8匹ほどキープしてほぼエサギレ終了。
時期も早すぎたのか、ジアイが悪かったのか、まあそれでも少しお土産を確保できた程度の
魚は釣れた。

 久々の本気のファミリーフィッシング?だったが、前半のキスがまさかの好釣果でなかなかに
楽しめた。1年に1回ぐらいはこんな釣りに行ってもよいかもしれない。

8/10 蒲郡港→塩浜テトラ

クロダイ
08 /10 2012
8/10 蒲郡港→塩浜テトラ

■データ

・メンバー:ソルティー Bigone
・エサ  :ボケ 青虫
・対象魚 :クロソイ(14cm 1匹)
      チンタ(24cm 1匹) コショウダイ(26cm 1匹)

■釣行記

 今回は、蒲郡で好調という話のクロソイ狙いでソル殿と初めての蒲郡へ。とりあえず
実績のあるポイントを聞いていたので、そこに入る。まったく当たりがないわけでは
ないが、らしいあたりがないという微妙な雰囲気の中、1時間ほど探り、結局14cm
ほどのクロソイが1匹釣れたのみ。ジアイでなかったということかもしれないが、
期待はずれに。



 とりあえず、餌も残っているので思い切って大移動。相談の結果HGの塩浜でチンタでも
狙ってみることに決定。例年なら30cm以上のそこそこの型が釣れるポイントだが、今年は
チンタしか釣っていない。とはいえ、遠くに行くのも面倒なので、そこそこ近いポイント
からスタート。

 到着後から微妙な当たりが続いているが、のせられない状態が続く。結構食い込みそうな
当たりが乗らなかったり、カニにやられたりで少し時間を使う。その後、やっとのことで、
少しビリビリする当たりをとらえて合わせる。

 かなりいい引きをする魚で、首を振るがストロークが小さい。何だろうとおもいながら
やり取りしてくると、魚の引きはさらに強くなる。結構真面目に耐える必要のある引き
だったりしたが、なんとか手前まで寄せてくると、コショウダイらしき魚が浮いている。
最近の定番で糸を持ってキャッチすると26cmほどのかなり良い型のコショウダイだった。
どおりでこれだけ引くんだと納得。



 その後、さらに探っていって、チヌっぽい当たりが出る。結構いい感じに送り込みがきまり、
合わせると当然のごとく突っ込む。しかし、サイズは小さいので結構あっさり浮かんできて、
これも糸を手繰ってキャッチ。サイズは24cmほどだったが、狙いのチンタ。しかし、今年は
ここで釣れるチヌのサイズが小さい。



 餌も残っていたが、妙に疲労感が高く眠かったため、ここで終了することに。今年は
相変わらずサイズが小さい魚しか釣れない状態が続き、なんとか魚を確保が続いている
気がする。

8/3 地堤巡り

キジハタ
08 /03 2012
8/3 地堤巡り

■データ

・メンバー:NAさん ソルティー Bigone
・エサ  :カメジャコ ストロー虫
・対象魚 :キジハタ(23.8cm~22.0cm 4匹 21.9~18cm 8匹)
      チンタ(16cm 1匹)

■釣行記

 今回は、時期的にアズキ狙いの地堤巡りに。昨年の国分でまさかの釣果に終わっただけに、
今年は趣向をかえた地堤巡りでの結果に期待したいところ。

 とりあえず、第1Pはアズキ中心の実績場で、ここからスタートする。大まかにポイントが
3か所に分かれるため、全員がそれぞれに分かれて探り始める。明るいうちから釣り開始すると、
早々にソル殿が、20cmほどの本命を釣ったとのこと。そうこうしているうちに、日が傾き
雰囲気がでてくる。すると、私にも本命の当たりが出て、ゆっくりと送り込んで合わせる。
そこまでの強い引きではなく、あっさり上がってきたのは、22cmほどのキジハタ。小さいながら
とりあえずの本命確保にほっとする。

 その後、すこし良い当たりをとらえたが、乗らず。その次の一投で中層から完全に突っ込む
当たりをしっかり送り込んであわせる。先ほどより少し大きいと思われ、24cmほどの魚を
浮かせて引っこ抜いたが、まさかの空中で針外れ。

 暗くなり、一度NAさんの居るポイントに移動し、23cmほどの型を1匹追加。そのころには
ソル殿が28.5cmという良型を確保し、一人満足モードへ。結局この後少し当たりが途絶えた
ため、第2ポイントとしてSTへ。

 STといえば、私のHG的なポイントで絶対の自信があるところ。とはいえ、キジハタは、
昔ほどは釣れず、なんとか丁寧に探って結果をだしたいところ。探り始めると、ともかく
頻繁に当たりがでるが、どうも20cm程度のものばかり。途中22cmを1匹キープしたが、
それ以降、どれだけ釣っても20cmそこそこ。ということで、釣り場内で大移動をかます。

 釣り始めると、それらしい当たりがでるが、乗せられないという微妙な状態が続いた。
26時終了予定だったため残り時間も少なく、丁寧に探っていると、浅いところで微妙な
あたり。チヌかも?とは思ったが思い切り合わせて浮かせると、本日最大の23.8cmの
キジハタ。かなりさびしいがお土産としてとりあえず持ちかえる。

 その後、付近のポイントで良型の当たりが出る。当たると一気に穴に持ち込む非常に
いやらしい当たりが続いていたため、少しだけ送って大合わせする。少し穴から
引きだしたがその後、竿を一気に伸して穴に突っ込む。でかいと声にだしたかどうかという
ところで穴の中にもぐられ、竿がうごかなくなる。そして、出てくくるのをまって、
緩めていたが、うまく針を吐き出したらしく、何事もなかったかのように針がもどってきた。
30cm近いキジハタだと思われるだけに、さすがに残念。

 さらに、付近で非常に重い当たりを出す魚を発見しなんとか釣ってやろうと努力した結果、
釣れたのが16cmほどのどチンタ。これでがっかりして、本日は終了。魚の種類と数は予定通り
だったが、サイズだけは全くの想定違い。サイズの小ささが半端なく、今後の釣行については、
もう少し検討が必要だ。

 

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。