FC2ブログ

8/23 静岡方面2か所

ヒラセイゴ
08 /23 2013
8/23 静岡方面2か所

■データ

・メンバー:Mさん ソルティーBigone 
・エサ  :ストロー ボケ 青虫
・対象魚 :チビレ(22cm 1匹) 
      ヒラセイゴ(34cm 32cm 各1匹)
      ガシ(22・21cm 各1匹) チンタ(23cm 1匹)

■釣行記
 予定の釣行が天候の影響でキャンセルとなり、最近のMさんのお気に入りの、
静岡方面へと向かうことにした。今回は、予定の釣行に気合を入れていた
ソルティーの悪運のせいか、釣り場その1もとんでもない状況。1時間の
釣りに限定して勝負開始。

 狙いの魚はキビレ・セイゴ・チヌだったが、残念ながらどチンタが
釣れる程度で時間が過ぎる。最後に少しましな当たりが出て釣れたのが、
チビレ22cmで時間終了。

 続いて第2ラウンドへ。いきなりMさんが早々にヒラセイゴのまあまあサイズを
確保しており、私もその付近から釣り始める。当たりは頻繁にあったが、2発
合わせ損ねてしまった後は、魚の種類がかわり終了。

 そうこうするうちに、Mさんが別ポイントでヒラセイゴを2匹追加して、爆釣モード
とのこと。私もあわててそちらに向かうと、1投目でいきなりのヒット。まあまあの
引きを堪能していると針外れ。先ほどの素バリといい、ハリが悪い・・・ということに
気づき、あらためて、ハリを結びなおして釣り開始。

 さらに直後に掛けたのは34cmという良型のヒラセイゴ。独特の猛烈エラアライを
堪能して無事確保。となりではMさんが40cmのチヌを釣りあげており、なかなかの
状況。そして、わたしも32cmのヒラを追加して、とりあえず土産確保に成功。

 最後に、私もチヌを釣りたいと移動してがんばったが、ガシ2匹、チンタ1枚の結果で
今回もチヌサイズを釣らず終了。とはいえ、ヒラの刺身・ムニエルは最高の食味で久々
に堪能した。まあ、可もなく不可もなくという結果が続いているが、そろそろ爆釣、
満足・・と言いたいところだ。


スポンサーサイト

8/17 塩浜テトラ

クロダイ
08 /17 2013
8/17 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:Mさん Bigone 
・エサ  :ストロー 青虫
・対象魚:チンタ(28cm 24cm 各1匹)
     コショウダイ(33cm 1匹)
     セイゴ(33cm~29cm 7匹) 他

■釣行記
 久々のHGへ。風が強く波立っていて、チヌ狙いの状況としては
最高といえる雰囲気。とりあえず気合を入れて釣り開始。チンタPを
避けて、定番Pでの本気勝負とした。ここでのレギュラーは30強
なので、今年初のチヌサイズを・・という淡い期待もしながら開始した。

 当たりはすごく多いことはなかったが、まあまああると言う感じ。
最初に来たのはグレ。サイズは22cmほど。次の当たりはいかにも
良型チヌという感じの食い込みで際穴の中層で当たる。これはと
思っていると一気に穂先が入ったので思い切り合わせると、
まさかの素バリ。

 この後、チンタっぽいあたりが続き、なんとか1枚目を確保。
さらに、セイゴが釣れ始める。少し移動した先はセイゴの活性が高く、
このあたりはセイゴが回遊しているようだ。サイズは30cm前後と
悪くないが、ストローがどんどんなくなっていく。結局途中チンタを
1枚まじえて、セイゴは数本釣った形となった。そろそろ帰宅か・・
と思っていると不思議な当たりが出た後、一気に竿を絞り込んでいく。
とても片手で耐えれる感じでなく、両手で応戦。トルクのある独特の
突っ込みの引きに魚の姿が想像できた。

 上がってきたのは33cmのコショウダイ。このサイズともなると
よく引くし、楽しい。時期的にも、この魚もいるだろうと話していた通りの
結果となった。いい引きだった。ということで、まあ、悪くない結果と
言い聞かせておくことにした。雰囲気どおりの魚の動きだっただけに
残念だったとは思うが・・・。次回以降に期待したい。

8/12 KST

キジハタ
08 /12 2013
8/12 KST

■データ

・メンバー:Bigone 
・エサ  :チロリ 青虫
・対象魚:キジハタ(24.5cm~22cm 5匹)

■釣行記

 お盆釣行2日目。今回は、型よりは数のイメージの、KSTへ。
もちろん狙いはキジハタオンリーだが、餌が青のみ。ひょっとして
食ってくるかもということで、チロリを追加してみた。

 このポイントはほぼキジハタしか当たらないという印象だが、
早速釣り開始直後に当たりがでて押さえ込んでいく。これはと
思い大合わせすると、キーンと竿なりがして一気に竿を絞り
込んでいく。いきなりの良型と喜んだが、浮いてきたのはグレ。
30cm弱だったが、これは残念だった。

 その後、丁寧に探りを入れていくと、本日1匹目は22cmほどの
キジハタ。途中いろいろなパターンを試した結果、結構安定して
当たりのでるパターンを発見し、そのスタイルで探り続ける。
 途中、じわーと重くなるいい感じの当たりがでる。虫餌なので
丁寧に送り込んで突っ込むまで待ってから合わせると、2匹目、
結構いい引きだったが、これが本日最大の24.5cm。

 以前ならリリースサイズだったが、ここのところ、ST方面でも
良型は珍しいので、とりあえずキープ。さらに、24cmを2匹。
最後に21cm1匹確保して、これをリリースして終了。

 まあ、かつてのここでの釣りでは、良型交じりで、26cm程度が
中心のサイズだったがそれに比べると、少し小さかった。とはいえ、
STよりは少し型がましだったので、釣りと食味では十分楽しむことが
できた。やはり、大きいものが釣れなくても釣りは楽しいなと再認識し、
最近良型に恵まれていないことを、あまり気にしないでおこうかな・・
と思ったりしている。





8/10 ST

キジハタ
08 /10 2013
8/10 ST

■データ

・メンバー:Bigone 
・エサ  :ストロー ボケ 青虫
・対象魚:チンタ(28・25・22cm 各1匹) 
      キジハタ(23cm~20cm 6匹)

■釣行記

 盆休み恒例のST方面。今回はSTで初日を迎えることに
決めていたので、こちらへ。狙いはもちろんキジハタ。
得意の釣りを展開していくことにした。時間も遅くジアイ
からはずれている予測ではあったが、それにしてもあまり
当たりが多い状態ではなく、時間が過ぎていく。

 前へ打ったりヘチをさぐったりしていたが、ようやく
それらしい当たりがでたのは40分ほどたったところ。
合わせると、頼りない引きで21cmほどのキジハタが
上がってくる。この後、いろいろな釣りで計4匹の
キジハタを確保したが、どれも小さく最大22cm
ということで、すべてリリースとなった。



 キジハタ中心の狙いで、引き続きテトラを探っていくと、
ここではグレやチンタの当たりもでる。いい引きをみせたのは
本日最大28cmのチンタ。これはタモ入れが必要だった。
しかし、今年は30cmを超えないので、今年のクロダイは
チンタのみが続いている。結局キジハタも2匹まじったが
こちらも23cmが最大ということで、チンタ3枚+キジハタで終了。

 釣れるには釣れたが、サイズが不満という今回の釣行となった
まあ、とはいえ第3HGといえるSTはポイントの豊富さや探りがいも
あって、非常に楽しい釣りになるな・・とあらためて実感した。

8/9 静岡方面2か所

キビレ
08 /09 2013
8/9 静岡方面2か所

■データ

・メンバー:MさんBigone 
・エサ  :ストロー ボケ 青虫
・対象魚:チンタ(ビリ多数) チビレ(22cm 1匹)
      セイゴ(32cm 1匹 ビリ2匹)

■釣行記

 Mさんの気合により休み前の静岡方面へ。今回は2か所の
予定で勝負開始。しかし、一か所目は全くの不発。夏なのに
魚の気配が全くないという酷い状況で、1時間半で当たりなし。
早々に移動する。

 そして2か所目。一転当たりは連発。まずは、1投目で
チビレ22cmを確保し、魚の顔を見る。その後は当たるが、
チンタばかり。サイズも18cmまでという小型のチンタばかり。
ここでも、マッチ箱サイズが結構混じる。

 さらに探っていきストラクチャー付近を攻めると、
ふっと軽くなるような当たりがでて、穂先を押さえこむ。
キビレかと思ったが、エラアライをする魚でセイゴ確保。
サイズは32cmほどということでまずは、らしい魚が
1匹釣れてほっとする。

 直後にいかにも良型チヌっぽい当たりがでたのだが、
丁寧に送り込み過ぎて、ハリを噛んだのか、吐き出されて
しまった。その後、この魚は当たってこなかった。Mさんは
この直後38cmのキビレを確保、さらにもう1匹良型の
バラシがありまあまあの結果を出していた。

 私はこれ以降、まともな魚が釣れず、チンタの数釣りに
明け暮れてしまった。残念ながら今回はここまでで終了。
魚は多く、デカイものも可能性がありそうで、2か所目は
さすがのポテンシャルだったと言えるが、私の竿に大型が
かからず残念。

8/3 浜名湖 湖内

クロダイ
08 /02 2013
8/2 浜名湖 湖内

■データ

・メンバー:Mさん Noageさん Bigone 
・エサ  :ストロー ボケ
・対象魚 :チヌ(30cm 21cm 20cm 各1匹 ビリ数匹)  
      カサゴ(18cm 1匹)
      セイゴ(23cm 2匹 ビリ数匹)

■釣行記

 今回は比較的アクセスがよい浜名湖の湖内方面での新規開拓。
チヌ・セイゴが濃いとの情報をもとに狙ってみる。捨石あり、
岸壁ありという感じのポイントで雰囲気は非常によい。
水深は浅いが丁寧に探ってみる。

 まずは本命ポイントといえるヘチから勝負開始。明るいうちに
3歳が一枚上がっていたとの話なので、まずまず小さいながら魚は
いるだろうと踏んで釣り始める。当たるタナを超浅場という想定で
探っていくがどうも超びりセイゴの当たりしか出ない様子。そこで、
思い切ってボタ底を探る形に変えてみる。少しそれらしい当たりが
出だす。ある程度ボタ底に変化のあるところがポイントのようで
根がかりがあるところを探ると当たりが頻発する。

 最初に掛けたのはMさん。15cmほどのチンタとのこと。
私の方もその直後ボタ底で当たりがでる。しっかりと送り込んで
掛け合わせたのは20cmジャストというサイズのチンタで
まず1匹確保。続いて、ボタ底を探っていくと、少しそれらしい当たり
が出る。すぐに突っ込んでいく感じでなかったので、ものすごく
送り込んでから鬼合わせ。キーンと糸鳴りがしていい感じの引きが伝わる。
糸を出すほどのサイズではなく、実寸で30cmというクロダイで、
これはタモ入れして確保。新規Pでのこの結果はまずまず悪くない。



 NAさんもチンタは釣れていたようだが、皆型ものには巡り合えない。
ボタの宙にも探りをいれてみると、ここでもチンタ。21cmと言う
サイズだったが、魚の数はまあまあいそうな感じだった。さらに岸壁を探って、
セイゴの23cm級を2匹釣ったところで、捨石Pに移動する。

 NAさんが先行し、チンタやハゼが釣れるとのことだったが、言葉通り
当たりは頻繁にあり、15cm級のチンタが数釣れる。結局餌切れまで
大型は混じらなかったが、マッチ箱サイズから18cmほどのまでの
チンタが数匹と言う形で終了。もう少し型ものが混じる雰囲気が
あっただけに小型中心でやや残念な結果だった。

 とはいえ、初挑戦でこれだけチンタ・チヌの顔が見れたというのは決して
悪いものでなく、今後もう1・2回挑戦してみたいと思う。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。