FC2ブログ

10/18 塩浜テトラ

セイゴ・マダカ
10 /18 2013
10/18 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :ボケ ストロー
・対象魚 :セイゴ(29~20cm 8匹)

■釣行記
 先週は釣りに行くつもりが、諸事情と風にはばまれ、今週こそは
ということで、久々のHGでのチヌ+根魚狙いでの釣行となった。
数年前なら、この時期にはソイ・ガシが爆釣というパターンもあったし、
落ちチヌの爆釣という形もあったので、期待をしての釣り開始。
久々なので、定番Pでの釣りとした。

 ところが、到着前からの雨で、テトラが濡れて機動力を奪われてしまい、
非常に苦しい状況。それでも、一投目からセイゴと思しきひったくる
当たりがでて、さらに数投後にはチンタっぽい当たりが出たりして、
活性が良い感じだった。ところが、これを最後にぱったりと当たりがとまる。
どうも、ジアイの最後に到着したらしく、一転、苦しい釣りになってしまった。

 このままボーズすらあり得るな、と不安になりながら探り、際・前・穴と
探りきったので超前を打ってみることにする。すると、即座に反応。
どう見てもセイゴの当たりだったが、一発目は走られて素バリ。次の一投は
一気に突っ込まれず時間を掛けられたので無事に合わせることに成功。
まあまあの引きで上がってきたのは、30cmを少し切れるサイズのセイゴ。
これでほっとして、リリースし次を狙う。

 ここからは、単発でセイゴの当たりがでるが、以降は最大でも25cm程度
という微妙なサイズしか釣れず、むしろ時間ばかりが過ぎていく。違う魚は
唯一フグだけという形でまあ、魚は釣れたけど・・・というさびしい結果となった。

 毎週は、いい結果には巡り合えないと思っているので、これはこれで十分楽しい
釣りだったとは思うが、やはりいい時期だけにもう少しは、というのが
正直な気持ちだ。さらに、セイゴ以外魚がいないという現実に、今年のHGも
期待薄か?という思いにもなった。
スポンサーサイト



10/4 焼津漁港

ヒラセイゴ
10 /04 2013
10/4 焼津漁港

■データ

・メンバー:Bigone Noageさん
・エサ  :青虫 ストロー
・対象魚 :ヒラセイゴ(36cm 25cm 各1匹)
      マダカ(62cm 1匹)
      ガシ(20cm 1匹) チンタ(24cm 1匹 ビリ数匹)
      キビレ(22cm 1匹)

■釣行記
 今回は、ひさびさにNAさんとの2名釣行。狙いは安定感ばっちりのヒラセイゴ。
この魚は引き味と食味両方楽しめる上に、今年は釣果が安定しているとあっては
見逃すわけにはいかないターゲット。ということで、キジハタがイマイチな
こともあり、ここに狙いを絞っての釣行とした。

 まずは、実績Pへと入り様子を見る。数投したところで潮の動きがあまり
良くないことを理解しつつ探っていく。すると、早速NAさんが竿曲がり。小さい!
と言っていたが、エラアライの後潜行する独特の引きで竿を絞っている。サイズは
33cmほどだろうか無事タモに入り、早速の本命登場。

 その後、私には当たりがないな~と思うこと数投後、穂先をひったくる当たりと
同時にエラアライして勝負開始。結構いい引きをする体高のある魚で寄せて
無事タモに入れると、36cmというサイズのヒラ。本命お土産確保で
相当気持ちいいスタートとなる。



 爆釣を期待して探るが、その後気配なく、少し移動しながら魚の様子を探る。
移動後最初に乗ったのは、キビレ。腹パンの魚体で22cmほどだったが、
思いの外良く引く魚でそれなりに面白かった。その後、ヘチを探っていくと
26cmほどのヒラセイゴ。これはエラアライ2回ののち、引っこ抜いて確保。

 そして、浅場を丁寧に探っていると、ゴツンと当たった後に軽く押さえる当たりが
でて、結構早合わせ気味に竿を立てる。すると、ジワーッと穂先をしめこみながら、
手前に動き出す。幸い、掛けた浅場から手前に向けて動き出したため体制には十分に
余裕がありここから勝負開始。溜めて止めにかかるものの、トルクが太く簡単に
止まる気配がない。魚が怒っている様子ではないので、ここはいなして獲ろうと決め、
急なロッド操作や糸の出し入れを避けてじわじわと寄せてくる。数度突っ込みで糸を
送ったが、これもごくごくわずかの糸出しにとどめ、竿の弾力で溜めまくって寄せる。
寄せてからも2分ほど弱らせてようやくネットイン。途中からマダカとわかっていたが、
結局一度もエラアライさせずタモまで誘導。62cmと自己記録の1匹に大満足。
引き的には、福井でブレイクしたやつのがはるかにパワフルだったが、それでもまあ、
良型確保でうれしくないわけがない。


 後は続かず、5cm級のチンタ・チャリコの連発といった状態に。

 この後、またポイントを変えて、クロサギの23cm・ガシの19cm・チンタの
24cmという感じで魚を安定して釣ったところで私は、エサギレ終了。その直前に、
NAさんが良型を掛けてラインブレイク、さらに、終了間際に誘いを変えて、
ヒラ・マルの25cm級を数匹連発してお土産追加したところでこちらも終了。

 焼津はさすがに出ますね・・という言葉が懐かしく感じた焼津釣行。今後も、
定番Pとして引き続き釣行することになりそうだ。



BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。