FC2ブログ

9/27 巴川

アユ
09 /27 2014
9/27 巴川

■データ

・メンバー: Bigone  
・エサ  :友釣り 
・対象魚 :鮎 (17.5~15cm 3匹)

■釣行記

 今回は、増水で下流域は苦しいかな?と思いながらも、減水の
情報を頼りに前回同様鵜ヶ瀬へとむかった。

 前回より15cmほど水が高く、チャラ瀬だったところが、
ガンガンに流れていたり様子が相当ちがう。とりあえず、前回の
実績のポイントが空いていたので、同じような狙いで釣ることにした。
今回のおとりも、そこそこ元気で使える状態のものだった。

 開始直後から、前回最初のおとりをとった、ポイントを丁寧に
探るが一向に気配がない。かなり長い間、いろいろなところを
探りまくったが、結局1匹も取れず。周りの人もかからない・・・
とのことで、2時間経過したところで、私は0匹。周りの人も2.3匹が
マックスという状態。

 ここで、思い切って上流へと移動してみる。これも前回と同様の移動
ではあったが、ここで瀬の中におとりをぶち込み、前回の再現を狙う。
ところがここにも魚がおらず、さらに苦しい状況。ここで、おとりを
流心から外して泳がせていると、微妙な目印の変化。これをとらえて、
ゆっくりと寄せて、無事1匹目。15cmほど、とぎりぎりおとりに
なるサイズ。

 このおとりは小さいが非常に元気で、やる気満々。縦横に泳ぎまくる。
とはいえ、魚がいないので、なかなかかからない。さすがにこのサイズ
では流心で止めることもできないな、と思いながら、対岸の流れ込みへと
魚を誘導すると、明確に目印に変化。これに反応し、竿を立てると、
おとりよりは少し大きなサイズの鮎がかかっている。丁寧に寄せた
つもりだったが、魚が小さいために、水面ではねてしまい、その
タイミングで、針外れ。

 この後、チビおとりだけに元気がなくなり、さらに上流へと移動する。
ここでは、淵の大岩を狙って、購入おとりでの引き釣りを試す。岩の裏に
入った瞬間に手元にあたりが出る。さっきよりは大きい感じの魚で、
17cm強。2匹目を確保しほっとする。この魚をおとりにして離すと、
足元から徐々に上流に向かう。次の岩の裏で、またしても手元にあたり。
ほぼ同サイズの鮎がかかっており、無事タモに確保。ところが、この鮎は
腹がかりのせいか、いまいち元気がなく、この後は続かず。終了。



 ほぼ同時間を釣っていた数名の話でも、最大で5匹程度と、鵜ヶ瀬全体に
貧果だったようで、しょうがないか?と言い訳できるような状態だったようだ。
それでも0でなく、いろいろな釣りを試して魚をかけることができたことも
収穫。今年は、あと1回あるかないか、ぐらいかもしれないが、徐々に
わかることが増えてきた気がする。

スポンサーサイト



9/26 塩浜テトラ

クロダイ
09 /26 2014
9/26 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:Mさん Bigone 
・エサ  :ストロー
・対象魚 :チヌ(ボーズ)
      セイゴ(25cm 1匹 以下3匹) グレ(30cm 1匹)

■釣行記

 鮎と遠征により、ほんとに久々のHG、ここに来るのが久々というのは、
ちょっとどうかな?と思う最近の状況ではある。さて、今回は風があり、
水面も波気があり、雰囲気は悪くないが、波しぶきが高く前列のテトラ
には立てない状況。

 翌日に鮎釣りに行く予定なので、ストロー10本の短時間勝負をもくろみ
釣り開始。一投目からあたりがあり、さらに三投目にして魚がかかったが、
突っ込まれて貼りつかれて終了。という状況ののち、魚の反応のない時間が
続く。

 その後いろいろ探り、結局あたりがあるのが最初のゾーンのみという
ことがわかる。ここで丁寧に探って、ようやくかけたのは、30cmほどの
グレ。よく引くが、これは当然のリリース。この後、反応の悪さにチンタP
へと移動する。

 チンタPでは、セイゴ25cmほどを釣り、さらにビリセイゴを釣る。
その後、どっからどう見ても、チヌっぽいあたりがおなじポイントで数度。
30秒ほど送り込んでも走り出さず、テンションをかけると、吐き出す。
というパターンが続き、結局かけられず。以外に時間が過ぎていたので、
このまま終了。

 HGといえば、確実に魚を釣らせてくれるイメージだったが、ここまで
疎遠になると、HGといえども、冷たいもので(笑)、貧果に終わった。ただ、
チンタpでの送り込みは2回はパーフェクトといえるもので、まあ、だいぶ上手に
釣りをしたかな?と思う。あとは運だといい聞かせて、今回は終了。
明日もあるし。


9/21 巴川

アユ
09 /21 2014
9/21 巴川

■データ

・メンバー: Bigone  
・エサ  :友釣り 
・対象魚 :鮎 (19.5~17cm 7匹)

■釣行記

 今回は、先日の0匹でへこみまくった気持ちに鞭打って、
鮎釣り勝負に。いつもとは違い下流域の鵜ヶ瀬で勝負する。

 おとり屋前の駐車場で、いろいろな情報交換をさせてもらい、
おとり屋下のポイントへと向かう。とりあえず今回は1匹は
釣りたいと思いながら、ていねいにおばせて釣っていく。
ポイントは、いかにもというような大岩のある瀬でなかなかの
雰囲気。

 釣り始めて40分ごろだったか、とうとう最初のあたりがでる。
岩の外側でふっと目印がよれて、下り始める。明確なかかり
あたりで、ゆっくりと寄せて無事確保。これで、坊主がなくなった。
さらに、おとりを変えて泳がせると、今度は流れの外へ走ったおとりが
一気に下りだす。これもゆっくり寄せて2匹目確保。

 ところが、この後はかからないタイミングとなってしまい、
周りの人も同様の状況となった様子。ほかの人は下流へと探って
いったので、私は逆に上流に戻りながら探っていく。なかなか
かからないので、思い切っておとりを交換してみる。おとり店で
購入したおとりが結構大きいので、思い切って流心に流し込んでみる。
すると、少し間をおいて一気にかかって目印が飛ぶ。いい感じの
かかりかたに、にやにやしながら、竿を立てる。いい引きなので
ためて・・・とおもっていたが、ためる前にふっと仕掛けが
軽くなってしまった。親子ドンブリで、道糸バッサリ。岩にでも
擦れたのだろうか。とてもきれるテンションではなかったが、
残念だった。

 その後、再度おとりを購入おとりとし、流れの中にぶち込んでいく。
今回は少し流れをはずれたところを泳いでいたおとりが、ガンガン瀬の
流心に入った瞬間目印が飛ぶ。先ほどよりは小さいので問題なく
寄せてきてタモ入れへ。と思ったところ、引き船のひもにかかり鮎が
引っかかってしまい、もたもたしているうちにタモから逃げてしまった。

 2発連発のミスで結構ショックを受けたが、魚はかかっている
ということで、引き続き探っていく。次の魚は流心の手前で。ブルっと
当たって魚がかかる。今度は引き船に気を付けてよせてくると無事確保。
本日最少の15cm。これをおとりにして泳がせるが、流れが強いところ
には対応ができず、早々におとりをもとに戻す。

 このおとりは活躍が目覚ましく、今度は下流側に泳がせていった時に、
目印が走って下り始める。かかり当たりはそんなでもなかったが、いい引きで
下っていく。先ほどのブレイクの再現とならないように丁寧に竿でためて
寄せてくる。上がってきたのは19cmというナイスサイズ。ここでようやく、
このおとりはお役御免。

 続いて、このおとりで少し時間がかかったが18cmを確保。さらに
おとりを交換して、泳がせるといきなり目印が下流に走る。ゆっくり竿を立てると
これはいい引きで19.5cm。流心を切ってのよせだったので、このサイズでも
結構時間がかかる。

 この場所でかからなくなったので、上流に移動し、早速岩そばで18cm級を
かける。これはスムーズに寄せて、糸を手に取って、タモに向かって魚を
摘み上げたが、その瞬間かかり鮎が外れてしまい、これは残念。この後、
すこしかかりが悪くなったので、本日はここで終了。結局7匹釣りあげることが
できたのだが、トラブルが多く、結構苦しい釣りとなった。



 順調に釣れば、2桁は軽くクリアできたと思うがこれが実力レベル。今回の魚は
すべておとりになるサイズで、しかも1匹を除くと17cm以上という十分なサイズ
だったことを考えるとまあまあ納得できる結果といえる。ここのところ、まともに
鮎が釣れていなかったので、ほっとしたというのが正直なところ。ポイントも変化に
富んでいて面白いところだったし、久々に楽しい鮎釣りとなった。

9/17 巴川

アユ
09 /17 2014
9/17 巴川

■データ

・メンバー: Bigone  
・エサ  :友釣り 
・対象魚 :鮎 (ボーズ)

■釣行記

 平日の午後をおやすみにして、気合の鮎釣りへ。平日ならすいているだろう
ということで、香嵐渓方面をめざす。到着してみると、平日ながら、満員御礼。
駐車場はいっぱい足助高校前のPがなんとか空いていたので、こちらからスタート。

 先行の人に話を聞いてみると、午前中はピンポイントでよくかかっていた
ようで、20匹ほどとのこと。ところが11時ごろからさっぱり・・とのいう話が
気になりながらも、とりあえず釣り開始。

 めぼしいポイントは人で埋まっていたので、下流側の人のいないところで
釣り開始。周りの人も釣れていなかったが、私も全然だめ。いろいろな場所を
ひたすら泳がせてみるが、おとりが元気な割に、全く反応がない。
ヨシノボリが1匹かかっただけ。

 結局3時間ほど探ってあたりがなく、ほかの人も帰っていく。私も、
もうあきらめるか?と思いながら、最後のひとあがきで、人のいなく
なったポイントを探ってみる。おとりも弱りはじめていたので
、引き気味の釣りで尻尾を振らせると、ブルンと初めてのかかりあたり。
ようやくきたか、と思い寄せてくるが、魚が見えて水面を割った瞬間に
針外れ。

 今回は、0匹。とりあえず鮎をかけた、という事実が残っただけまし・・・
と言い聞かせて終了。鮎釣りはほんとに難しい。

9/12 福井新港

クロダイ
09 /12 2014
9/12 福井新港

■データ

・メンバー:Mさん 坊ちゃん Bigone ソルジュニ  
・エサ  :ストロー 青 カニ 
・対象魚 :チヌ(50cm 1匹)
ヒラセイゴ(30cm 1匹)

■釣行記

 今回は、出発が事情により遅くなったため、久々に徹夜前提の釣りとなった。
釣り開始9時ごろ、終了は翌朝7時予定というヘビープラン。しっかりと早い
タイミングで魚を確保して、休憩を取りたいところだった。 今年のチヌ
つれていない状況を考えて、今回も狙いの中心をチヌに設定し、キジハタ、
ヒラセイゴをお土産用に確保できるタイミングをとらえる予定として、釣り開始した。

 前回の雨とは一転、天候もよく環境は悪くないが、魚の活性が低く、
全体に低調。だれも魚を確保できない・・という状態が結構続いた。そんな中、
単発でも魚が釣れないかと場所移動を繰り返し、活性のある場所を探し続ける。

 私の最初のキープ魚は、キジハタ。深さ7mほどのどん底を探ったときに、
いかにもそれらしいあたりがあって、合わせる。サイズは21cmほどだったが、
とりあえず、煮つけで食べたかったので、1stキープとしてスカリに確保。

 その後も活性が上がらない中、Mさんがいつも通り実力を発揮し、ヒラセイゴを
1発確保。あたりを探ってみるが、連発する状況ではなく、引き続き厳しい状態が続く。
さらに時間が過ぎ、日をまたいだころ、Mさんが引き続き沈黙を破る。ヘチで、
45cmの良型チヌを確保して、一人だけ十分に満足できる状況となっていた。

 坊ちゃん、ソルジュニ、私 の3名はそれぞれに低活性にあえぎ、仮眠をとる
時間になってきた。風も冷たくなり、良かった天気も少し崩れ、小雨まじりに
なった。雨に嫌気がさし、私も休憩へと向かうことに。休憩前の悪あがき、
といいながら竿をもって、車までの区間を探りながら戻ることに。

 3名で探りながら戻っていると、私に久々のあたり。浅い場所で当たりで、
根魚かな?という雰囲気だった。ほかの2名にあたりがあることを伝えながら
合わせると、キューンといい音を立てて、竿がしなる。その瞬間スピードが
変わり全速力へ。これは、いいサイズと言おうとした頃には、竿は満月糸なり
MAXという形で、言わなくてもわかる状況。

 昨年の経験を生かして、障害物に走らせないように強引に止めて勝負する。
途中猛烈な突っ込みが3度ほど。これも気合で止める。浅いところでの勝負
だったので何度も水面を割り、とんでもないばちゃ音がする。マダカか?
との声も上がっていたが、引きと突っ込みからチヌと確信。寄せてきたところで、
タモ入れを隣にいた坊ちゃんに依頼する。寄せてからも強烈な突っ込みにあったが、
これもぎちぎちと竿を鳴らして止める。少しタモ入れに手間取ったものの、
無事2回目のトライで確保。実に8年ぶりの年なしチヌは、50cmジャスト
というサイズ。



 すっかり気楽になり、雨除けを兼ねて仮眠。結構な雨になったが、ちょうど
よいタイミングで車に避難できた。明るくなる前に再始動。多少魚の活性が
あがるか?と思ったが、22cmのキジハタを1匹確保したのみで、停滞状況が続く。



Mさんがもう1匹ヒラセイゴを確保したとの情報もあり、お土産確保のために、
ヒラを狙ってみる。薄明るいジアイをとらえたのか、落ち込みでいかにも
それらしいあたりが出て、無事30cmのヒラセイゴを確保。



 Mさんは朝まずめジアイで23cm級のキジハタを2匹。わたしも少し小さめを
2匹。これをもって、今回の釣りは終了。明るくなる前から、遠征をかましていた
ソルジュニは本命ではなかったものの、太刀魚を確保し坊主逃れ。これはこれで
よかった。

 今回も、釣れた魚の状況だけを見れば、さすが福井という結果ではあったが、
Mさんも私もあまりあたりがないなんとか、中、大型をとらえたという印象。
坊ちゃんも1発良型チヌと思われる魚でラインブレイクをくらっており、
出れば大型というのが、今回の結果だったかと思う。特に、ヒラは安定しているが、
今回は連発がなく、結果以上に苦しい釣りだったなというのが全体の感想だ。
しかし、年なしチヌはさすがにうれしいの一言。満足いく結果となった。
 

9/6 巴川

アユ
09 /06 2014
9/6 巴川

■データ

・メンバー: Noageさん Bigone  
・エサ  :友釣り 
・対象魚 :鮎 (15cm 1匹)

■釣行記
 前日に、釣り大会を開催したため、スタートを少し遅くして、
今回も巴川にまたまた挑戦。到着時には、おとり屋のPが空いて
いなかったこともあり、足助川のポイントを攻めてみることにした。

 9m竿がふれるところが限られていて、到着後探れる範囲が狭い。
とりあえず魚のいそうな場所におとりを送り込むが、どうも魚の
反応が薄く、鮎は見えるが、追い気なし。そうこうするうちに
1時間ほどの時間が過ぎてしまい、このままでは釣れないな、
と思い移動することに。

 移動後に入ったのは、足助新橋のたもと。ここは釣り人が多くて、
急瀬には人がいっぱい。そこで、瀬頭の付近を狙って釣ってみる。
渕尻には非常に多くの鮎がいて、魚影の濃さはわかるが、ここも
活性は低く苦しい釣りに

 まわりのポイントでもかかっておらず、見ている間に釣れたのは
1匹のみ。ここも手をかえ品をかえ1時間半ほど探ったが、結局
ノーフィッシュ。

 あきらめ気味に、最後のポイントを探して回るが、入りたい
ところがなく、結局友釣り専用区をはずれた則定のポイントに入る。
ここは人がいっぱいいて、多くはころがし?で釣っている感じだった。
皆がいる、最下流に入って、おとりを泳がせてみる。ここは水深や
流れの強さが、いつも釣っているポイントと近く、自分の釣りに
あっている感じだった。途中この形ならかかるかな?という雰囲気が
何度か出てきた。

 しかし、活性が低く、おとりが少し弱ってくる。それでも流心付近の
流れなかでようやくかかりあたり。丁寧によせてくると15cmほどと
ちびながら鮎。これをおとりにして連発!と思ったものの、この魚は
おとりにしても全く泳ぐ気配がなく、すぐくたびれて終了
これを機に今回のつりは終了とした。

 急瀬や水深の違うポイントでいかにかけるか、というところに
課題が見つかり、新しいポイントを巡ったことの意味がでたと思う。
今回は、まわりもかかっていなかったが、別行動のNAさんは一瞬の
ジアイをとらえて10匹確保とのこと。今回は完敗だった。

9/5 長島

セイゴ・マダカ
09 /05 2014
9/5 長島

■データ

・メンバー: ぼっちゃん 素人衆 Bigone  
・エサ  :ストロー 
・対象魚 :ビリセイゴのみ

■釣行記
 今回は、素人衆を引きつれて、まったりと釣りを楽しもうということで、
甘潮で状況の悪そうな長島への釣行となった。無難な浮き釣り+
前打ちで本気を出す人、に分かれて釣り開始。坊ちゃんに、前打ちメンバーを
任せて、私は浮き釣りのフォローに入る形で釣りスタートとなった。

 開始直後からビリセイゴが活発で浮きを引き込んでくれる。型は小さい
ものの素人衆にはむしろこれで十分。魚のあたりがある状態を堪能して
もらう。途中23cmほどのセイゴが混じったりして、まあまあ楽しそうな
雰囲気になってきたところで、私も釣りに。

 ところが魚の活性は高いものの、釣れてくるのはビリセイゴばかり。
いろいろ手を尽くして探ってみたが結果は一緒。餌切れまでひたすら
ビリセイゴと遊びつつ、周りのメンバーに釣り方を指導して回って終了。

 潮が甘かったせいか、セイゴしかつれなかったが、最大35cmほどを
交えて、参加メンバーには各々10匹程度は魚が釣れていたため、まあまあ
楽しかった様子。これは、イベントとしては大成功といえる結果で、
また次の機会を設けようと思う。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。