FC2ブログ

11/27 鳥羽方面

根魚
11 /27 2015
11/27 鳥羽方面

■データ

・メンバー:Mさん ソルティ ソルジュニ Bigone
・エサ  :青虫 ボケ
・対象魚 :タケメバ(27.5~26 3匹 以下数匹)
      メバル(21~19cm 3匹 以下多数) ムラソイ(21.5cm 1匹)
      ガシ(ビリ多数)

■釣行記

 今回は、恒例鳥羽方面での大物狙い。ここ2年でいい結果を
得ているだけに、期待をしての釣り・・ではあったが、釣り荒れも
気になりつつ、また気候も気にしつつの釣り開始となった。

 鳥羽方面に入ったころから、風が緩いことに気づき、これは
釣りになると安心し、釣り場でもとりあえず風の影響はほぼなく、
比較的良い条件で釣りができた。明るいうちから釣り始め、早々に
ソル殿がサプライズを起こす。45cmという良型のヒラメ!
この釣り場ほんとに、なんでも釣れる。

 ソルジュニが得意のチャリコを釣ったりしていると、とうとう
Mさんがまともなタケメバがきて確保。その後、ソルジュニも続き、
私にもようやく良型のあたりが出る。タケメバ27.5cmということで、
まあそれらしい魚が出てほっとする、その後26、26.5を各1本ずつ
追加し前半戦を終える。




 私にはヒラセイゴ、ソルジュニは、キスと、いろんな魚を釣り、
さらにソルジュニは休憩直前に巨大なタコを釣り、良いお土産を
追加していた。

 後半に入ってからは、人生初のロック狙いのルアー釣りに挑戦。
ソル殿からおすすめルアーをもらい、探っていくが、やはり初の
ルアーはなかなかうまくいかない。それでも2匹のビリガシをつり、
多少ルアー釣りの雰囲気をつかんだ。今後たまにはやってみたいと思う。

 良型のタケメバが本命だったが、なかなか気配がないなか、
ソル殿が沈黙を破り、34cmのビッグタケノコを確保。
私も気合を入れて探ったが、メバルのまあまあサイズを
3匹追加した程度。まあ、期待に反して普通の結果に終わってしまった。



後半はサプライズはなかったが、ソルジュニがキビレを釣ったり、
私にはでかいベラが来たりとまあ、釣れ続く状況はさすがだった。

 多少の釣り荒れが原因の一つかもしれない。また、よい場所を
探さねばと思うが、それでもこれだけのサイズが数釣れれば、十分に
よい結果なわけで、また行きたいと思う。


スポンサーサイト

11/21 師崎漁港

小魚
11 /21 2015
11/21 師崎漁港

■データ

・メンバー:Bigone 娘
・エサ  :青虫 エビ
・対象魚 :ビリメバル ビリタケメバ(数匹)
      ハゼ(3匹)


■釣行記
 今回は、下の娘との釣り。5才なので、そろそろ一人で
釣れるだろうということで、いつものポイントでビリメバルなど
を狙ってみる。今回は、15時満潮でお昼頃を中心に釣るという
全くのぬる釣行。小魚狙いとなる。

 数年前ならアイナメも釣れるだろうという狙いだったが、
ここのところ秋のアイナメは乗っ込みが遅いので、ほぼ確率0。
ということで、カレイでも間違って釣れないか?と投げを1本。
基本は娘の面倒を見るという釣りになった。

 幸い潮があげてきて、魚の活性が高いため、中層でビリメバルが
アタックしてくる。ベラやフグも来ていたようで、娘の仕掛けに、
あたりは頻発。私は投げの仕掛けすら作れない状態で、最初の
1時間を過ごす。魚が小さいのでかかるのはたまに・・・だが、
それでもビリメバル、ビリタケノコ、クジメと言った魚が釣れてくる。

 私も、前へ打って少しましなサイズを交えながら、たまに釣りが
できるタイミングを見つ気ながら探るという感じでパラパラと釣った。
夕方を迎える前に、真剣に釣っていた娘が疲れてしまったようで、
ここで終了。娘は11匹の魚を釣り、大満足。今回は、小魚を
釣らせるのが狙いだったので、満足して釣り場を後にした。

11/13 焼津漁港

クロダイ
11 /13 2015
11/13 焼津漁港

■データ

・メンバー:Mさん SJ Bigone
・エサ  :青虫 ボケ
・対象魚 :チヌ(40cm 1匹) アジ(18cm 2匹)
      セイゴ(32.5cm 1匹 以下数匹)
      ヒラセイゴ(24~20cm 4匹)
      ガシ(25.5、19、17cm 1匹)

■釣行記

 今回は、焼津で秋の魚狙い。まあ、ヒラセイゴ、キビレ、チヌ、
無難なガシ。といったところを狙い目に、いつものポイントへと
向かう。夕暮れごろから釣りを開始する。風が強く探るのにも影響が
あるヘビーな環境。ただ、あたりは結構出るが、魚は小さい様子。

 いつものウミタナゴを連発したりしながら、魚の様子をうかがう。
最初にまともなあたりが出たのは、中層のヘチで。何度かヘチで
よいあたりが出たが、乗せられず。少しだけ深めにタナをとって
スライドさせていると、一気に持ち込むあたりが出る。少し送って
合わせると水面でエラアライしてから底へと突っ込む引き。まあ、
そんなにでかくはないものの、とりあえず土産にはなりそうな魚に
喜んで寄せてタモ入れ。32.5cmというサイズのセイゴ。
まずは、ほっと一息。



 その後、ボタ底に狙いを変えてボケで探ると、押さえこんだまま、
戻らない重たいあたり。糸を張っても根がかりのような感じで
食い込んでいる様子なので、一気に大合わせをくらわす。すると、
がつーんと突っ込むよい引き。一瞬で引きは終了して浮いてくる。
タモ入れすると、ガシ。サイズは25.5cmとかなりの良型だった。



 その後、微妙なあたりが続き、乗せられない状態だったので、
移動して風の強いゾーンへ行ってみる。いつものヒラセイゴポイント
だが、ココでガシの19を釣ったりし、魚の動きを確認する。続いて
微妙なあたりでかかったのはアジ。この後もう1匹アジを追加したが、
もう少し大きければキープというサイズで、これはリリースとした。

 さらに、探るととうとう小さいながら、ヒラセイゴがでて、
塩焼き用にキープ。Mさんがこの後、ヒラセイゴを連発したとことで、
再度探ってみるが、型が下がったため、再度移動したが、クロサギに
やられて、またまた移動でガシ狙いに。一緒に移動したSJが良型の
ガシを釣ってキープしており、魚はいるが、ここもチビ当たり中心。
一発怪しいのを乗せられず、もどかしい時間が続いた。

 この後、いつもとは少し違うポイントで勝負してみる。すると、
浅い場所でふっとあたりが出る。送り込んでいくと、すーっときれいに
竿を押さえこむ。ここで大合わせすると、想定外の良型で竿が根っこ
から曲がる。竿の弾力でためると浅場だけあって、ヒラを打つ魚が
浮かぶ。さらに潜行して勝負が続く。糸を出さずに耐えられる
サイズではあったが、まあいい引きを堪能し、いつものばちゃ音を
堪能してタモ入れ。40あるかないか?と思ったサイズのチヌ。
撮影時必死で魚の角度を調整してとった写真でぎりぎり40。
良心的な釣り人なら、あっさり、39cmというサイズのチヌだが、
今年初にして唯一の40cmとするために、頑張った(笑)



 だいぶいい時間になっており、ちょうどMさんからも終了の連絡が
あったので、この1匹を機にあっさりと釣りを終了。ともかくよい
土産がそろい、この時期のチヌはさすがにうまい。脂乗りもよく魚体も
きれいでなかなかの魚だった。前回の篠島のうっぷんを焼津で晴らした
感じとなり、気持ちよく冬シーズンへと迎えそうだ。

11/7 篠島

アイナメ カレイ
11 /07 2015
11/7 篠島

■データ

・メンバー:Bigone 親父 娘
・エサ  :岩虫 青虫 エビ
・対象魚 :全員で
カレイ(ボーズ) 
      チャリコ(18cm 4匹) アジ(19~17cm 9匹)
      他・・・。

■釣行記

 例年通りのカレイ狙い。先週の結果として、アジが釣れている
という情報もあったので、アジを視野に入れながら、カレイを
確保したいなと思いつつ、釣れれば娘のお目付け役で終わるだろう
という想定もしつつ、釣り開始。

 というか、ついた直後からアジが釣れていたので、娘にアジ釣りを
させてみる。すると早速アジ確保。以降パラパラと釣れて、娘8匹。
私は、その間に1匹釣らせてもらってジアイ終了。ジアイ終了後も、
メバルが釣れたりと忙しい状態。

 ようやく、投げ仕掛けを準備し、カレイ狙いへ。投げも面倒を見つつ、
そこそこ釣れる娘のメバルなどを外したりしていると、ほとんど
釣る時間がない。その上、探りは放置する時間が長く、放置している
間の根がかりも3回。いったい何をしに行ったのか?という状態も続く。
一応、ガシ、ギンポ、メバル と釣ったがまともな魚には出会えず終了。

 カレイが本業なので、投げ変えるとチャリコが釣れてくる。これは
結構つれて4匹。これだけいるなら、キープもありだったか・・という
感じではあった。結局カレイも釣れず、親父がクジメを3匹ほど釣っていた。

 今年は夏にも、悲惨な日があったが、またこういう日に当たるとは・・・
というひどさだった。集中できない状態だったとはいえ、魚は釣れる
状況だったと思うし、さすがにまずいなという印象だった。集中して
探れる釣りに行って早く調子を取り戻したいところだ。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。