FC2ブログ

12/30 海上釣堀正徳丸

釣堀
12 /30 2015
12/30 海上釣堀正徳丸

■データ

・メンバー:みなさん Mさん 坊ちゃん SJさん Bigone
・エサ  :シラサエビ オキアミ 他
・対象魚 :ワラサ(65cm 1匹) カンパチ(65cm 1匹)
      シマアジ(40~35cm 2匹) 
      マダイ(43cm~38cm 6匹)
      メバル(23cm 1匹) ヨロイメバル(13cm 2匹)

■釣行記

 今回は、正月用の魚を確保するためMさんを中心とした、
海上釣堀メンバーとともに、正徳丸へ。私はいつも通りの
タックルで臨み、青物を除く魚をメインに釣る方向で釣り開始。

 その前に、開始まで少し間があったので、SJさんと2名で
プチ前打ちを敢行。餌の青虫を確保しそこねたので、SJさんの
持っている、シラス系のワームを餌に、捨石周りを探る。
タックルが、通常通りのため自信をもって探っていく。

 早いテンポで付近を探っていくと、とうとうあたりが出て
ヨロイメバルが釣れてくる。さらに、探っていき中層から
スライドさせていくと一気に重みが乗るあたりが出る。水中で
ぎらっとかなりのサイズの魚がヒラを打ったがここで針外れ。
残念だった。さらに、ヨロイメバルを追加。少し移動した
ところで、パラパラあたりが出るので丁寧に探っていると
一気に持ち込むあたり。少しだけ間をおいて、ルアーなので
早目の合わせを入れる。すると、想像以上の引きで左右へ走る。
抜きあげると、23cmという良型の黄色いメバル。
これには早速満足できた。

 そして、本番開始。まあ、いつも通りという感じで探り始めると、
朝一番から真鯛の活性が上がっている様子。私も、と思いシラサで
探るとあたりが出る。ツンツンと小さなあたりの後少し穂先が
もたれたので大合わせを入れると、シマアジが見える。これは
ラッキーと少し慎重にあげて確保。その後、周りはガンガン
マダイを釣っていく。私はというと、バラシあり、合わせ
そこないありと、リズムをつかめないまま少し時間が過ぎる。

 これはまずい、と周りに合わせ餌をローテ。オキアミ餌で
あたりが出だしたので、これで対応。次の魚は皆が魚を確保
したころマダイが釣れてほっとする。さらに、オキアミ餌で
シマアジをかけてばらす。直後にシマアジを確保したところで
前半のジアイ終了。活性が少し落ちてくる。

 パラパラ釣れるマダイを確保しつつ、私も真鯛を3匹まで追加。
ここでシラサで探っていると、根がかりのような重みが乗る。
引っ張っても動かないため、根がかりと思い糸をもって手繰ると、
何かが動きだす。青物が居食いしていたようで、勝負開始。
だいぶ時間をかけているうちに、尻尾に糸がからんだらしく、
何とか確保。

 さらに、1時間ほどのち、再び同じようなあたりで、カンパチを
確保。食いが悪い時は、青は底付近、シラサ というのが意外な
定番のようだ。Uガイドで青2本との勝負は非常に疲れるし、大変
だったが、おかげで竿の限界点を見極めることができた。ほぼ
いままで使っていた竿と同等のパワーかな?という印象だった。

 その後、ジアイ待ちで1匹マダイを追加したところで、スカリ
回収。残り20分となった。この時間で坊ちゃんが、マダイを
追加し、周りもにわかにあたりが出だす。私にもあたりが出て、
1匹追加。さらに、Mさんが9枚目?のマダイを追加。私も
シラサで連発で3匹追加。マダイが6匹になったところで、
時間切れ終了となった。

 これだけ釣れると、さすがに楽しい釣りではあったが、一番の
見せ場はやはり、最初のメバル。わずかにやった堀の外の釣りの
ほうが楽しかったな、と思ったりする今日この頃。釣堀での釣りは
年1回程度で十分だが、今回は、よく釣ったとは思う。
スポンサーサイト

12/26 静岡方面3か所

根魚
12 /26 2015
12/26 静岡方面3か所

■データ

・メンバー:Mさん SJさん NAさん 坊ちゃん Bigone
・エサ  :青虫 ボケ
・対象魚 :ガシ(24cm 1匹 21~18cm 6匹)
      チャリコ(20cm 1匹) 
      メバル(20.5cm 19cm 各1匹) 他

■釣行記

 今年の年末釣行その1は、いつもの静岡方面。ただ、
吉田漁港ではなく、焼津、清水方面を夜釣りでという
釣行になった。食事を終えて、2チームに分かれて釣り開始。
チーム2のNAさん、坊ちゃんは短時間の限定勝負となった。

 到着直後、前回チヌの釣れたポイントへと入る。
探り始めると隣でSJがいきなりの竿曲りで良型のガシを
確保している。私にも、あたりがあり、3投目で同様に
良型が来るが、根ずれのせいか、ライブレイク。あわてて、
仕掛けを結びなおした直後、良型ガシが来る。サイズは
24cmということで、十分なキープサイズ。その後
20cm弱を一つ追加した。



 さらに、Mさんが29.5cmという巨ガシを確保し、
一瞬のガシジアイは終了。かつてNAさんが記録した29cm
を5年ぶりに塗り替える記録魚に驚く。この後、私は20.5cmの
メバルを追加、探っていたが気配がいまいちとのことで、
予定通り清水方面へと移動する。



 清水到着後は、初Pとなるポイントへ。ここでも、ガシが
釣れる。Mさんが到着直後に23cm級を確保、私たちも
チビながらガシをとらえながら気配を探っていく。ところが
風の強さにMさんがギブアップし、さらに移動。最終ポイントへ。

 最終ポイントでは、狙いのメバルのあたりが薄く、なんとか
1匹確保できた程度。どん底勝負に出る。すると、SJがチャリコを
釣り、さらに33cmの小マダイを確保。私も最後の一投で
20cmのチャリコを釣ったところで、予定時間となり、
Mさんから終了宣言。これをもって、本年の竿おさめ①を終了とした。



 まあ、そこそこ釣れたのでよかったし、ひそかに狙っていた、
チャリコが釣れたこともよかった。何より、新竿購入した直後の
釣りで坊主は避けたかったので、これが最もよかったかも。
ちなみに、Mさんの新記録の直後、NAさんが別場所で尺ガシを
確保していたとの情報。チーデバオリジナルメンバーは人の
記録に被せていく癖があると、誰かが言っていたがまさに
その通りの結果となった。尺ガシにより、再びガシギネスは
NAさんのモノとなった。ガシ良型の一瞬の熱さはさすがに焼津!
という感じだった。



12/18 鳥羽方面2・3

根魚
12 /18 2015
12/18 鳥羽方面2・3

■データ

・メンバー:ソルティー Bigone
・エサ  :青虫
・対象魚 :タケメバ(24.5~22cm 3匹 21・18cm 各1匹)
      チャリコ(22.5cm 1匹) ビリメバ・ビリガシ(多数)
      ムラソイ(24cm 20cm×2匹 以下多数)

■釣行記

 今回は、ソルジュニが開拓してきた鳥羽方面の新規Pへの釣行。
スタートが遅く深夜に向けて寒い中釣るという結構ヘビーな
パターンで釣り開始。開始は9時半ごろと遅めであったが潮も
高くなり状況はよくなると考えていた。

 新規Pだけに、一か所に執着せず、早目の移動でポイントを
確認していく。まず、SJの情報通りポイント1であたりが
出始める。チビメバっぽいあたりが中心だったが、ようやく
らしいあたりがでる。キーンと糸がなって22cmのタケメバを
確保。その後、潮が動かないことから、移動を決意。少し先の
ポイントへ移動を決める。すると、コツっとあたりが出て、乗らず。

 次のあたりは良型っぽいあたりで23.5cmとだいぶ型の
よいタケメバが釣れる。移動後のポイントでは、ガシ、
ヨロイメバルが釣れたりするが、良型はいない。SJの爆釣は、
単発だったようだ。



 少し探って、またまたタケメバあたり。これを合わせると
かなりいい引きを見せる。本日最大の24.5cmで、土産としては
十分に整ってくる。ソル殿は、ルアーへの反応が悪いらしく
何をやってもあかん・・とのこと。再度ポイント1へ戻り、
私は謎のあたりで、チャリコを追加。23cmほどと、
小さいながらお土産サイズでラッキーだった。



 この後ルアーへの反応が薄いことから、場所移動して、久々の
鳥羽HGへ。ここは、干潮でジアイがでる場所だが、満潮付近からの
釣りとなった。非常に小さいメバルのあたりが中層であるし、魚は
動いている。当然の根魚狙いなので、底付近を探る。ムラソイの
活性がかなり高く、ぽつぽつと小さいものからまあまあのものまで
釣れてくる。途中どくどくのもわもわとしたあたりで20cmほどの
中型ムラソイを2匹、さらに、24cmの良型を追加した。最後に、
タケメバ21cmを釣ったところで、ほぼ餌も切れて終了。



 鳥羽HGで、久々にムラソイがいっぱい釣れてこちらも楽しかった。
SJの爆までは行かなかったが、この時期にこれだけ魚が釣れると楽しい。
ソル殿はルアーへの反応が終始薄いパターンに苦労しており、
リベンジを誓って釣り場を後にした。

12/12 伊勢方面

根魚
12 /12 2015
12/12 伊勢方面

■データ

 ・メンバー:Bigone
 ・エサ  :青虫 ボケ
 ・対象魚 :タケメバ(26.5cm 1匹)
       ガシ(19~18cm 5匹 以下多数) 他

■釣行記

 今回は、伊勢方面タケメバ狙いで釣行。前回の鳥羽方面が
いまいちだっただけに、今回はなんとか結果を残したいところ。
とはいえ、伊勢方面では、25cmを超えるタケメバが出れば
十分・・・という想定で釣り開始。

 到着がやや遅く、下げに入って少し経ったタイミングから。
到着時に穂先を折ってしまい、2番ガイドを利用しての釣りに
なってしまった。ケチがついたので、心配したがとりあえず、
普通に釣りを開始した。

 開始直後からあたりはあり、手前の初Pでビリセイゴ2匹。
ただ、根魚のあたりが出なかったため、早々に本命ポイントまで
進んでいく。移動後しばし、際をトレースしていくと、重めの
あたりが出る。かかったのは18cmほどのガシ。今回狙いの
干物ネタなので、これをキープ。さらに、連続して同型が続き、
19cmも混じる。3匹まではすぐに釣れてなかなかの気配。

 その後、大型独特のもわもわあたりを早合わせで逃してしまう。
さらに、探るとコツっと当たって穂先がもたれる。ガシか?と
思い合わせると突っ込みが加速し継続。タケメバ確定!と思い
竿を両手で支えて耐える。まあ、抜けるサイズと判断し抜いてくると、
26.5cmと狙い通りの良型タケメバ。



 今年は連発があるか?とさらに探ると、外でいいあたりが出る。
少し送って合わせると、これもかなりの引き。先ほどよりは小さいが
連発!と喜んだがあげてくると、グレ。残念だった。

 この後は、潮が下がるとともに、ジアイ終了となり、上っ面では
かからず、穴の中に突っ込んでいくことでようやく魚がかかる
ようになる。型も下がってしまい、キープするか迷う程度の魚を
3匹ほど追加し、他はビリ中心で、ほぼ餌がなくなったタイミングで
釣りを終了とした。

 伊勢ポイント、今年もなかなかの魚影で、タケメバは単発ながら
無難に遊ばせてもらえそうで、これから春までの時期に、今シーズンも
また行きたいと思う。


BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。