FC2ブログ

3/27 段戸川

渓流
03 /27 2016
■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :キジ
・対象魚 :アマゴ(22.3~19cm 4匹 16~15cm 3匹 それ以下 3匹)
      イワナ(16cm 1匹)


■釣行記

  今年2回目の渓流釣り。段戸川上流へと向かい、本格シーズンに
 突入した渓流でアマゴ、イワナを狙って入渓。今回は上流なので、
 イワナ込みの狙いとはなるが、最近雨が降っておらず渇水気味。
 そして朝は氷点下の冷え込みということで、厳しい釣りが予想された。

  入渓ポイントから少し釣りあがった淵尻で、本日初のあたりが出る。
 これは、コツっと当たって終了。その後、あたりが薄い状態が続く。
 朝の冷え込みのせいなのか、それとも、魚が少ないだけなのか、
 ほとんどあたりがないまま探り上がっていく。昨年も同じように、
 このゾーンの反応が悪かったが、今年も同じような状況で、
 ごくたまにあたりがある程度で釣り上がる。

  最初の魚は、だいぶ遡上した渕のプールから。気配を消して、
 遠目からプールに入れていくときれいに穂先を抑えるあたり。
 少し送って合わせると、12cmほどのアマゴが釣れてくる。
 これは最終的にリリースとしたのだが、最初は写真用にキープ
 していたほど、状況が悪かった。

  少し上流に行ったところから、魚の反応が増える。まずは、
 渕尻であたりが出る。一回目は乗らなかったが、2回目はピックアップ時に
 反応した魚がうまく針に乗って確保。15cmほどのサイズでキープできた。
 同じ淵を釣ると、今度は一気に突っ込むあたりが出る。これはうまく
 食い込まなかったが少し後、ゆっくり糸を張ると乗っている様子。合わせると
 まあまあの引き。19cmほどのアマゴが抜けてくる。


 
  ここから先は、一淵2匹のペースで魚が出る。ともかく竿いっぱい
 遠くから、アプローチして岩陰から、渕尻を流すと魚が出る。2・3年魚が
 結構でるので、型も十分に楽しめる。さらに、探っていくと本日一番の
 重みのあたりがでる。少し待って合わせるとぐーんとよい引きが乗って
 直後に針外れ。これはもったいなかった。通常なら、これで終了だが、
 この魚は幸いほぼやり取りをしていなかったこともあり、同じミミズを
 流していくと再度当たってくる。食い直しするのでイワナか?と思ったが、
 アマゴで22cm強、この時期にしてはきれいな幅広と相当満足な1匹だ。
 


  その後、滝つぼの岩穴の中を攻めて、イワナをひきずりだし、狙いの
 魚を追加。さらに、 淵尻で21cmのアマゴを丁寧にタモに入れ、本日の
 お持ち帰り分が十分に整ったところで、まだまだあたりが続いていたが、
 早目の終了とした。

  かなり良い型が捕れて、おいしい土産ができ大満足だった。天然魚のため、
 まだサビがあり、体つきにも個体差が大きいが、これからが、本番の
 渓流シーズン。さらに状態のよくなるこれからの時期で、このぐらい
 釣れると理想的だが。

スポンサーサイト



3/12 海上釣堀貞丸

釣堀
03 /12 2016
3/12 海上釣堀貞丸

■データ

・メンバー:みなさん、NAさん、Mさん、Bigone
・エサ  :ボケ、シラサエビ、オキアミ 他
・対象魚 :マダイ(45~35cm 10匹)


■釣行記

  今回も、みなさんの釣堀釣行にご一緒させていただく形での
 釣行。個人的には、堀の外が好きではあるものの、そこはそれ、
 釣り自体はなんでも大好きなので、同行という形に相成った。

  場所が貞丸となると、マダイ、ワラサが大半なので、できれば
 青物でも釣れてくれれば、という感じで釣り開始。朝一はボケ餌に
 好反応で、ボケを付けた人がどんどんとマダイを確保していく。
 私もボケ餌で探ることしばし、べた底であたりをだして初ヒット。
 マダイを確保する。

  その後、みなさんに魚がいきわたったころから食いが悪くなって
 くる。餌をローテし、続いてはオキアミ。底付近までしっかり落とすと、
 食ってくる。一発ばらしてしまったが、直後にマダイを確保。シラサの
 餌に変えた際に、青物っぽいあたりと引きの魚がかかり、一気に走られる。
 耐えていたら外れてしまったが、青物だったと思われ残念だった。
 
  ともかくこれ以降は食いが渋く、うまくシマアジを確保できたMさん、
 そしてシラサでシマアジ、青を連発でかけたNAさんはいい感じの
 お土産となっていたが、他はあたりが薄く苦しい状態が続く

  私は、青虫、カメジャコ、シラサと使い分けながら、浮き釣りには
 全く反応がない中、網の底を取ってから釣る極端なべた底釣法で
 コンスタントにマダイを確保。最終的には10匹という結果となった。
 青も全体で1匹のみ、シマアジも全体で3匹と低活性に苦しんだ感じの
 釣行とはなったが、まあこういう日もあるし、その中ではうまく
 釣ったほうだと思う。
 
  また、次回の釣堀の予定が決まってしまったが・・まあ致し方なし。
 しかし、深夜に出発してお金を掛けていくなら、と毎回思っては
 いるのだが・・・。

3/6 段戸川→某川

渓流
03 /06 2016
3/6 段戸川→某川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :キジ
・対象魚 :アマゴ(20.5cm 1匹 17~16cm 4匹 15・12cm 各1匹)


■釣行記

 今年初の渓流釣り。昨年よりもさらに早い解禁後初の週末からの渓流釣行。
今回は暖かい冬だったことに加え、当日が暖かい日だったということで、
比較的高活性になると期待して釣り開始。少しでも水温が上がり活性が良く
なりそうな段戸の下流域を狙ってみることにした。

 キジの餌で探っていくが、条件はまあまあながら、魚が動かないのか
あたりがない。最初のあたりは、比較的流れのある淵の流心で。ところが
ショートバイトでかからない。3か所程度であたりがあったがかけられず
苦しい状態が続く。次の場所では2度あたりが続いたところがあったので、
少し時間を空けて探ってみる。すると今度もあたりが出る。合わせを相当
遅らせて糸を張ると魚が動く。合わせて抜きあげると15cmほどとぎりぎり
キープサイズのアマゴでほっと一息。

 続いて、探り上がり分流側の小さい落ち込みに仕掛けを入れる。すると
この魚は動きが良くグインと重みが乗り白泡へと仕掛けが走る。これを
ゆっくり合わせて16cmほどのアマゴを追加。さらに、小さな落ち込み
を流していくと、岩陰に仕掛けが走り少し待って合わせて同サイズの
サビサビのアマゴを追加。

 さらに、落ち込みから早い流れを流していくと、仕掛けが思い切り
逆走する当たり。かなりいい引きで17cmのアマゴを追加。入れ食い
でもなく、ショートバイトのみのあたりも多いが何とかお土産を増やし
ながら釣っていく。次の魚は、流心そばの岩陰のよれから。岩陰で2度ほど
あたりがあったので、ここでじっくり待っていると岩穴のなかへ持ち込む
あたりが出る。合わせると一気に流心を下るまあまあの型の魚が見える。
慎重にやり取りして確保。20cm強の居残りアマゴが釣れる。昨年の稚魚は
順調に15cm以上になっているようだった。



 この後、上流に釣り人が居たので、思い切って場所移動し、某川へ。
昨年いい思いをした某川だったが、先行者の足跡があり、昨日か?
今朝か?という感じだった。しかも水温が段戸川よりも低く、やや
不安をもって釣り開始。

 こちらでは白泡の中、早い瀬でもあたりがでるには出るが、食い込む
ようなあたりにはならず、厳しい勝負が続く。小さな落ち込みの際に
落とし待っていると目印が一気に突っ込むあたり。合わせてみると、
水中の木に突っ込んだのか重みのみが乗る。少し引っ張ると魚が出てきて
無事確保。17cmほどの白っぽいきれいなアマゴだった。



 この後、あたりをこそあるものの魚の顔は見られず、12cmを釣りあげ
リリース。予定の正午を迎えたところで終了。某川は、まだ水温が低い
せいか、魚のあたりが少なく今年の状況がイマイチ不安になる状況だ。
段戸川は、まあこんなところか?という感じだが、探る場所を変えれば、
まだまだ釣れるかもしれない。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。