FC2ブログ

4/28 静岡方面

メバル
04 /28 2016
4/28 静岡方面

■データ

・メンバー:Mさん Bigone
・エサ  :青虫 ザリガニ
・対象魚 :メバル(21~19cm 8匹 18~17cm 多数) 
チャリコ(22cm 2匹) ガシ(19~15cm 多数)

■釣行記

 今回は、GW前のタイミングで静岡方面。まずは、第1Pへと入り、キビレ、
チヌあたりを視野に釣り開始。ともかく、あたりは頻発する感じで、ガシが
釣れてくる。とはいえ、釣れてくるのはホントにガシばかり。途中Mさんが
アジを釣っていたが、それ以外はガシ。エサ取りのフグ、グレ。ということで、
早々に第2ポイントへ移動。

 第2ポイントは、珍しく、投げ釣りでお土産を狙いながら探りを入れていく。
意外に投げの反応が良く2投で2匹のチャリコを確保。そのため、投げが
かなり気になる状況とはなったが、当たりはあるが乗らず、探りに気合を
入れてい釣っていく。まずは、浅いタナを探ってメバルの反応が出たので、
メバル狙いで探っていく。途中良型グレが釣れて驚いたりしたが、メバルが
かなりいい感じで釣れる。




 型としては、20cm前後が中心、小さくても、18cmほどとまずまずの型だ。
数匹確保したところで、Mさんが良型のマダイを確保していて、驚いた。
私も続きたいと、マダイ狙いの投げに気合を入れたが、その後は前述の
とおり後が続かず。引き続き探りを続けていく。



 メバルの頻発するゾーンを発見。入れ食いを堪能していると、一気に
突っ込む引き。耐えていたが、もぐられて終了。さらに、少し後、水面近くまで
上げたところでなにか障害物に突っ込まれてこちらはラインブレイク。
良型メバルと思われる2発は、ともにばらしてしまい

 最終的には、20cm以上は4匹、最大21cmという結果となってしまった。
状況からすれば、良型含む相当な結果の可能性があっただけにとても残念だ。



 まあ、いい感じの魚の釣れ具合といい、投げでお土産のチャリコを確保した
ことといい、悪くない結果だった。GWは魚が釣れない時期ではあるのだが、
メバルだけはオンシーズン。もう少し楽しめそうだ。
スポンサーサイト



4/15 T島

根魚
04 /15 2016
4/15 三重方面

■データ

・メンバー:NAさん ソルティー ソルジュニ Bigone
・エサ  :青虫 ボケ
・対象魚 :タケノコメバル(32.5 30 23 15cm 各1匹)
      アイナメ(38.5cm 1匹) ムラソイ(19~ビリ 多数)
      メバル(20~17cm 6匹 ビリ数匹) ガシ(15cm 各1匹)

■釣行記
 今回は、久々にメンバーとともに、三重方面へ。ソル殿の事前情報では
良型が釣れるとのことだったので、気合を入れて釣りまくることにした。
到着は夕方、潮が低い状態で釣り開始。探っていくが、気配が薄くちょっと
心配な立ち上がり。暗くなってようやく少しあたりが出だす。

 ともかく新規開拓のため、いろいろな釣り場を試してみようということで、
結構移動しながら釣っていく。最初のキープ魚はタケメバ。テトラ際のフォール
に反応し、一気に重みがのったので、合わせるとまあまあの引き。23cmほどの
サイズでとりあえずキープができてほっとする。しかし、次はウミタナゴで
後が続かない。



 その後も沈黙が続き、探りを入れていったがなかなか型物にたどり着けない。
全体にムラソイが濃く、サイズは小さいがたまに当たってくる。そんな中、
NAさんだけは好調モード。アイナメのポンを2本、ムラソイ24cmなど、
相当な結果をたたき出している。ソル殿もソルジュニも、タケメバ1本という
感じで、やや低調な前半戦だった。

 探り続けると状況が好転してきたようで、ムラソイやメバルがいたるところ
で反応しだす。そんななかとうとう、ソル殿が尺タケを確保。私も続きたいと、
同じようなポイントを探っていく。すると前へ打った仕掛けが着底する寸前から
押さえこむあたり。一気に走りだしたので、リールをフリーにして少し送って
から思いっきり大合わせ。がつーんと重みが乗りさらに走る。仕掛けが太いので
竿を立ててぐっと耐える。ようやく浮いてタモ入れ。体高もあり、ブリブリの
好魚体のタケメバで32.5cmと久々の尺超え。




 続いて、付近を探り歩くと、メバルポイントを発見。先ほどのタケメバと
同じく、一気に走るので、リールをフリーにして対応したほど。20cmほどを最大
に相当な数のメバルが居るらしく、ほぼ入れ当たり。数匹釣ったところで、
見切って再度移動する。

 その後、NAさんおすすめのアイナメP付近を探っていると、小さいあたりの後、
ボケ餌を一気に吸い込むようなあたり。しかし、重みがあるが走る感じもない
ため、ゆっくりとついていって送り込む。チヌかな?と思いながら、十分に
重みを乗せて大合わせ。先ほどのタケよりスピードはないが明確にトルクの
ある引きに、チヌか?と思いながらさらに耐える。突っ込みをかわしながら
浮かすと茶色の大きな魚が浮く。ようやくここでアイナメだと気付く。
アイナメPだったのに。この魚は38.5cmと大型である上に、肉厚ブリブリの
メタボ。こんなアイナメは初めてという感じで、サイズ以上のでかさ感だった。

 

 もー、満足と思いながら、最後にタケメバを釣った付近で探る。場所的に
こんなところだろうというところをたたくと、もわっとしたあたりと共に重みが
乗る。あたりの質に期待しながら、少し送って大合わせ。予想通りの大型で竿が
満月に。魚の引きに合わせて移動しながら浮かせてくると。30cmというサイズの
タケメバ。尺2本は人生初だ。今回の魚はすべて状態がよくて、引きが素晴らし
かった。



 気合の新規開拓だけあって、いい結果になったが、ソルジュニだけは
腰痛発生もあり、不完全燃焼。魚の濃さはそこそこだが、ジアイをとらえる
必要ありというのが、今回の結果だった。また、トライしてみたい良い釣り場
だったし、ポイントもある程度見極めができたので、休ませながら再度挑戦して
みたいと思う。



 このブログ、完全に釣り以外のことは書かないのだが、閲覧が100000IPを超えた
この機にあらためて、みなさんが見てくれていることに感謝したいと思い
この段落を追加させていただいた。IP/PVが増えていくのは、大変うれしく、
みなさんが読んでくださっているおかげだと思っている。未熟な釣り、
読みにくい文章だが、引き続きご愛読いただければ、と思っている。

4/9 段戸川→某川

渓流
04 /09 2016
4/9 段戸川→某川

■データ

・メンバー:Kさん Bigone
・エサ  :キジ
・対象魚 :アマゴ(19~15cm 5匹 それ以下 15匹ほど)
      イワナ(19・15cm 各1匹)
     

■釣行記

  今回は、先輩のKさんとの渓流釣行。HGの3か所を2人で
 攻めてみようということで、初の同行釣行となった。
 雨で水量もやや増、かなりいい感じの状況と想定して釣り開始。

  まずは、最上流の久々のポイントから釣り開始。状況から
 浅いポイントで魚が反応するだろうと思い、浅いところも
 丁寧に釣っていく。まず、一投目で落ち込みポイントを探ると
 早速魚が反応。チビアマゴが上がってきた。その次は、浅い瀬で。
 ここでは14cmほどのアマゴが釣れて一応キープ

  状況もよく、Kさんと順にポイントをたたいていく。浅いところを
 ゆっくり流していくと魚影が見えてあたりがでる。魚はイワナで
 15cmほどだったが、久々のイワナの姿にうれしく思う。続けてKさんが
 18cmほどのアマゴを確保。まあまあサイズの登場でいい感じの釣りとなる。

  途中、いい魚をつり落としたりしながら上流へ上がっていく。
 このポイントで最もおいしいと思われる淵に到着。ここで、Kさんが
 21.5cmのナイスイワナを追加。さらにいい感じの釣りになっていく。

  続いて第2Pへ。ここはいつもの上流Pで、同様に2人で探りを入れる。
 結構反応がよく、出る魚のサイズもよくなってくる。まずは、早い瀬で
 16cmを1匹。淵の岩影をねちっこく探っていると、ココでグンと持ち込む
 あたりで18cmのグッドアマゴを追加。

  さらに流心を外したところで、一気に走る魚は乗りきらず。この魚を
 再度攻めて再びあたり。ということは、予想通りのイワナで19cm。



 さらに、瀬で18cmのまあまあサイズが出てだいぶ満足感が高まる。
 このあと予定していた場所まで探ったが、活性が下がったのか、
 ショートバイト中心となり追加できず。ここでは5匹キープ

  最後に、某川へと向かう。Kさんおすすめのポイントでチビ1匹。その少し
 上流の瀬で狙い通り、17cmのきれいなアマゴを追加。チビ3匹追加して、
 再移動。最後は某川の私のメインP。ここでの釣りは、型が小さくお持ち帰りを
 迷う程度まで。7匹ほど追加して終了。



  まあ、数も釣れてお土産もあり楽しい釣りとなった。今年もあと1・2回、
 渓流にも行くと思うが、この調子でいい釣りができるとよいが。

4/3 段戸川→某川

渓流
04 /03 2016
4/3 段戸川→某川

■データ

 ・メンバー:Bigone
 ・エサ  :キジ
 ・対象魚 :アマゴ(22~21cm 2匹 17~15cm 2匹 それ以下 5匹)
     

■釣行記

  今年3回目の渓流釣りは、雨が少なく条件の悪い日曜日ということで、
 期待薄の状況となったが、今の状態を確かめるため、解禁直後に入った
 下流域を釣り上がってみることにした。

  解禁時より温かくはなったが、水量も少な目で条件はあまり良くない
 様子。釣り上がっていくと、とりあえずあたりは出る。釣り開始直後に、
 アブラバヤが出たものの、その後は、反応はするだけで、食い込むあたり
 までは行かない。その後、丁寧に探っていくと、あたりの出るパターンは
 見えてきた。浅いところ、流れの弱いゾーンであたりがでる。そのうち
 二度は重みがのり、合わせたが、かかりが浅くばらしてしまう。

  そろそろ、移動して魚の顔を見たいと思いながらも、あたりが続くので
 我慢して遡上してみた。大渕の渕尻を流すと、目印反応する魚が見える。
 水面の餌に反応しているのだろうか、キジに反応が悪かったのが
 うなずける。この付近でもう1回流すと、もぞもぞと当たる。子流しでは
 乗らず、アブラバヤかと思ったが、次の一投でしっかりと送り込むと
 まあまあの引きの魚がかかる。これは、成魚放流のアマゴでとりあえず
 ボウズ逃れができた。

  この淵には成魚がいるらしく、1匹ライズしているのが見えた。この魚
 とは違うゾーンでもう1度当たりがでる。合わせると先ほどのものより
 一回り大きな成魚アマゴがつれる。まあ、成魚放流でイマイチきれいさに
 かけるが、お土産ができたことにほっとして、残り時間を某川にかける
 ことにした。



  某川到着後、いつもの場所から探っていくが、こちらもショートバイトで
 なかなか食い込まない。あわてず丁寧に渕尻を探ると何とか初ゲット。
 12cm程度のチビだがきれいなアマゴが釣れる。この後、日の当たる
 瀬尻、瀬をパターンにあたりがでて、ちょっとずつかかるようになる。
 15cmをキープし、細くなった流れの瀬の岩陰での止まりあたりで、
 17cmのアマゴを追加して本日は終了。



  後半はいい形の釣りになったし、場所が合えば魚はいっぱいいる。
 日の当たらないところには全くいないところを見ると、ハッチを意識
 したポジションに魚がいたと思われる。こうなると、キジの餌は
 なかなかつらくて、苦しい釣りになった。
 
  久々の厳しい渓流釣りではあったが、それでもお土産もあり、まあ
 それなりによくやったとは思う。雨、増水等条件が整えば、どちらも
 まだまだ釣れる気がする。

 

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。