FC2ブログ

4/28 静岡方面

メバル
04 /28 2017
4/28 静岡方面

■データ

・メンバー:NAさん Bigone 
・エサ  :ストロー 青虫
・対象魚 :メバル(26.5cm 19cm 各1匹) ガシ(21~19cm 3匹 以下 数匹)
       
■釣行記

 今回は、昨年同様GW直前釣行で静岡方面へ。狙いはこの時期好調になる
メバルをメインに、その他良型魚に期待を込めての釣りとなる。

 到着後、メバルの本命ポイント付近を探るが、例年とは状況が違うのか、
あたりが出ない。そうこうしているうちに1時間ほど当たりなしの時間が
過ぎる。しつこく探っていると、ようやくの当たり。メバルっぽい当たり
だったので、丁寧に丁寧に送り込んで合わせると、一気に穂先を絞る。
良型確定の引きに喜びながらも、潜られないように耐える。ようやく浮いた魚を
確認しタモ入れすると、26.5cmと相当な良型のメバル。



 この後続いてくれることを期待したが、逆に沈黙が続くのみ。底付近で
ガシ、ゴンズイが反応した程度で終了してしまった。NAさんも不発のまま。
悪いことは続くもので、移動時に竿を1セット置き忘れてしまい、大損害。
ほんとにもったいないことをした。

 移動後は、ガシを中心とした狙いのポイントへ移動。まずは浅場でチヌ、
キビレ等を狙ってみる。すると、それっぽいあたりが2回出て素針を引く。
三度目の正直で送っていくと魚が一気に外に走る。あわせをくれて勝負開始と
思った瞬間針が外れて終了。その後、このポイントで魚の反応がなくなって
しまった。明らかに良型魚だっただけに相当残念だ。

 その後、捨石や底周りでガシをパラパラ釣って土産を稼いで行く。NAさんは
途中良型のガシを確保していた。捨石周りで、19cmのメバルを1匹追加。
さらにガシを釣ったところで予定の時間がきて終了とした。

 年間の目標としている25cm upのメバルを確保できたことで満足感は
あるが、最初のポイントの状況が悪すぎたのが残念だった。第2ポイントは
まあ、想像通りの結果とはいえるが、最初の良型を逃したのが、痛かった。
GWという釣れない時期ではあるので、致し方なしといえばそれまでだが、
もう少しいい結果だとよかったと思う。
スポンサーサイト

4/23 某漁協 M川→H川

渓流
04 /23 2017
4/23 某漁協 M川→H川

■データ

・メンバー:Kさん Bigone 
・エサ  :キジ
・対象魚 :イワナ(19~16cm 6匹 以下6匹)アマゴ(20~15cm 4匹 以下2匹)
       
■釣行記

名倉川漁協に愛想をつかしたわけではないが、Kさんと一度挑戦したいと
思っていた某漁協へ初挑戦。本流も支流も釣れているとのことだったが、
初めての挑戦だったので、まずはM川からスタートしてみることにした。

当然様子がわからないため、探りながらの状況。2人で上下流に分かれて、
釣り開始。まず川に降りると、1匹ライズしている魚が見える。この魚の
上流に餌を振り込んだが、気配で上流へと逃げていった。その先の落ち込みを
流すと、本日初当たり。まずはあたりがあることに喜ぶ。さらに、その次も
当たるが乗せられず。そろそろやばいな、と合わせを相当遅らせてやると
ようやく乗る。結構な引きでいい感じの魚が登場する。早速の20cm超えの
体高のあるいい魚だった。



こりゃ良型爆釣か?と思ったがさすがにそうはいかず、ココからはチビと
戯れる。途中アブラバヤ交じりで、イワナ中心の釣りが続く。次のキープは、
早い流れのエゴ下から。17cmほどのイワナがまあまあの引きで抜けてきた。

この後、チビイワナが多いがまあまあの釣りを続け、次のキープはいかにも
それっぽいイワナポイントから。投入直後にイワナの魚影が見えて、岩陰に
戻る。ゆっくり糸をはると加えている様子だったので、合わせて勝負。最後は
タモに誘導して19cmほどのイワナを確保。

Kさんもかなり順調に釣果を伸ばしているらしく、総数は20を超えている
とのこと。私もまあまあの状況で2時間半ほど経ち、このポイントの締め
くくりとして、2人で堰堤ポイントを攻めてみる。堰堤手前で、アマゴを
1匹キープ。さらに、キープサイズを2匹追加し、前半終了。Kさんは堰堤P
で良型2バラシで残念だった。

午後は、別の川を探ってみようということになり、H川へと移動。こちらの方が
明らかに渓相が厳しく、遡上が大変だった。まずは入川口すぐのポイントで
リリースサイズのイワナを追加。この川にも魚がいることがわかり、一安心。
さらに、堰堤下で17cmほどのイワナを追加。ここで、再び2手に分かれて、
私が上流側を釣ることに。こちらでも、単発ながら、イワナが釣れる。
サイズは16cmほどと、ぎりぎりのキープサイズが多かったが、落ち込みの
白泡の中には結構な確率でこのサイズがついていて、都合4匹キープして、
本日の釣りを終了。



びっくりするような良型には出会えなかったが、数も型もまあ、十分に
満足できるレベルだったので、初挑戦としては十分すぎる結果だった。
もっとでかいのが出るところもあると思うし、次回以降が楽しみになる
ポイントだった。

4/14 塩浜テトラ

クロダイ
04 /14 2017
4/14 塩浜テトラ

■データ

・メンバー: Bigone 
・エサ  :青虫
・対象魚 :チヌ(37cm 1匹) ムラソイ(18cm 1匹)
       
■釣行記

 ほんとは早めに到着しようと思っていたが、ことのほか
仕事が面倒で、結局到着したのは、9時半ごろ。前回
チンタPで不発だったので、この時期チヌが出て、
根魚の実績もそこそこのソルPを目指して歩く。

 かなりうねりがあり、錘もいつもより重めの3Bを
選択し釣りを開始する。Mさんの情報では、ボケへの反応が
良いとのことだったが、まずは青虫で探りを入れる。まずは
うねりのあるテトラの鼻先へ仕掛けを送り込む。そして、
カーブフォールをかけていく。

 少しうねりがあって当たりが捕りにくい状況だったが、
仕掛けをなじませていく。少しテンションをかけると、
穂先を抑え込むあたり。少し待つと一気に外に向けて
糸が走る。合わせを入れる間もなく勝負開始。魚の引きから
チヌと確信、合わせが不十分だったため、強めにテンションを
かけて勝負する。すると、独特の首を振る動きが伝わってくる。

 途中ほんの少しだけ糸を送りあとは、耐えるのみ。かなりの
サイズではあるが、時期的に突っ走らないので、溜めて浮かせて
くる。まあまあのチヌが浮いて、一度スルーしたが無事タモ入れ
完了。タモの中で針が外れていたのであまり余裕はなかった
ようだが、それでもうまくやり取りして確保。昨年は1匹も
釣れなかったチヌなので、さすがに嬉しい。しかも到着1投目。



 ただ、一投目で釣ったものの、チヌが出るし、根魚にはいい
雰囲気ではないな・・・と漠然とした予感があったのだが、この後
全く反応なし。キープしたチヌもいるので大移動も難しく付近で
当たりのない時間を過ごす。最後に思い切って魚を置いて、
少し移動して勝負する。ここでもチヌっぽいあたりが出たが、
乗せられず。テトラ際でムラソイを確保して、11時を迎えたので
早々に終了とした。

 到着時間がもう少し早ければ、結果は違ったかなとも思うし、
川の水温が低いので奥のほうが魚の活性が高いのかな?とも思う。
ただ、例年なら根魚爆釣していてもよい時期なのに、魚が薄すぎる。
なにか、問題があるのか?と思うほどの魚の薄さで、心配になった

4/7 塩浜テトラ→磯津漁港

根魚
04 /07 2017
4/7 塩浜テトラ→磯津漁港

■データ

・メンバー: Bigone 
・エサ  :青虫
・対象魚 :ガシ(19cm 2匹 ビリ 8匹) メバル(ビリ1匹)
       
■釣行記

 今回は、チンタPへ早目の到着で勝負開始。Mさんが
相当いい結果を出していたので期待して釣り開始。ところが、
うねり少々、砂濁り濃いめ、雨と温度上昇で、今年は大量に
残っている雪代が入った・・・ということだろうが、どれだけ
探ってもあたりがない。

 短時間勝負と決めていたので、2時間ほどが過ぎたところで、
あきらめて磯津へと移動。こちらは一投目からあたりが出て、
魚は動いている様子だった。しかし、ストラップサイズの
ビリガシばかりでまともな魚が動いていない。

 先端付近のどん底を攻めると、ようやく少しましな魚を確保。
ガシの19cmと干物用ならキープかな?というサイズ。続けて
同サイズが釣れたが、その後、気配が薄くなったので早々に
リタイヤ。渓流といい今回の海といい、自信のHGでも釣れないと
なると今後どうしたらよいやらと不安になる結果で、日ごろの行いを
反省したほうがよいかも・・と思ったりする。

4/2 某川→段戸川

渓流
04 /02 2017
4/2 某川→段戸川

■データ

・メンバー:ソルティー Bigone 
・エサ  :キジ
・対象魚 :アマゴ(15cm 1匹)
       
■釣行記

 ソルティーが一度渓流釣りに挑戦したいと言っていたのを
思い出し、前回より気候的にも状況が好転していると思われる
渓流へ。万全を期して、某川でソルティーに好釣果を味わって
もらうつもりだった。

 ところが、探っても探っても気配なく、魚も見えず、これは
まずいな・・・という感じの釣りが続く。あたり2魚0で前半
を終了。

 移動後は、段戸川の上流域。こちらも、昨年まではそこそこ
釣れたので、場所を大きく変えて気分も変更した。到着後、
早々に1匹アマゴが釣れてボウズがなくなった。ところが、
この後は、どれだけ探ってもあたりすらなく、時間切れ終了。

 過去に渓流釣りの釣行記をかなりの数書いているが、最も
ひどい結果だった。名倉川漁協の状況が悪く・・・昨年の稚魚の
成育が相当わるかったのか?とも思う。HGを変えることも含めて
以降の渓流釣りを考えなければ、と思う釣果だった。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。