FC2ブログ

5/25 KN→ST

メバル
05 /25 2018
5/25 KN→ST

■データ

・メンバー:ソルティー SJ Bigone
・エサ  :青虫 ストロー 
・対象魚 :メバル(22~21cm 3匹) アジ(22cm 1匹)

■釣行記

 この時期良型メバルが釣れる神島と、いろいろな魚で楽しめる
北陸方面と迷ったが、神島のメバル情報がイマイチ、ということで、
久々の北陸地獄めぐりツアーを敢行することとなった。

 まずは、まともに釣りをするのは久々のKNから。明るいうちに到着し、
いろいろなポイントを探っていくが、気配が薄く時間が過ぎる。途中、
キジハタのチビかな?というあたりが続いたが、これは結局乗せられず、
掛かるのはオコゼ、ビリソイ、ビリガシと苦しい時間が続く。

 だいぶ時間がたち、先端を探っていると、スーッと持ち込むあたりが
出る。合わせると今日初のまともな引き。抜きあげると21cmとまあまあ
サイズのメバル。とりあえず本命の魚が釣れてほっとする。その後移動し
小堤防へ。

 小堤防はあたりが連発。付け根で18cmのメバルを釣ったのを皮切りに、
22cmほどのメバル2匹、ウグイ2匹、アジ1匹、ガシ2匹とバタバタと魚が
釣れる。お土産もそこそこ確保し、移動しようと思ったところ、餌箱が
全開になり餌が海に散乱。えらいことになった。

 移動後は、STこちらは風が強く釣りづらい。餌は途中で購入し気合十分
で望む。ところが、開始直後、ソルティーが餌箱を落として餌をなくし、さらに
探り始めて30分、私がビリメバを3匹釣ったあたりで、餌箱の蓋のゆるみに
より、再び餌を放流。あきらめて餌屋に向かったが閉店。ということで、
今回STではまともに釣りをせず、帰りの運転に備えることになってしまった。

 以降、SJは40cmチヌを確保、ソルティは28チンタ、20弱メバル2匹という
感じの土産を確保して終了。

 ルアーでもメバルが反応しだしていたらしく、後半餌があれば結果はかなり
違っただろうと思う。かなり悔しい結果ではあったが、致し方なし。また次回
以降の遠征に期待したいところだ。

18052501.jpg
  メバル1匹はクーラーキープにより、写真なし
スポンサーサイト

5/20 矢作川

アユ
05 /20 2018
5/20 矢作川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(17~9cm 10匹)

■釣行記

 本来ならば、土曜日終日の鮎狙いの予定だったが、
土曜日は朝の雨で増水、風もバーバー。日曜日もまだ
水が高く、気温も低いので昼過ぎからの短時間勝負としてみた。

 到着すると、狙いの寿楽荘は相当な人気の状況で、
入れる場所がほとんどなかったので空いている場所で
釣り開始。当たり前の場所は釣られているだろうと
思いながらおとりを泳がせていく。手前のよれから釣る
つもりだったが、いきなり流心を横切って対岸の浅瀬へと
魚が向かう。およがせることしばし、ぶるぶるっと感覚がでる。
いきなりの掛かりに驚いたが、とりあえず1匹目を確保。
アブラビレカット?の魚なのかアブラビレがなく、しかも目掛り
してしまい動きがイマイチになってしまった。

 このおとりではかからず、養殖に戻し対岸の反転流を
探っていく。ここで小さ目がかかり2匹目。同じく、このあたりを
攻めていくと、はじめて良いかかり方できれいな黄色い鮎。
追星が出たきれいな魚だった。3匹目を釣ってからかからないので
少し移動して、釣り再開。少し泳がせていくと、ギラギラと水中で
かかり鮎が見える。抜いたが、落ちてしまった。同じ筋でチビを1
匹追加。上の早い流れのそばで1匹追加して5匹。

 この後は付近で全く反応がなくなり、さらに下へ移動。すると
群れアユが居る様子ではねている魚が多くなっていた。ここに
絡ませていくと、反応がありパラパラと釣れる。ただし、けられたり
外れたりとあまりうまく釣れず5匹追加まで。途中、マス系と
おもわれる魚をかけたが、エラアライ一発でハリス切れ。

 最後に、もう一度反転流で1匹かけたが、外れてしまった。今回は
結構かかったのに外れた魚が多く、うまく確保していれば15匹
ぐらいは行けたかと思う。特に、群れアユはまあまあいい状態で
絡んできていただけにもったいなかった。

 とはいえ、濁りもあって条件も悪かった中での2桁確保は、
まあ満足のいく結果と言える。今年も当面はこのポイントを
メインに釣っていくことになりそうだ。

18052001.jpg

5/12 矢作川

アユ
05 /12 2018
5/12 矢作川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(16~13cm 18匹)

■釣行記

 今年初の鮎釣り。今年は、矢作川解禁翌日と過去に例のない
早い時期の釣行となった。勝手知ったる寿楽荘を狙っており、
早めに到着して場所を確保する。狙ったところは確保できなかった
ものの、まあ、ここならというところを確保した。まわりで話を聞くと、
昨日も11時ごろまで掛からず、だったらしくスタートまで2時間ほど
時間をつぶして、9時半ごろに釣り開始する。

 まずは、目の前の緩い瀬におとりを泳がせること数度、目の前
を食み上がっていく魚が見える。その直後ギラっと光って今年の
1匹目がかかる。口がかりだったが、比較的早くおとりが変わる。
ただし、久々過ぎてキャッチミス。バレリーナでのスタートとなってしまった。
この後、だいぶたって次の群れが通り、このタイミングでかかって2匹目。
次の群れが通ったときも、反応があり蹴られる。そして、オトリが群れアユに
反応し、奥の深みに突っ込んでいく。この頭で群れ鮎がかかって3匹目。
11時ごろまで釣って3匹と低調なペース。この時間までに、移動して
行く人もいたぐらいだった。

 その後、上流側に泳がせていくと初めてきれいなかかりで、いい引きを
する黄色い鮎がかかる。この後は、少し早い流れの左右でパラパラと
追って掛かる。らしい形でかかるので非常に楽しいが、目印が飛ぶような
当たりはない。小さなコツンというあたりや、目印が小さく引き込まれるような
当たりをとっていく。唯一の吹っ飛びあたりは、けられてかからなかった。

 上流の人はそれなりに釣れているが、私の場所は小場所だったため、
ピンポイントで数匹釣ると魚が居なくなる感じだった。反応が悪いので、
少しおばせ、オトリの動きに合わせて操作すると掛かってくる感じだった。
掛かる魚は大体抜けたと思うし、かなりうまく釣れた気がする。

 かなり粘ったが全くかからなくなったので、下流側の深みへ。ここでは
群れアユに絡ませて2匹。さらに上流側の深みではと4匹がパラパラと掛かる。
5匹目はいいあたりでかかったが、ダンゴになって落ちてしまう。そろそろ
上がろうと思っていたのに、空中分解が最後は縁起が悪いな、と思いつつ。
この後帰りがけの駄賃を狙って浅瀬を通す。するとラッキーなことに、きらっと
光って下流に下っていきもう1匹追加。オトリ抜きで18匹という数は、
今年の矢作の情報からすると、まあ十分な結果と言えそうだ。

18051201.jpg

 ともかく、いる魚はちゃんと釣った印象。いい場所ならばもう少し釣れたなと
思うが、過去の初回に比べれば十分な進歩。やっぱり鮎釣りは楽しかった。
矢作の今後はやや心配ではあるが、来週は釣れてくれるのだろうか?

18051202.jpg
  <釣果の一部・・おとり含む>

5/4 塩浜テトラ

根魚
05 /04 2018
5/4 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:SJ Bigone
・エサ  :青虫
・対象魚 :ガシ(21cm 1匹 19~17cm 20匹ほど 以下数匹)
      ムラソイ(ビリ5匹) グレ(32・30cm 各1匹)

■釣行記

 久々のHG、本来ならメバル、乗っ込みチヌが釣れる時期なの
だろうが、今年の情報からするとどちらも不調な感じ。タケメバも
今年は少ない様子となれば、ガシ釣りか?と思いながら、単発で
出る良型メバルをメインに釣り開始。

 今回はSJとの同行釣行、やや奥目のポイントで釣る。ソルティーは
単独で最奥にいるとのことで情報交換しながら釣っていく。まずは
一投目と思うが早いか、SJがガシを確保。私も数投後にガシを
確保する。型は19cmほどと、ビリではないがキープに迷うサイズ。

 この後も、ガシのこのサイズがひたすら釣れる。手前も足元も
同サイズ。前に打つと型が下がるという感じだった。そのうち、
一気に突っ込む引きが出て、いったか?と思ったがこれはグレ。
サイズは32cmほどとこのあたりでは最大級のでかさだった。

 その後も、釣れるのはガシ。SJもグレ・ガシ、ソルティーも同様との
ことで、なかなかいい魚に出会うことができない。いったん満潮の
潮どまりで食いが止まったため、少し手前に移動して再開。再開後、
超前でイイ反応が続いたので、こちらで魚を順調に確保していく。
そのうち、フォールでいいあたり。これを合わせると思いっきり首を
振る良型魚がかかる。チヌか?と思ったがまたしてもグレ。これも
30cmはありそうなサイズだった。

 最後にガシの21cmを追加したのがまあまあで結局良型は出せず。
途中メバルっぽい当たりが1回だけあったが、乗せられなかった。SJは
最後にタケメバ26ぐらい?を確保し刺身級も確保して、まあまあの
結果となっていた。

18050402.jpg


 当たりはいっぱいあるし、釣れる魚も18cm前後なのでまあまあ引くし、
楽しい釣りにはなった。ただ、ここまで釣れるのなら、刺身サイズが
ほしかったな~という感想だった。そして、メバルも、チヌもいないのに、
グレだけはこの時期から活性が高いという、嬉しくない状況を確認しに
行った感じだった。

18050401.jpg

5/2 名倉川漁協 某川

渓流
05 /02 2018
5/2 名倉川漁協 某川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :キジ
・対象魚 :イワナ (19~18cm 2匹)
 アマゴ(21・18cm 各1匹 16~15cm 7匹 以下数匹)

■釣行記

 昨年不調だったため、一旦見切った?名倉川漁協の渓流。
ところが移動先?の渓流もあまりいい結果が出ず、今年の
名倉川漁協の様子確認のため、GW真ん中の平日に某川に
向かった。

 上流側に入ろうと、車を進めていくと、GWだけあって珍しく人が
入って渓流を楽しんでいる様子。さらに上流のいつものポイントに
車を止めて釣り開始。水量が少ないかと思っていたが、先日の
大雨の影響か?かなりの水量があって期待できる状態。

 まずは入川口から少し進んだポイントで釣り開始。最初のポイント
ではあたりが出ず。続いて次のポイントで早速あたりが出て、きれいな
アマゴが出る。サイズは13cmほどでリリースしたが魚が早々に
反応したことに喜ぶ。続いて周辺で15cmアマゴを釣り最初のキープ。

 その後あたりがあるし、魚も見えるが釣れないという状態が続いた
ため、針のサイズを思い切り落としてみる。すると明確に魚の反応が
よくなり、小さいのが釣れはじめる。この後、大渕の落ち込みの泡を
丁寧に探ってとうとう、いい引きの魚を引き出す。18cmと初の塩焼き
サイズのアマゴ。さらに同じポイントで探るとさらにいい引きの魚が続く。
こちらは21cmと十分な良型アマゴで一気に満足モードに。

18050204.jpg

 上流へ進みながら、15cm級をパラパラとキープしていく。分断された
流れが落ち込む淵で探ると一気に走って重みが乗る。これは良型と
思ったが外れてしまった。もったいないなと思いながらしつこく探って
いると同じゾーンで当たる。これもいい引きで今度は丁寧に抜きあげて
確保。19cmのイワナだった。、さすがイワナ、食い直ししてくれたようだ。

18050203.jpg

 さらに上流のチャラ瀬を探ると、いいあたりが出て合わせると黄色い
腹を見せた魚がばれてしまった。イワナ確定なので、もう一度食わないか?
と思って探りなおすとしっかりと反応して今度は強めに合わせて確保。
18cmのイワナだった。予定の最終ポイントでいいあたりでアマゴ1匹確保、
1匹直前バラしで終了。

18050202.jpg


 あまりによく釣れて11匹キープできたので、ほんとは
3か所巡る予定だったが、雨が降りだしたこともあり、
1か所のみで終了。ほかの川も見たかったが、とりあえず、
某川で魚が釣れることがわかっただけでも収穫。
別の川の確認のため、名倉川漁協にもう1回行ってみたいなと
思った。

18050201.jpg

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。