FC2ブログ

11/30 塩浜テトラ

根魚
11 /30 2018
11/30 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :青虫
・対象魚 :クロソイ (27・25cm 各1)
      ガシ (23~21cm 5匹 20cm 1匹 ビリ1匹)
      タケメバ(21cm 1匹)
      セイゴ (ビリ多数)  
        *サイズは目測(やや控え目で)

■釣行記

 今回は前回から好調のHG。今回も良型根魚を狙っての挑戦。
前回ブレイクしたタケメバないしクロソイの良型を釣る狙いで、
お土産はこれまた良型が回っているガシという確実にいい結果が
期待できる状況(と信じていた)

 まずは、釣りを開始していつものあたりを探るがあたりがない。
少し心配になったが数投後、チビガシが釣れる。ここも良型しか
釣れない感じの前回とは違い不安になる。さらにセイゴ連発が
追いうちをかけて、30分ほどはあまり状況が好転しない。

 そこで、際穴狙いに変更してみるとガシが来る。21cmという
サイズでとりあえずキープ。次の1匹も22cmほどと良型ガシが
連発。次のガシをすかりに入れようとすると根がかりしていた。
何とか外してキープ。

 その後もガシが連発。途中23cm級を2匹つり、20cmは余裕の
リリース。5匹キープできたので、タケメバ、クロソイ狙いでテトラ前
を狙ってみる。すると、すぐに良型の引きで根ずれであっさり
切れる。その後、同様に探って25cm強のクロソイを確保。さらに、
同様に釣って本日最強の引き。外へ奥へと突っ込みまくる。
独特の引きに耐えること15秒ほど少し引きが弱くなったところを
一気に浮かせて勝負あり。型は27cmほどはあったと思う。

 自己記録に近いクロソイを手尺確認してにんまり。最後は、
根がかりしてしまったので餌を捨てて、予定より早めに終了とした。

 今回は旨い刺身と煮魚と・・・とニコニコでスカリを上げると、
異常に軽い。軽すぎる。中には21cmのガシ2匹と、キープ魚
最少の2匹しか残っていない。よく見ると、スカリにちょうど魚が
通れる程度の穴が開いており、ここからみんな海にリリースして
あげていたようだ。

 ほんと。。。。一気にショックでおもわず残り2匹もリリース
しかけたが、親父にあげるつもりだったので、キープして
持ち帰った。クロソイ食いたかった! と子供たちと凹んだが、
まあ、釣り自体は非常に面白かった。

 この好調のうちに、初の尺クロソイとか良型タケメバを
確保したいところだ。また近々HGに行きたいと思う。
スポンサーサイト



11/24 鳥羽方面

根魚
11 /24 2018
11/24 鳥羽方面

■データ

・メンバー:K君 Bigone
・エサ  :青虫
・対象魚 :ガシ (23~19cm 6匹) タケメバ(26cm 22cm 1匹)
メバル(20~18cm 4匹 以下 多数)
      セイゴ (28cm 24cm ビリ多数) 

■釣行記

 今回は鳥羽へ。K君を足場がよくて根魚がよく釣れる鳥羽ポイント
へとご招待し、楽しい釣りを堪能してもらおうということで、いつもの
奥ポイントからスタート。

 まだ明るい時間から釣り始めるが、フグやチビ根魚の反応を
見ながら釣っていく。暗くなるとメバルやガシが活発化する。まず
キープしたのはタケメバ。サイズは22cmという小さ目だがまずは
お土産確保。さらに釣っていくと、ガシの23cm、19cmと大きくないが
キープサイズが増えていく。メバルも20cm弱のサイズが釣れて
一応キープする。さらにセイゴ。ビリが多い中30弱と25弱の2匹は
塩焼き用にキープした。

 K君もメバルを中心に、そこそこの魚をキープし悪くない状況。
狙いの良型タケメバには会えなかったため、最後に第2ポイントを
釣ってみる。ここは魚のあたりはあるが、そこまで活性が高くない。
いつもより条件は悪かったが気合で探り続けた結果とうとうビューんと
走るあたりがでる。ついていって送っていってさらにテンションを
かけて大合わせすると一気に走る。竿を立てて耐えること数秒
奥から横に走りが変わる。そこで浮かせることに成功。サイズは
26cmとそこまで大きくなかったが狙いの魚で、いい魚体で十分
に満足して終了。

18120302.jpg


 今回は、狙いのタケメバ25UPを確保したし、足場のよいところで
気楽に楽しむことができたのもよかった。K君もお土産確保し
喜んでもらってなによりだった。

11/16 塩浜テトラ

根魚
11 /16 2018
11/16 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :青虫
・対象魚 :ガシ (26~22cm 6匹) クロソイ(12cm 1匹)
      セイゴ (20cm前後 多数) 

■釣行記

 久々のテトラ。ただし、テトラ歩行が少なくなりそうなチンタPで
根魚狙いに徹することにした。爆釣を期待していたが、1投目2投目
ではあたらず、少し移動して3投目。ここで本日の初当たり、からの
一気にしめこみに、早目に合わせる。すると、でかい。前回鳥羽での
ブレイクとは少し違い竿下の浅いところでガンガン走る。クロソイが
タケメバの良型と思われ、相当耐えていたが突然テンションが抜けて
ブレイク。はぁぁ・・・また・・・とこっちのテンションもダダ下がり。

 その後あたりがなく進み、足場の安定しているゾーンを移動しながら
釣っていく。すると再び当たり。これは先ほどとは違い少し前あたりが
あったが、その後一気に加速していったのでここで大合わせ。これも
まあいい引きねと思った瞬間外に向かって猛烈に走る。先ほどは
耐えて切られたので、今回は少し外に送り出す操作をしたが、根ずれ
があったのか、今回もフッとテンションがなくなりブレイク。良型2匹
バラシに、私のテンションは、これでもかと低下していく。

 そして、1匹目の魚はビリセイゴ。ただこのタイミングから魚の活性は
かなり良くなってきたらしくあたりが出るようになる。次の魚はガシ。
22cmほどの悪くないサイズだったが、先ほどまでのでかいの連発
バラシの後なのですんなり上がった印象だった。その後、良型ガシ祭り
開催。最大26・25cmという良型を交え、22cm以上が計6匹。

18121703.jpg


18112001.jpg

 20cmクラス2匹をリリースした。チビは1匹しか釣れず、ガシなら良型
確定というつりになった。後半にも、合わせ切れによるブレイクに
見舞われ、合計3ブレイクという情けない結果に終わった。

 ビリセイゴが相当多かったため、ボケ10 青1杯を使い切って終了。
まあ、土産は十分なのだが、何せ良型を獲れなかったのがあまりに
痛い。確実にデカかったし、魚の種類も違っただけに、残念だ。
またリベンジに行ければと思う。

11/9 鳥羽方面

根魚
11 /09 2018
11/9 鳥羽方面

■データ

・メンバー:Bigone ソルティー
・エサ  :青虫
・対象魚 :タケメバ(28cm 24cm 各1匹 以下2匹)
      メバル (22cm 1匹 以下数匹) クジメ(23cm 1匹)
      ガシ  (22~20cm 6匹 以下多数) 
      ヒラセイゴ (24cm 22cm 各1匹) アジ(21cm 1匹)他

■釣行記

 今回は、鳥羽方面ややおバカツアー。ソルティーとの本家
おバカコンビでの釣行なので、普段なら朝までOK、という
ところだが、翌日の予定もあり、てっぺん終了の約束で、
鳥羽方面2か所の予定で夕方から釣り開始。

 第1ポイントでは、過去の実績のある2か所を攻めまくる。
濁りが強く、午前の雨の影響が強い様子。おバカ釣行では
最近まともな釣果を得ていないソルちゃんではあるが、
暗くなってから爆釣モードに突入し、ムラソイ25cmクラスを
筆頭にメバル、ガシを連発させている。

 私はというと明るいうちに、ガシ、クジメを確保し、土産を
増やしていく。暗くなってからはメバルを追加。2匹目は22cm
とまずまずのサイズで楽しめる状況となってきた。これからと
いうところだったが、予定していた移動時間になったため、
第2ポイントへ。

18120303.jpg

 第2ポイントでは、良型タケノコの実績があるため、狙っていく。
こちらも濁りがあって心配したが、一投目からいろいろな魚が
釣れる。セイゴが多かったが、ガシ、ビリメバなども釣れて、
餌がどんどんなくなっていく。最初のキープはヒラセイゴ。
24cmと小さ目だったが、ヒラだったのでキープ。

18120306.jpg

 さらに、探っていくと、ガシの20cm級が2匹、さらにアジの21cmと
様々なお土産が増えていく。タケメバが欲しいと思い、遠目を探ると
それらしいあたりが出るが一気に走られて合わせられず。2投後は
抑え込みの当たりでばっちり合わせられた。型は24cmという
サイズだったが狙いの本命登場にほっとする。

18120307.jpg


 その後、良型タケメバと思われるあたりで再び合わせられず。
さらに、次の一投で今度はばっちり合わせ。重みがのり竿が
グングン締めこまれる。良型確定しかも半端なサイズでは
ないことを理解しつつ、竿の弾力に余裕があるので耐え
まくっていく。すると、フッとテンションが抜ける。どうも根ずれで
切れたようだ。少し糸を送って接点をずらしていくべきだった。
擦れている様子でなかったので、踏ん張ってしまったが
ホントに残念だった。

 この後何とか良型をと思い探っていき、三度良型っぽい
あたりが出る。これを合わせると先ほどほどではないが、
かなりの引き。今度は根ずれに気を付けて竿でいなしながら
浮かせてくる。28cmと十分なサイズのタケメバに満足する。

18120304.jpg


 最後にもう1回、良型当たりを取れず、時間切れ。終了間際に、
ソルちゃんが34cmという超良型のタケメバを確保しており、
2人とも十分な結果というおバカ釣行とは思えない素晴らしい
結果にやや驚いた。釣って楽しく、食べて旨い。これからの
根魚シーズン、まだまだ楽しみだ。
18120305.jpg

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。