FC2ブログ

12/30 塩浜テトラ

根魚
12 /30 2018
12/30 塩浜テトラ

■データ

・メンバー:ソルティ Bigone
・エサ  :青虫
・対象魚 :クロソイ(24・23・22cm 各1匹 20~19cm 4匹 チビ3匹)
      カサゴ (23~21cm 4匹 20~19cm 5匹 以下2匹)
      タケメバ(21cm 1匹  15cm 1匹) 他
   
■釣行記

 今回は好調のHGでの釣り納め釣行。釣り納めは今年もソルティーと。
例年とは違い地元釣行となるが、ずーっと良型が釣れ続いているため、
期待しての釣り。

 だいぶ早めにソルティーが到着し、釣り開始しており、すでに良型を
含めていい魚を確保しているとのこと。当たりはある状態とのことで、
いい場所を譲ってもらい、感謝の気持ちと共に釣り開始。

 一投目から当たるが、型が小さい。15cmに満たないクロソイだった。
この後当たりはあるが、ビリセイゴ中心でキープサイズが来ない。
そこでいつも通り、際を丁寧に攻めてみるとようやく良型と思われる
当たり。しっかり送り込んで合わせると23cmほどのガシ。

 さらに、移動して探っていくと、一気に走られるあたりが数度。これは
掛けられていないがクロソイと確信し、しつこく攻める。すると、ゆっくりの
あたりから一気に持ち込む引きに代わる。合わせるとかなりええ引きを
するので耐えてためてタモ入れする。

 サイズは24cmとそこまでのサイズではないがまあ十分なキープサイズに
納得。この後腹パンの23cmガシを確保(この魚は最後にリリース)、さらに
探っていくと、際の1ヒロ程度のタナでガシ、クロソイが退屈しない程度に
当たる。型も悪くなく、クロソイは20cm前後の型が4匹とかなり釣れる
感じだった。

 そうこうしているうちに、ソルティーが、突然の落水。大したけがは
なかったようだが、片足が濡れたらしい。この極寒のなか続けただけ
でも、ほめたいところだが、その後、尺手前の良型クロソイを確保して、
さすがの気合だった

 私の方も、さらにガシ2匹キープ。少しあたりが薄くなった感じだったが、
移動しながら探ると、かなり浅いタナで反応した22cmクロソイをキープ。
さらに、タケメバ21cm。浅いタナを探っていたら一気に突っ込んだ23cm
クロソイを潜られた後無事確保。

 最後に、ガシの23cmを確保して、釣り終了。と思って針に残った餌を
振り込んだところ20cmのクロソイが反応、これがほんとのラスト。これは
リリースして終了とした。

 お刺身サイズが取れなかったのは少し残念だったが、この時期に
良型連発でおみやげたっぷり。いつもならキープするサイズを
リリースしまくるという贅沢な釣行に今年もよい釣り納めとなった。

18123001.jpg
スポンサーサイト

12/15 篠島

アイナメ カレイ
12 /15 2018
12/15 篠島

■データ

・メンバー:NAさん Bigone
・エサ  :岩虫
・対象魚 :アイナメ(34.5cm 23cm 各1匹)
       タケメバ(24cm 21cm 各1匹 以下2匹)
   
■釣行記

 今回はHG好調のため、こちらの釣りも気になるところでは
あったが、恒例の篠島アイナメ狙いのため、今回は今年初の
篠島へ。本来であれば坊ちゃんも参加の予定だったが、
急遽不参加となり、NAさんとの2名釣行。体調がイマイチ
なので、私は朝ゆっくり、NAさんは気合の朝一スタートとなった。

 私は11時ごろに到着したのだが、朝一にアイナメジアイが
発生したとのことでNAさんはすでに3本のポン級を確保
しており、状況が良かったとのこと。ところが、フグの活性が
上がってしまったらしく、着いた頃には魚のあたりはあるが、
アイナメはチビのみという情報だった。

 私のほうも、釣り開始から、フグ中心。魚はいるのだが、
釣れるのはビリメバル、ビリガシ、フグ、フグ という感じで、
狙いのアイナメは食ってこない。途中、たまにいいあたりが
あるが、乗せられないというふがいない状況が続いていく。

 少し探っていき、移動しながら釣っていくと、ヘチで少しいい
あたりが出る。少し送ると重みが強く乗ったので、合わせると
キーンと竿下に向かって走る。何かにまかれたらしく、一旦
浮かせる途中で止まってしまったが、少し送って再度走り出した
ところで、まかれたものを外して無事確保。25cmに少し届かない
サイズだが、まあ昼間のタケメバとしてはまあまあサイズで
とりあえずお土産確保にほっとする。

18121701.jpg


 その後、さらにあたりが薄くなったところで昼食休憩。NAさんは
ここで餌切れ帰宅。アイナメだけで5匹、うち3匹ポン級という結果で、
満足した感じでNAさんは終了。私は、次のジアイまで、ともう少し
粘ることに。風がやむ予報に反してますます風が強くなったので、
少し風が緩い場所に移動して探りだすと、あたりが連発しだす。

 まずは、アイナメ23cmでとりあえずサイズはともかくとして、本命
確保。さらにタケメバ21cmが釣れる。この途中、何度か強く押さえこむ
いいあたりが出ていたのだが、テンションをかけたり、長く送っていくと、
離してしまう状態が続いた。

 この魚のあたりが出ること数度、思い切り送って、走る前に大合わせ
するパターンを狙ってみる。ごつっと当たって重みがのる微妙な
テンションで待っていること数度。そろそろと思い少しテンションを
かけてから、大合わせする。すると、底をゆっくり走った魚が加速し、
良型確定。途中くびを振り出しアイナメを確信。浮かせてくると婚姻色の
出た黄色いオスアイナメ。狙い通りの魚に満足しながら無事タモ入れ完了。

18121702.jpg


 この後もう1本と探ったが、当たりはあるが、良型の雰囲気はなく、
餌もなくなったため終了とした。複数のポン級とは行かなかったが、
さすがにこの時期の篠島、高確率でポン級で釣れるところは貴重な
ポイントだ。また、来年もきっちりアイナメを釣りたいと思う。

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。