FC2ブログ

4/20 塩浜テトラ

メバル
04 /20 2012
4/20 塩浜テトラ

 ■データ
 ・メンバー:Bigone Noageさん ソルティ
 ・エサ  :青虫 ボケ
 ・対象魚 :メバル(25.3 24.9 22.4 21.6cm 各1匹)
       ガシ(23~15cm 15匹ほど ムラソイ19~15cm 4匹) 
       チヌ(35cmほど バラシ)
 
 ■釣行記

  今回は、先週同様の好条件ということで、早めに到着しメバルの一発ジアイに
 賭ける形を狙っての釣行。先週があまりにひどかったので、かなり期待せずに
 向かったのだが。

  到着してみると、非常に強い濁りが回っており、時期的にみてもチヌが釣れそうだね、
 といいながら、奥のポイントへと向かう。釣り開始から、3投目早速いい当たりがでて、
 穂先がのめり込む。思いっきりあわせると、ちょっといい引きをして19cmのムラソイが
 抜けてくる。キープを迷ったが状況がよさそうなのと、ビニールを忘れてストリンガー
 キープのため、リリースとする。

  その後、ガシを1匹釣ったあと、表層で当たりが出ることに気づき、完全にメバル狙いの
 誘いに変える。その1投目でみごとにメバル当たりがでて、これを確保。サイズは22cmという
 サイズで、かけた瞬間からかなりの型とわかり非常に満足。となりでソルティーも同じ
 サイズを釣っていてジアイに入った様子。


 (ストリンガーキープ中に尻尾をカニにやられて、数ミリ小さくなっています)

  メバル狙いの誘いに、ガシやムラソイも掛ってくるが、メバルの当たりが連発する。
 あまりの当たりの良さに早合わせしてしまったりするが、それでもなんとか乗せると、
 かなりのいい引きで抗っているのがわかる。ここは慎重にと思い、丁寧に浮かせて一応
 タモ入れする。サイズは24.9cmというサイズだったが、HGでのこのサイズにはさすがに満足。

 

  ソルティーもチンタを釣ったり、ガシを釣ったりしていたが、そのうち“でかい!
 取れないかも?”という声が聞こえる。どうも良型のチヌのようで、一生懸命浮かせている。
 タモ入れの補助に回ると、40cmジャストの銀ぴかのっこみ。やっぱり今日の状態ではチヌが
 動くな~と実感。

  私には、さらにメバルの当たりが続き、3つ目は2つ目よりさらにいい引き。浮かせて
 そのままぶっこ抜いたが、ちょっと抜いたのに後悔する重さで、急いで魚をつかんでキープ。
 今日の最長25.3cmのメバルで、これはさすがにうれしいサイズ。昨年クリアできなかった
 25cmのメバル確保となり、かなりの満足度。



  メバル当たりが連発していたため、丁寧に釣っていれば、あと2つぐらいが獲れたと思うが、
 残念ながらメバルジアイが終了。ガシも釣れていたのが減ってきて、少しあたりが遠くなった
 ところでゆっくり目の誘いを入れる。

  すると、モワーッとした当たりがでて、ゆっくり送り込んで合わせる。ひょっとして
 チヌかな?と思うあたりだったので、予想はできていたが、一気に外に走る。スピードは
 あるが重みはそこまででなかったので、一旦水面へ。しかし、そこからの突っ込みはかなり
 激しかった。やや合わせ切れていない感があったので、強引に顔をこちらに向けず、一回糸を
 送って体制を整えて、再び魚を浮かす。タモをだして、伸ばしかけた瞬間パーン、とはりが
 外れて、竿が元に戻る。残念。35cmほどのチヌだったが、今年もチヌ1枚目はバラシ。これで
 例年どおり、6月まで持ち越し?になってしまった。NAさんは、手前でチヌを釣っており、
 今回チヌを釣れなかったのは、私1人ということに。

  まあ、本命はメバル・根魚と言い聞かせて、探り続ける。そして、その後再びガシが
 釣れ出し、21cmのガシでキープ、、さらに腹パンの23cmと連発する。活性が上がったので、
 浅いところを探ると、久々にメバルっぽい当たりがでる。これを合わせると、予想通りの
 メバルで22cmというサイズ。4匹目のメバルでさすがに充実感が漂う。

  もう1匹を狙って、チヌも狙って探り続けるが、それっぽい当たりはあるものの、
 結局ショートバイトで終わったりして、ここで終了。チヌが獲れなかった残念さは少し
 だけあるが、これだけの釣果を叩きだせるとなると、さすがに満足だった。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。