FC2ブログ

5/4 段戸川

渓流
05 /04 2012
 5/4 段戸川

 ■データ

 ・メンバー:Bigone 一茶さん 
 ・エサ  :ミミズ 川虫
 ・対象魚 :アマゴ(14cm 1匹) イワナ(18cm 1匹)
  その他 :ニジマス(25cm 1匹)
       
 ■釣行記

  今回は久々に、一茶さんとの渓流釣り。通常渓流といえば、ポイント共有が難しいので
 2名わかれて釣るのだが、そこはそれ、いつものぬるいメンバーとなれば、2人仲良く
 ワイワイと釣り上がるパターンでスタート。

  今回は、水量がそこそこあり状況は悪くなさそうだったが、GW後半となると、昨年
 同様魚の反応が悪い様子。叩かれた魚を探っていくことに。一茶さんとともに深い淵から
 スタートすると、いきなり一茶さんが釣る。これはブラウンとアマゴのハーフ?で16cm
 ほどのものだった。渕上に魚は見えるし、小さい当たりはあるものの、まったく
 食い込まない。

  そこからは、苦労の連続。次の大きな淵で、一茶さんが再び20cmほどのかなりきれいな
 アマゴを確保していたが、私はというと、ここも小さなあたりがあったのみ。ひたすら
 探っていくと、魚は見えるが食ってこない。羽虫を狙っているのと、叩かれているのと
 両方だと思うがしかし活性があがらない。

  あきらめず探っていき、大岩のエゴ前を丁寧に通すとようやくイワナっぽい当たりがでる。
 1回目は乗せきれず、2回目でうまく乗せることができる。型は18cmほどだったがようやくの
 獲物にほっとする。小さいが、意外に体高もありいい魚体だった。



  これであとが続くかと思ったが、まったくこの後も続かずいろいろ探りを入れていく。
 結局その後、小場所で小さいアマゴを1匹釣ったのみで、終了。ではなく、一応最後に大渕を
 狙った結果、アブラバヤの猛攻の中から25cmほどのニジマスを引っ張り出して終了。これが、
 アマゴだったら満足だったが、そうは問屋がおろさなかった。その前に、一茶さんが36cm
 ほどのブラウンを釣っていたが、まあそんなところ。

  GW後半ともなると、活性が下がるうえに、2名釣行で好ポイントが半分に分割という形で、
 まあこんなものかと。でも、やはりこのメンバーでのぬるい釣行は、ある意味最高かも
 しれない。釣れなくても、久々に心底楽しかった。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。