FC2ブログ

5/25 吉田漁港→焼津漁港

キビレ
05 /25 2012
5/25 吉田漁港→焼津漁港

■データ

・メンバー:Bigone Mさん
・エサ  :カニ カメジャコ ストロー 青虫
・対象魚 :キビレ(32.0cm 29.8cm) チンタ(28.0cm) ヒラセイゴ(28.6cm)
 ガシ(20cm)
       
■釣行記

 今回は、Mさんの復帰戦ということで、それなりの釣果を目指してプチ遠征。
時期的に夕マズメのカニ餌でのキビレと、いつもどおり夜釣りという2本立てで
スタート。夕マズメねらいということもあり、明るいうちに到着、久々にカニ餌
での釣りを開始。

 濁りの強い川筋のテトラを、軽めの錘で探っていくパターン。潮が左右に流れ
不安定な感じだが、この流れも悪くない。そして泥濁りという環境は予定通り。
とりあえず探り始めるが、まじめにカニで探るのが久々なので、これでいいものか
と思いながら探る。

 水深がないことは、想定済みなのでハリス分プラス少しのところまでを丁寧に
探ってみる。開始早々、コツコツと叩くような当たりがでて、合わせるが乗らない。
その後しばし、当たりかテトラに触ったのか微妙な感じの感覚が出る。直後の1投で
ゆっくりと穂先の絞り込まれる明確な当たりがでて、大合わせ。竿が柔らかいので
結構抵抗するものの、外へ走ってくれたので余裕のやり取り。まあまあ引く魚で、
魚体もきれいな32cmジャストのキビレ。狙い通りのスタートに非常に満足する。



 あとは、Mさんと思っていると、Mさんの穂先が入って、合わせを入れている。
テトラ側に魚が走ったと思った瞬間、針外れ。非常に残念。その後はテトラに魚が
寄らなくなったのか当たりがなくなり、モード下降気味で夜を迎える。

 餌もカメジャコに変えて、港内を探っていくが、当たりがあるものの乗らない。
Mさんは20cmほどのキビレを確保しており、私もその付近で13cmほどのチビレを
追加。さらに、大きく移動して、港内ヘチで19cm、戻って浅場で21cmほどを釣ったが、
大きいのは釣れず、予定通り焼津へ移動し、ソル殿と合流。

 移動後も、港内のポイントを探ることに。過去実績の高いポイントへ入って釣りを
開始する。こちらも港内は濁りが強く、状況は悪くない。釣り開始直後に、Mさんが
魚をかける。それなりの引きで、タモ入れをしていたが、なかなか入らずやっとのことで
確保したのは、30cmを少し切れるサイズのヒラセイゴ。ここは、ヒラセイゴがいるのだが、
やはりヒラというのがちょっとうらやましい。


 さらに、Mさんがチンタを確保、ヒラセイゴも追加・・と好調モードに。私とソル殿は
煽られっぱなしだったが、私の餌には結構当たりがでており、なんとかできると思いながら
さらに探る。まずは、カメジャコで中層を落とすと、いきなりひったくる当たりが出る。
すぐ合わせると、そこそこの引きの魚がかかるが、残念ながら針外れ。さらに今度は、
底を丁寧に探ると、根に引きこむような当たりがでる。これを合わせて、浮かせて20cmの
ガシを確保。その後、濁りのせいか底で当たりがでないので、1m前後の超浅いタナを探る。
すると、ヘチでひったくる当たりが数度。しかし、これは乗せられる気配がない。あきらめずに
スピードを変えながら探ると、ゆっくりと竿がもたれる当たりがでる。チヌっぽい気配だった
ので、しっかり送って動き出してから合わせると、結構いい感じの引き。30ぐらいあるかと
思ったが、サイズは28cmという微妙なサイズのチンタ。



しかし、今年は5月中にチヌの顔をみることができてかなり満足。

 さらに、場所を移動して浅いエリアを探りに行く。すると、キビレっぽい抑え込み
当たりが出て、これを思い切り合わせると、結構な引きで突っ込みかえす。元気いっぱいだが、
これも糸を出すほどではなく、竿を立てて引きを堪能したのち、タモ入れ。29.8cmと何度
測っても30cmは超えなかったが、それでもまあまあのサイズ。



 ストリンガーにかけて戻って、2回ほど同じところで同様の当たりがあったが、この2回は
乗せられず、このポイントのジアイは終了してしまった。Mさんが3匹ヒラセイゴをつって
いたので、私も1匹釣りたいと思い、潮当たりのよいポイントへ移動して探ると、目の前で
ヒラセイゴのボイルがある。その横を通していくと、いきなり当たって無事本命確保。



 さらに、流芯に入れると、数回当たりがあって、2度ほどあわせたがすっぽ抜け。
群れが居なくなったのか、当たりもなくなりこれで終了。

 Mさんのセイゴもすべてヒラだったこともあり、ここでのヒラセイゴ狙いは今後も
期待できそう。とくに、最後のポイントは、爆発力のありそうな、匂いのする魚の
動きだった。サイズはすべて30弱だったが、もう少し大きくなったり、でかいのが
混じったりも期待できそうで、これはもう1回は挑戦したい感じだった。

 そういえば、話題にでなかったソル殿は、濁りのせいかルアーに魚が反応せず、
ノーフィッシュ、合流前に釣りあげた60cm級のマゴチを落としてしまったことが
あまりに痛かったようだ。とはいえ、Mさんの復帰戦は、お土産もあり魚の引きも堪能し、
久々の満足感だったと思う。私も、狙いの魚をいい感じに釣ってかなり満足できる結果で、
次回以降にも期待したい。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。