FC2ブログ

8/31 国分沖一文字

キジハタ
08 /31 2012
8/31 国分沖一文字

■データ

・メンバー:Mさん NAさん ソルティー Bigone
・エサ  :カメジャコ ストロー虫
・対象魚 :キジハタ(25.5~19cm 16匹)
 その他 :カサゴ(21cm 2匹18cm 1匹) グレ(26・23cm 各1匹)
       
■釣行記

 今回は、恒例の国分での勝負。気合を入れての渡堤となる。天候に不安がある中、釣り開始。
夕マズメから勝負スタートするが、一投目で小型ながらソルティーが本命をぶら下げて戻って
くる。あわてて準備して、サンバソウ狙いへ。

 フグの当たりが3回。気配が薄いと思っているところで、ソル殿が2匹目を釣っている。狙いを
変えて、キジハタ勝負に急遽変更。キジハタ狙いに変えると、早速の当たりで22cm級のキジハタ
が釣れる。今年は小型が多いとのことなので、土産レスの危険を避けるために、とりあえず
キープ。

 魚の食いが立っており、中層からアタックしてくる当たりが頻発。NAさんも順調に釣果を
伸ばしている様子。一発良型に、根に突っ込まれて終了と、そこそこのサイズも混ざって
いる様子。日が完全に落ちて少し食いが悪くなったところで、一気に突っ込む当たりがでる。
送って合わせたが、なんと合わせ切れによるラインブレイク。まあまあサイズが想定された
だけに、惜しいことをした。さらに25.5cmというサイズを追加したりし、結局23~25.5cmを
3匹キープし、1時間強で早くも、10匹ほどのキジハタをつる。

 少し、雲行きがおかしくなってきて、雷が見えるし、遠くでは雨が降っているのがわかり、
厳しい様子。そんな中、NAさんが超大型を浮かせてからのすっぽ抜けによる針外れバラシが
あったとのこと。完全にふぬけ状態になっていた。我々の釣りでは、大型の時は、いつも
このパターンと以前から話しているが、根魚王15号という針でも小さいということだろうか。

 その後、一気に風が強くなり、濁り、波気も入り、海の状況はよくなっているが天候が急変。
ここで雷+強風+豪雨に見舞われ一旦テントに撤退。安全確保のため、わずか1時間ほどで、
国分を去ることに。

 地堤へ転身して、いろいろ探ってみることにする。地堤での狙いも当然キジハタだが、
サイズダウンは避けられないところ。ストローの餌でのチヌも視野に探っていく。今回はMさんが
チヌ狙いを宣言してきているため、チヌの確率の高いポイントを選択して、全員で探っていく。

 結構頻繁に当たりがあり、国分と同サイズのキジハタをパラパラと拾う。ストローを使うと
グレが釣れたり、ガシが釣れたりした。カメジャコ+巨大バリでは勝負できなさそうなチヌ
当たりも数回、これは結局乗せれれず。

 明け方には、Mさん待望のチヌジアイがあったようで、NAさん、Mさんの2名がチヌ・チンタを
連発し、チヌ狙いの目的も達成したようだ。こちらのポイントでも到着直後が一番熱く、その後
パラパラで結局良型は獲れず、今回は明るくなる少し前に終了とした。

 国分は、まあまあの状態で、チヌ+キジハタも含め期待できる状態ではあったが、やはり安全
第一。今回は、残っていても大丈夫だったかもしれないが、雷だけは避けられないため、戻る
判断は正解だったと思う。今後安全は最優先で。また来年にチャンスを残したと考えたい。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。