FC2ブログ

10/26 清水港周辺

セイゴ・マダカ
10 /26 2012
10/26 清水港周辺

 ■データ

 ・メンバー:Mさん ソルティー Bigone
 ・エサ  :青虫 ボケ
 ・対象魚:ヒラセイゴ(39.2cm 1匹 29~22cm 15匹ほど)
      カサゴ (22.5cm 1匹 19~15cm 3匹) チャリコ(19cm 1匹)
  その他:グレ(29cm 1匹) クロサギ ゴンズイ ベラ・・・・ 

 ■釣行記
 
  今回は、久々の一週のお休みを挟み、少し気合を入れての釣行となった。早めに
 到着したため、初ポイントでサンバソウやカワハギを狙ってみることに。潮どおしの
 よい堤防の先端へと向かい、勝負開始する。

  探り始めると予想通りの餌取りの大群。わかっていることなので、その中から良型の
 カワハギやサンバソウ、その他よさげな魚が混じることに期待して釣り続ける。そうすると
 数投後すこし派手な当たりがでて一気に竿を絞る。とはいえその後は普通の引きで上がって
 きたのはチャリコ19cm。

  さらに、ソルティーが本命としていたカワハギを釣ったり、ベラを釣ったりしていたが
 まったくサンバソウらしい魚のあたりが出ない。途中グレの良型が釣れたりしたが、
 暗くなるまでそこまでの釣果はなく、かつて実績のあるポイントへ移動することに。

  暗くなってからポイントに入り探り続けるが、ここは非常に状況が悪い。当たりは
 あるが小魚。たまに釣れる魚はガシ。そしてゴンズイといった始末。実績があるポイント
 なのでかなり粘ってみたが、ここではMさんが良型ガシを2匹釣ったぐらいでここでも
 クロサギやゴンズイと戯れるのがやっと。

  最後のポイントは新規Pで、ここではセイゴ、キビレあたりを視野に探り始める。
 すると、ピンポイントでセイゴのあたる場所を発見。一投目でばらし、二投目はなぜか
 シマイサキの良型、さらに次の一投でセイゴが釣れる。このセイゴがエラアライが激しく
 小さいながらヒラセイゴだった。この後ヒラセイゴのラッシュで、サイズは
 22cm~29cmという小さいものではあるが、ヒラだということもあり、少し
 うれしい気持ちで釣り続ける。

  そのうちでかいのが混じらないかな?といいながら探っていくと、抑え込みがよい
 当たりがでる。1回目は乗せられず。次の1投のあたりをじっくり送ってあわせると今までとは
 明確に違う引き。キューンと糸鳴りはするうえに、頻繁に訪れるエラアライはかなりのもので
 久々の良型ヒラセイゴとの勝負だった。しかも船の係留ロープに挟まれたポイントなので、
 当然止めること前提の勝負となりなかなか厳しかったが1分半ほど糸鳴りをさせまくった結果
 無事確保することに成功。これで、かなり満足モードに。

 

  この前後で結局15匹ほどのヒラセイゴを釣ったが、途中スカリのふたの閉め忘れという
 決定的なミスにより、7匹ほどのヒラセイゴをオートリリースすることになってしまった。

  この後、ヒラセイゴのあたりがひと段落したところで、チヌ・キビレを視野にさぐって
 いったがひたすらゴンズイ。最後に良型ガシを仕留めて終了。このポイントは暗くてよく
 わからなかったが湾奥で水質がイマイチっぽかったので、キープした魚で確認となった。
 結果としては、魚のにおいや味にはまったく異常なしだった。とりあえず、とくに問題は
 なさそうだったが、やはりせっかくなので水のきれいなポイントで釣りをしたいと思い、
 あらためて近辺での新規開拓を続けるつもりでいる。

 
  まずは狙いの魚の良型がつれたということで、最近のふがいなさに比べると少しほっとした。
 入れ食いを堪能したりとまずまずの釣りができてよかった。今後は楽しい秋冬の根魚シーズン
 へと突入していくことになるので、今季はぜひ良型を確保したいところだ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。