FC2ブログ

11/4 篠島

アイナメ カレイ
11 /04 2012
11/4 篠島

 ■データ

 ・メンバー:Bigone 家族
 ・エサ  :岩虫 青虫 
 ・対象魚:カサゴ (22cm 18cm 各1匹) マコガレイ(25cm 24cm 各1匹)
      タケノコメバル(24cm 1匹) ムラソイ(21cm 1匹) 家族全員で

 ■釣行記
  前々回に引き続き、今回は親父と娘1人を連れて、家族釣行では初の篠島へ。娘連れ
 ということで、当然朝もゆっくり起きて到着は午後1番というまったりした日程で挑戦
 することに。

  今回はそろそろシーズンの投げのカレイ狙い。そして、押さえで探りのアイナメポン級が
 釣れればというラインナップ。時期的にはクジメやほかの魚が動くシーズンではあるので、
 暇にならない釣りにはなるだろうという予想で釣り開始。

  投げざおの面倒やら、子供の面倒やらで私の釣り開始は到着後1.5時間後となり、実質
 投げざおの面倒をみるのがメイン、結果的には私の実釣は1時間強になってしまった。
 娘には退屈にならないように、小物数釣り向けの道具立てをし、何種類魚が釣れるかを
 楽しんでもらうことにした。

  娘の竿には、到着直後から当たりが頻発し、開始数分で見事クジメを仕留める。その後
 クジメを連発させ、さらにオコゼなどを釣って魚種を稼いでいる。一方親父のほうも、
 ササノハベラやアナハゼからのスタートながら魚の顔を見ている様子。

  その状態に安心して、投げ釣りを回収すると、早速の重み。竿3本をそれぞれ、親父、
 私、娘の竿と決めていたが、重みが乗ったのは娘の竿。投げて巻くのがすべて私だから、
 まあ私の釣果でもよいのだが、そこは3人公平ということで、この竿の魚は娘の釣果と
 いうことに。ちなみに上がってきたのは25cmというサイズのマコガレイ。早速
 本命登場によろこぶ。娘の魚種も1種追加となった。



  さらに、娘はササノハベラやオコゼを連発させており、まあまあ魚は釣れる感じに
 なっていた。その後少し移動して、やっと私の釣り時間がやってくる。とはいえ、
 その間にも投げざお回収。途中またしても娘竿にかなりの重み。これは!と思い、
 根から引き離すべく、思い切り巻いていくがまさかの高切れ。途中で糸が弱って
 いたらしく、魚が寄った段階でのブレイクで非常に残念だった。良型魚間違いなし
 だったのに。

  そして、移動後は皆よい魚に恵まれた。まずは娘がクジメを釣り、その後良型の
 ムラソイを確保(ランディング時に落としたが目測21cmほどだった)。そして、
 その直後に私に22cmのガシ、さらに18cmほどのガシが釣れる。そして、親父には
 24cmを少し超えるかなりの型のタケノコがヒット。





  さらに、娘にかなりでかい魚がかかったが残念ながら針外れ。その直後にはグレの
 21cmほどのものを釣りあげ、引きを堪能した様子。私のほうは、定番の大型フグ
 に遊んでもらい、必死でやりとりしたが、水面に浮いたところで歯でハリスを切られて
 さようなら。

  メンバー的にも、暗くなる前に終了としたが、終了直前にだめ押しで娘の竿にカレイの
 24cmが釣れてすばらしい幕引き。まあ、私が投げて巻いたので釣ったのは私ですが
 ・・・(負け惜しみ)。



  最終的には、娘にはカレイをいれて9種類の魚が釣れ、大変楽しんだ様子。私は探りが
 できたのが実質1時間強しかなかったが、それでも良ガシがでて、少しは釣りをしたと
 言ったところ。まあ、家族で美味しいお土産がいる釣りができただけでも満足しなければ
 という結果ではあった。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。