FC2ブログ

12/14 鳥羽方面

根魚
12 /14 2012
12/14 鳥羽方面

 ■データ

  ・メンバー:Mさん Bigone
  ・エサ  :青虫 ボケ ウタセ
  ・対象魚 :メバル (20cm~18cm 6匹 以下 多数)
        ムラソイ(22.5cm 21.5cm 各1匹 以下3匹)
        カサゴ(21.5cm 1匹)
        タケノコメバル(26cm 23cm 各1匹)  

 ■釣行記

  ひと月前の釣行をトレースするような、ほぼ同一の条件での釣りを想定
 していたが、さすがにひと月も期間がたち、寒波が到来した後となると、
 気候も違う。そして、今回は雨予報もでていたので、雨も想定しながらの
 釣行となった。

  いつもの尺メバルPからスタートしたが、今回はメバルの数は十分だが、
 型が小さい。この傾向は、ひと月前の状況とかなり似ている。ただし、
 メバルの数は前回以上に増えて、型はさらにちいさくなり、20cmに
 届かないサイズばかりだった。必死でさぐっていたが、前の深いところを
 スローに探ったときに当たるという低活性でなかなか狙いの良型に当たらない。
 そんななか、なんとか19cmほどのサイズを6匹そろえたところで、Mさん
 から移動の提案があった。

  そこで、最後の一あがきと思い、探っていない場所を叩いてみることに
 する。すると、穂先をきれいに押さえこむ、良型メバル独特のあたりがでた。
 (と信じていた)。そこで少し送りこみ、重みが乗ったところで合わせると、
 糸鳴りをさせて結構な引きで突っ込む。これは良型と確信、25どころか、
 28cmぐらいはありそうだと喜んでタモ入れ。どんな大きさか?と
 覗き込んでみると、魚が青っぽい。・・・グレだった。ここでグレが出ることを
 すっかり忘れて、よく考えると、途中の引きはグレそのものだった気もするが、
 完全にへこんでしまい終了。予定通りの時間に、予定外の貧果で第2ラウンドへ。

  第2ラウンドはいつもの通り、良型根魚狙い。前回の経験から自信はあったが、
 さてどうなるかと思いながらのスタート。到着直後から予報通り降り出した雨が
 少しずつ強くなっていく。最初に魚をかけたのはMさん。ムラソイの19cm
 ほどのもので、とりあえず魚が出たことで一安心する。私も根魚をと思い
 探っていくが、ビリメバルの当たりが多く、針がでかいので乗らないと
 言った感じが少し続いた。

  このままだといやだな、と思い始めたころ、ようやく良型根魚独特の
 もわもわともたれる当たりがでて、しっかり送り込んでから大あわせを
 くらわす。すると、そこまで大きくはないが、結構な突っ込みを見せる魚が
 かかる。上がってきたのは、タケノコの23cmで、一安心。

 

  このころには、雨も本降りでべたべたになっていたが、気にせず釣りを続けた。
 その後、プチジアイ到来で、次の魚は21.5cmのムラソイ。これのほうが
 タケノコより、よく引いた。


 
  さらに、少し奥でかけたのはタケノコメバル26cm。この魚はさすがに
 良く引いて、しっかりと竿をまげ、最後まで抵抗し、途中左手を竿に添える
 場面があるほどの引きでなかなかに楽しかった。



 次の1投で同様の当たりをとらえたが、餌が外れたらしく、残念ながら追加できず。

  その後はというと、一旦当たりが止まってしまい、雨はさらに激しさを
 増していた。そろそろかな、と思いだしたころに第2ジアイに突入。型が
 小さいものの、ムラソイが数釣れ出し、中層からもたれる当たりで、ガシ・
 さらに超前で、ムラソイの22.5cmを追加。この魚2匹もかなりの引きで
 とくにムラソイの引きは一瞬腰が入るほどの引きで、さすがにこの魚といった
 感じだった。




 ここでも、メバルの18cmほどのものが釣れたりとかなり楽しめる状態が
 続いていたが、雨がさらに強まって、釣りづらくなってきたので、さすがに
 限界ということで終了。第2ラウンドは自信を持って臨んだとはいえ、これだけの
 結果にはさすがに満足。やはり冬の根魚釣りは、楽しい。しかし、真冬に
 雨の中探るとは久々に頭の悪い釣りをしたものだと思う。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。