FC2ブログ

1/11 磯津漁港→白子漁港

根魚
01 /11 2013
1/11 磯津漁港→白子漁港

■データ

・メンバー:AAさん D
・エサ  :青虫
・対象魚 :カサゴ(23.1cm 21.5cm 各1匹 以下8匹)
     ムラソイ(10cm 2匹)
 
■釣行記

 今回は、多少風が残るものの、中勢~鳥羽方面でタケノコメバルが
釣れ始めている情報から、珍しくHGよりちょっと南に調査に行くことに
した。

 最初に入ったのは磯津漁港。ここでも、良型のタケノコが釣れたり
していたので期待して釣り開始。まだ潮が高いはずの時間からスタート
したのだが、ずいぶんと潮が低く苦労する。また、風が意外に強いことも
あり、先端付近は非常にさぐりづらい。とはいえ、ヘチを探るとたまに
当たりがある。AAさんはびりセイゴやムラソイを釣っていたようだし、
私は、ヘチでビリガシ・ビリムラソイを計3匹釣るが、潮がさらに下がって
当たりも薄くなったので、磯津を後にして、短時間勝負限定で、白子へと
移動する。

 白子ではほぼど干潮という状態で、こちらもテトラが思いっきり出て、
浅い状態。テトラ帯を歩くと、海藻のせいでやたら滑る非常に危険な状態。
あまり動かず降りれたところでじっと釣るか、高いところから釣るしかない
状態だった。

 とはいえ、白子は当たりが連発。最初は前、竿下と探ったが小型のガシの
当たりが多く、かからない魚が多かった。途中際穴狙いに変えると、極浅い
タナでガシが連発、ジアイが来ている感がある。そこで、際穴限定で探ると、
小さい魚の当たりの中に、明確にサイズのよさそうな当たりがくる。他が
極小なので、15cmぐらいの少しましなサイズかなと思いながら合わせると、
少し早かったようですっぽ抜け。

 もう食って来ないかなと思い付近をさぐるとまったく同様の当たりで押さえ
込んでくれる。少し送ってから思い切りあわせると、結構いい引きをする。
この魚は21.5cmというサイズ(写真は〆た後なので21cm)だった。




 さらに、小ガシを釣りながら、探っていくと、同様のポイントで穂先を
押さえ込む当たりが出る。合わせると、一気に走り糸鳴りがする。かなりの引きで
狙いのタケノコかと思ったが、上がってきたのはガシ。ただしサイズは
23.1cmというサイズ。(こちらは締めずに写真を撮ったのでそのまま)
このサイズともなると、引きもまあまあ、土産としては十分といえる結果だった。



 当たりは頻発中だったが、ほぼ終了予定時間で、AAさんが滑る足場に
不安を感じ、リタイヤの様相だったこと、この時期にお土産確保できた
ことから、ここで終了とした。磯津は△、白子は○という調査結果で、
白子はもう一回行ってもいいかな?と思っている。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。