FC2ブログ

3/15 白子漁港

根魚
03 /15 2013
3/15 白子漁港

■データ

 ・メンバー:Bigone 
 ・エサ  :青虫 ボケ
 ・対象魚 :タケノコメバル(27.2~21.5cm 4匹)
       カサゴ(21cm 17cm 各1匹)
       ムラソイ(16cm 1匹)

■釣行記
 今回は前回の不調を払しょくしようと、三重方面の根魚狙いでスタート。
ガシを中心にタケメバなどを狙う予定でスタート。短時間勝負前提ながら
単独釣行で勝負となった。

 満潮後の下げスタートと条件もまずまず。月明かりもないしそこそこ
釣りやすい状況が整っている。まずは、際・竿下という順番で探っていくと
少し前のポイントで餌をつつくような当たりがでる。これは乗せられず、
次の当たりを狙い際近くをトレースしていくと、再びあたり。今度は
穂先を一気に絞り込む当たりで、少し送り込んで合わせを入れる。
1匹目ながら思ったよりもよい引きでテトラに突っ込んで行く。これを
軽くかわして抜きあげると21.5cmほどのタケノコメバル。
いきなりのまあまあサイズ登場に喜ぶ。



 引き続き探っていくと、入れ食いではないがパラパラと暇にならない
程度に当たりが続くという非常にちょうどよい?状況。際穴でムラソイ
を釣って、少し移動しながら魚の気配を探っていく。すると、もぞもぞと
当たった魚が穴にゆっくりと動いていく感じが伝わってくる。左手で
探っていたがそのまま合わせてみると、竿が根元からしなり良型確定の
引きを見せている。テトラ穴に突っ込まれるとおしまいなのでひたすら
右手も添えて耐えているが、結構厳しい勝負で糸の長さ分でテトラに
入られないかびくびくの勝負となる。途中の引きで、これは穴に
入られるかな?と思う突っ込みをなんとかかわし無事浮上させることに
成功。タモ入れするとそこまで大きくはないがそれでも25cmは
確定の良型タケメバ登場に十分に満足する。現地実測28cm、キープ後で
27.2cmというサイズは良型といえるものだ。



 さらに気を良くして探っていくと、際で当たりがでて、これはガシ。
17cmほどのサイズだったが、これは干物用で狙いの魚だったので
当然キープ。



 さらに際付近で触る当たりを丁寧に送り込んでいくと、
タケメバ23cmほど。これも、かなり引く魚だったが先ほどのが
でかかっただけに余裕のやり取り。



 続いて際穴の中で21cmほどのガシがかかり、最初の一突っ込みを
堪能する。これでガシも2匹キープし、干物予定の魚が増える。そして、
潮が下がったので前も打ってみると前でも当たりがでて穂先がゆっくり
突っ込んでいく。これも素敵な当たりで合わせると下に向かって突っ込むの
を手前へ余裕で誘導して確保。これも23cmというサイズで大満足の連発中。



 当たりも続いているので探ろうと思っていると、突如後ろで変な音がする。
今回はバッカンを忘れて水バケツでキープしていたのだが、なぜか水バケツが
いきなり倒れて魚が散乱している。魚が飛び出すのを避けるためにロープも
水中に入れていたのだが、誰かが魚を盗んでいくときにロープをどこかに
ひっかけたらしくバケツも元の位置からはるか遠いところまで転がっている。
途中、何人かがバケツを覗き込んでいたので、そのうちの誰かにやられたのだろう。

 盗られた魚は干物用のガシ大・・・今回の本命魚だっただけにちょっとショック。

 まだ当たりが続いていたが、この一件でテンションが下がったことと、
どこかで聞いた言葉だが、資源を次に残すためにも、餌も残っていたが、
ここまでで終了することにしようと決めて今回は終了。

 実釣2時間強という釣りでは、超大満足の結果と言えるが、釣り人のモラル
・・・低い人が居るのも事実。途中、私だけが釣れているのを見たのか、
釣っている場所の隣に入り込んでくる人もいたし(同一人物かも)。
人のを盗る前に腕を磨けばいいのに。



 最大のタケノコは、ハゼ17cmほどを食べていた。そして、すべての
魚が腹パンで、バチ抜けを堪能していた様子。
(活けキープによりほぼ吐き出して写真はすっかり細身だが)
今回も白子の釣果は十分と言えるもので、次回以降にも期待したい。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。