FC2ブログ

4/19 段戸川

渓流
04 /19 2013
4/19 段戸川

■データ

・メンバー: Bigone
・エサ  :キンパク ピンチョロ キジ
・対象魚:アマゴ(17.5~15cm 7匹 以下 2匹)
 その他:アブラバヤ 数匹


■釣行記

 昨日の続きで、本来ならキス釣りのための日程がぽっかりと空いてしまった
ため、昼からゆっくりと渓流釣りに出かけてみた。雨が降っておらず、渇水気味で
状況は良くないと想定していたが、ほぼベストシーズンということに期待し、
水温の上がる夕方勝負での釣行となった。

 コンビニで川虫が買えなかったので、20分ほどかけて、エサの川虫を採集。
キンパクとピンチョロ、ヘビトンボが中心で、なんとか夕方までの餌を確保した
(つもりだった)

 今回は単独なので、思いのまま探ることも、遡上することも可能な状態。
今年は、いつもと違うポイントからスタートしてみることに。ここは久々
だったが、魚は見えるがなかなかヒットせず。やっとのことで引きだしたのも、
アブラバヤ。ということで、深い淵なので粘ったが、諦めて移動することに。

 移動後は、小場所中心のポイントなので、長居せずそこそこに見切りをつけて
釣りあがっていくスタイルを決め込んでみた。すると、途中から、竿抜けなのか、
かなり魚の反応のよいゾーンに突入する。最初の当たりは、乗せられず。ここの魚は
見切られてしまったが、その後次のポイントで本日初の本命、アマゴの13cmを
釣りあげる。

 さらに、本日最大となるアマゴ17.5cmは、落ち込みの泡の切れ目で。流した
餌がフッと、泡のなかに戻り、結構な引きとなる。落ち着いて合わせて、抜き
あげてみると、まあまあサイズのアマゴが上がってくる。きれいな魚体に満足
して、さらに釣りあがる。




 今度は、チャラ瀬の瀬尻で16cmが来て、さらに、魚自体はほぼ思った
ところには入っているという感じで、ちびの当たりも含めてそこそこに当たり
がでる。結局、川虫の餌のエサギレまで探って、魚6匹。うちキープサイズ4匹。
16cmほどのサイズがアベレージでギリギリキープ可能といった感じ。
(1匹 キープしそこない、オートリリースしてしまった)



 一旦場所を移動し、夕マズメのゴールデンタイムも、いつもとは違う場所で
迎えてみることにした。ここも大きな淵で、魚のストックが多いと思われる
からだ。しかし、ここで釣れるのもアブラバヤ中心。餌も、川虫が切れてキジに
変更しているため、より厳しい状況になっている。

 そこで、思い切って流芯に近いところを流すと初めて、それっぽい当たりがでて
アマゴの16cm。さらに、流れの中を釣って15cm。最後に流れ込みの途中で
16cmを釣ったところで本日の釣りは、明るさの限界により終了となった。

 ともかく、今回は狙ったところできれいな魚が出るゾーンがあり、大変面白い
釣りになった。最後の淵ではイブニングライズが始まっており、2週間もすると、
川虫での餌釣りは厳しくなり、テンカラ向きの時期へと変わっていくだろう。

 今年2回目の渓流だったが、型がかなり小さかったものの、これぐらい釣れると
面白いし、やはり渓流釣り自体はホントに楽しい釣りだと再認識した。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。