FC2ブログ

12/13 鳥羽方面

根魚
12 /13 2013
12/13 鳥羽方面

■データ

・メンバー:Mさん Noageさん ソルティー Bigone
・エサ  :ボケ 青虫
・対象魚 :タケノコメバル(29・28cm 各1匹
             20.5・19cm 各1匹)
      ガシ(23~21cm 4匹 以下多数)
      メバル (22cm 1匹 19~17cm 5匹)
      ムラソイ(19cm 2匹 ビリ多数)

■釣行記

 今回は、フルメンバーでのひさびさの釣行。鳥羽方面で大型
タケメバを狙って新規開拓のポイントで勝負。2月の釣りでは、
狙いの大型タケメバをゲットしているので、今回も期待をしての
釣り開始。夕マズメに時間があったので、明るいうちからスタート。

 釣り開始直後から、ソル殿がタケメバを掛ける。サイズは
26cmほどとかなりの良型が2投目からお目見え。これは期待が
できるスタート。あわてて他の人も釣り開始。私には21cmほどの
タケメバがきて確保、さらに探っていくとフグが多い中、22cm
ほどのガシを確保したところで夕方の部を終了。一旦食事をとり、
再度ポイントを探ることに。

 暗くなってからは、フグが減り根魚がいっぱい当たる。ガシの
23cmほどを釣ったりメバルを釣ったりしていたが、潮が低く
なり当たりが少し減ってくる。スカリにはメバルが2匹、ムラソイ、
ガシが各1匹追加となったが、ここでエサが少なくなり、追加の
ために、餌屋に向かい、一旦実績Pへ移動する。

 実績Pでは、思いの外当たりが薄く、釣れるのはタケメバ、
ムラソイという感じで型ものが出ない。そんな中、Mさんが
22cmほどを釣り、ソルティーは20cm弱程度のタケメバを
連発。私もタケメバ、ムラソイ2匹 とキープに微妙なサイズを
釣り、結局リリースして終了。今度は、仮眠をとり朝マズメに
賭けることに。

 仮眠後は再び潮が高くなり、良型魚を狙っての勝負。釣り開始
直後から、ガシの良型が釣れたり、メバルが熱くなったりと
状況が良くなった様子。Noageさんは23cmクラスのメバルを
連発し、メバル爆釣モードに、私も、22cmのメバルを釣った。
これは腹パンだったため、リリースとしたが、良型メバルの登場
には満足。

 さらに付近を探ると、とうとうモワーッとしめこむ当たりがでて
合わせる。小型根魚が多かったので、期待していなかったが、
外に向かって一気に走る良型の引きに両手で応戦。溜めて浮かせても
浅いので、横走りを続ける。なんとか引っこ抜けそうだったので、
思い切って抜きあげると、産卵明けの細い魚体のタケメバ。サイズは
28cmと十分に良型といえるサイズが登場し、本命の登場に満足する。



 その後、連発に期待したが、次に良型を上げたのは、Mさん。時間も
だいぶたった後だった。Mさんのタケメバは31cmと尺を超えたサイズで、
ここまで来るとデカイな!という印象だった。その後、Noageさんは
メバルを中心にガシ等をキープ、ムラソイも23cmと良型。メバルは
20upだけで8匹という勢い。ソル殿はルアーで反応が少し薄かったが、
途中24cmというビッグムラソイを追加、明るくなってから一投一尾の
勢いで20cm弱ほどのメバルを確保。と皆がよい結果を出している。
明るくなってからはガシが連発。全員良型ガシを釣りキープを続ける。



 最後に私に来たのは再び良型タケメバ。今度もガシだと思って
合わせたが、捨石沿いに強く走る魚を強引に止めて、浮かせて
タモ入れ。29cmというサイズにはさらに満足。狙いのタケメバ
良型2本に、さすがの鳥羽方面との思いを強くした。



 今回は、タケメバ2本とも産卵後の細めの魚体ではあったが、産卵後
とはいえ引きもなかなかで満足行くつりだった。タケメバの大型狙いで
あれば、もう少し早いのっ込み期に勝負のほうがさらに良かっただろうが、
メバル・ガシも含めすべての根魚が良型まじりで非常に楽しい根魚
釣りとなった。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。