FC2ブログ

6/20 国分沖一文字

メバル
06 /20 2014
6/20 国分沖一文字

■データ

・メンバー: Bigone Mさん NAさん 坊ちゃん 
・エサ  :ストロー虫 ザリガニ 青虫 
・対象魚:メバル(26.5cm 1匹 23~20cm 9匹)
 カサゴ(22cm 1匹 ビリ 2匹)
 キジハタ(24~20cm 9匹)

■釣行記
 今回はフルメンバーで国分へ。帰国後本格復帰となる坊ちゃんの
参戦で、非常に楽しみなところ。私は、昨年の経験からキジハタも
さることながら、メバルもメインとして釣ることでスタート。

 釣り開始は一応キジハタから。当たりはかなり薄かったが、
とりあえず開始15分ぐらいで、23cmを1匹確保した。さらに
探っていくが、当たりがなかったため、暗くなったのをきっかけに
第2本命のメバルを狙う。

 こちらは順調で、青イソメの高速引きで浅場を探るとかなりの
確率で当たりがでる。型も22cm級が中心。テトラ側で釣りが
厳しいのでなかなか大変だが、それでもあっさりと数匹を確保。
そろそろデカイのがと思っていたころに、少しもぞっとした
当たりで大型がヒット。かなりの引きで楽しいやり取りののち、
抜きにかかったが竿の弾力が消えたため、念のためタモ入れ。
サイズは26.5cmと今年も目標の25UPをクリア。このサイズなら
さすがに満足できる型といえる。



 メバルはキープ総数で10匹。型は、
一番小さいので20cm(それ以下は3匹リリース)という
良型揃いで非常に楽しめた。

 そして、青虫の終了とともに、テトラ帯を、ストローで探っていくと、
今度は、メバルではなく、グレ、そしてキジハタの24cmが釣れ、
賑やかな釣果となっていく。

 少し当たりが遠のき、ここからはエサが少なくなっていたので、
テントで休憩して、朝マズメのキジハタ狙いに掛ける。
明るくなるまでの2時間ほどの時間で、最後のキジハタ勝負にでる。
こちらは数が釣れるが、型がまったく小さく、結局22~20cmという
サイズばかりで数は合計で9匹ということになった。これだけ型が小さいと、
う~んと言う感じだったが、まあこういうこともある、ということだろう。

 メバル狙いで、青虫を多く持っていけば、かなりの数釣りが
期待できそうなので、来年は、さらにメバルに絞って、大型を狙いに
行くつもりだ。他の人もまあまあ、釣っていたが、だれも大型には
恵まれなかったものの、お土産は確保という結果となった。

 まあ、毎回思うが、ここへこればさすがに土産に困ることはなく、
良型といえる魚がどこかで混じるので、調子が悪いといいながらも、
気がつくと、十分な結果になっている。

 夏か、来年か、いずれにしろ、また来ることになると思うが、
そろそろ良型のキジハタをつりたいな、と思っている。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。