FC2ブログ

8/8 福井新港

ヒラセイゴ
08 /08 2014
8/8 福井新港

■データ

・メンバー:Mさん 坊ちゃん Bigone ソルジュニ  
・エサ  :ストロー 青 カニ 
・対象魚 :ヒラセイゴ(29~28cm:4匹)
      ガシ(24~20cm 4匹 以下多数)
      キジハタ(21~20cm 4匹 以下多数)
      メバル(17cm 3匹)

■釣行記

 今回は、久々にMさんとの釣行。メンバー4名での福井釣行。気合も入っていたが、
雨がひどく、ずーっと雨の中の釣りとなった。まずは、北堤に入って、サンバソウでも
という形でスタートしたが、全くだめで、いつものポイントへ移動した。

 移動後は、すぐにビリキジのあたりがあって、その後も連発。ただし、サイズは
15cm以下のほんとに小さいものだったので、リリースを続け、結局暗くなって
しまった。お土産ぐらいは確保したいと思いながら近辺を、チヌを意識して探っていく。

 途中、らしいあたりが1回あったが、乗せられず終了。その後、ヘチの浅場を探ると、
いきなり穂先がのめりこむあたりが出る。これをしっかり送って合わせると、エラアライ。
最近のこのポイントの定番でもある、ヒラセイゴ、サイズは30cm弱ということで、
いつも通りエラアライに合わせて、引っこ抜いていっちょ上がり。



 これをキープし、ほっとした後は、単発で20cm程度のガシ、キジハタを中心に、
根魚を数多く確保していく。先端のほうにいた、Mさんから、ヒラセイゴ連発の情報を
聞いて、そのポイントに入れてもらう。

 前へ打てば入れ食い、との話だったが、なかなかあたりが出ない。手を変え品を変え、
いろいろやってみると、どうも、表層から、スライドさせながらフォールするとフォール
中にあたりがでて、着底せずに、魚がステイする形になるようだった。ここまでわかれば
後は、食い込ませるだけ。トライすること数回、無事1匹目を確保

 その後は、ここでのパターンを完全につかみ、3連発で釣ったところで、土産分完了
ということにして、ヒラセイゴポイントを外れ、チヌキジハタ狙いにかけることに。

 その後はというと、チヌっぽいあたりは出ずに、当たるのはガシ、キジハタばかり。
しかし、最後のほうは、ガシ、キジハタ、メバル交じりの入れ食いショー。隣で見ていた、
坊ちゃんと、魚の状況を確認しながら釣りができるほどとなっていた。入れ食いとはいえ、
探り方をきっちりしないと、あたりが出ておらず、やはり釣りの奥深さを思い知ると
ともに、やっぱし、この釣りは楽しいなと再認識した。

 結果、入れ食いになったガシは、最後に24cmというサイズまでサイズが伸び
20UPを数匹確保、同サイズもリリース数匹。キジハタも最後のほうで、21cmを
2匹、煮つけ用として確保した。





 チヌマダカ不発、と言いながら、それでもこれだけの土産確保して、12時半上がり
ならば十分というもの。また次回は、良型のマダカ、チヌ、キジハタに巡り合えると
信じて、9月ごろには再挑戦と行きたい。

 この豪雨のなか、カッパをきて頑張った私たちへのご褒美。といいたいところだが、
坊ちゃんとソルジュニはいまいち&さっぱり・・・彼らも頑張っていたのだが。また
次回挑戦のときは、ぜひ全員釣果といきたいところだ。坊ちゃんにヒラ・ガシを
あげたので、写真はこの程度。同型がほぼ倍といったところだった。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。