FC2ブログ

3/28 段戸川

渓流
03 /28 2015
3/28 段戸川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :キンパク キジ
・対象魚 :アマゴ(20.5~13cm 7匹 ビリ1匹)
      イワナ(18cm 14cm 各1匹)

■釣行記

 今回は、そろそろベストシーズンとなるはずの渓流へ。ここ2年は
いい釣りをさせてもらっているが、今年は前回の初渓流が微妙な結果
だっただけに、今年の状況を占う釣行となる。

 ポイントも最近の定番の上流のポイントを選択し、釣り開始。
昨年は小さいものも含めて入れ食いに近い状態になったが、
今年はというと、探っても探ってもあたりがなく、苦しい状態が続く。

 ここで釣れなきゃ、というほどの本命ポイントでもあたりがなく、
ボウズすら頭によぎる。そんな中、大渕の流れ込みでキンパクを
つつく程度のあたりがでる。ともかく1匹釣りたかったので、
思い切り飲み込ませて合わせ。さくっと13cmほどのアマゴが
上がってくる。とりあえず坊主逃れでほっとしつつも、小さ目
なのでリリースかな?と判断。ところが、飲み込んで流血したため、
キープすることに。

 この後も、よほどのポイントに入っても魚がおらず、どうなって
いるか?という感じだった。次の1匹も昨年良型が出たポイントから
同じく13cm級が抜けてきた。やはり魚が薄くなっていることは
明白で、チビがいないのが心配だ。

 このまま悪い状況が続くか?と思ったが、釣り上がっていくと
徐々にあたりが増える。キジの餌を使うと結構いいあたりが出るのだが、
食い込まない。今回は、あたりの数ではキジだったが、針にかけることを
考えると断然川虫という結果だった。

 いろいろなパターンで探っていったが、次の魚は岩裏の流れのなかから、
15cm、さらにエゴ前のたるみに止めてまつ形でヒット。イワナっぽい
ポイントだったが出たのはアマゴで16cmほど。やっとらしいサイズに
巡り合える。

 さらに小さな流れ込みの落ち込みで止めて待つといきなりのあたり、
クネクネと独特の引きであがってきたのは今年初のイワナ18cm。
サビサビでヘビみたいな体型で、まだ餌にありついていない感じの魚
だったが、イワナが出てさらに満足。この後、イワナ、アマゴを追加し、
状況のよいゾーンへと突入した様子。



 1匹ながら、チビも出て、あたりのパターンも見えてきた。どうも、
白泡の中で食う形が多いようで、流していっても食わない。白泡付近を
丁寧に探るとあたりが出ている。

 同じようなパターンで、小さな落ち込みを探ると、あたりが一つ。
これは乗らなかったが同じ場所をたたくと今度はしっかりと引き込む
あたりが出る。合わせるとこれが結構な引きをする。さすがに切られる
ようなことはないだろうと引っこ抜いたのは20cm強のきれいなアマゴ。
ところが、針を外そうとハリスを持ったら暴れて糸が切れた。糸に
傷があったようで、危ないところだった。



 この後もだいぶ釣りあがったが、魚の食うゾーンが終了してしまい、
全く当たらなくなった。時間なのか、場所なのか?いずれにしろ、
今年は明らかに薄いし、さらに来年がめちゃくちゃ心配になる
小物の少なさだった。

 とりあえず、今日の土産は確保したものの、長めの時間、持てる技術を
最大限に投入し、なんとか釣ったという感じ。今年は好条件が整わないと
食ってこないと思うし、次の渓流はどこにいったらよいか?と思案中だ。
これを機にほかの場所も探ってみようとは思うが。。。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。