FC2ブログ

7/26 津保川

アユ
07 /26 2015
7/26 津保川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(22~20cm 3匹) 

■釣行記

 前日に巴川の様子を観察に行ったが、全くダメな感じだったため、
情報を収集して津保川に初挑戦してみることに。まずは現着し、
上流まで一通り川を見てみた。そして、中流域のおとり屋で
おとりを購入。富之保の大きなざら瀬の瀬肩に入ってみる。

 鮎の姿は、上の淵では見えているが、瀬の中にはいない様子。
とはいえ、意外にそういうパターンでもかかるときはあるので、
まあいいや。と思い釣り始める。周りの様子もうかがうこと30分
全く気配なし。体調不良もあり、休憩を兼ねて移動。

 移動先で様子をみても、上流域はどこも釣れていなかったようで、
人のたまりまくっていた上流の好ポイントも移動ですっかり人が
減っていた。そこで思い切って下流へ移動し、車を止められる場所を
探して釣り開始。

 上流、下流とも人がいないので探り放題だが、チビ鮎も見えず
どうなるか?という感じ。入川口近くはかからず、下流へ移動
しながら探っていく。砂底の淵を超えた岩の影におとりを誘導すると、
反応あり。これはかからなかったが、反対の岩かげで一発反応。
すごい引きで下っていく。トロ場でこの引きか?と思いながら、
下りながら寄せてなんとかタモ入れ。ほかの魚でもかかったか?
と思ったが、自己記録確実の22cmほどの良型の背がかり。

 これでおとりが変わって続くか!と思いおとりを変えて送り出す。
竿を立てた瞬間、目の前を巨大な鳥(鵜)が通過。糸にテンションが
かかって、直後軽くなる。ボー然と見送った結果、22cmのおとりに
竿でテンションをかけることもなく、糸切れ。いきなり自然?
強制放流となり、がっくり。

 気を取り直して付近でつると、先ほどかけた岩の裏のたるみで直後に
反応、さらに最初の怪しい動きのあったところで1匹追加。続くか?
と思ったが以降釣れず。昼過ぎには、予定終了ということで、実釣時間で
いえば、時間1匹。まあ、初めての場所は、過去3回ほど3匹で終了している
ので、まあ、そういうことなのかもしれない。

 いい引きの鮎と、鵜が笑いのネタを作ってくれたのを含めて
よしとしようか・・・。しかし体調が戻らず、鮎釣りは休憩
しまくりの釣りになっている・・・。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。