FC2ブログ

8/1 巴川

アユ
08 /01 2015
8/1 巴川

■データ

・メンバー:Noageさん Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(19~10cm 14匹) 

■釣行記

 良い情報もなく、増水で状況が悪かった巴川もようやく、
少し上向き加減の情報がでて、そろそろかかるかな?という
感じになったと信じ、先行するNAさんに遅れること2.5時間
ゆっくりと9時前に釣り開始。

 NAさんも3匹のみ、状況悪いとの話に、どうしたもんか・・・
と思いながら、かかりそうなポイントに探りを入れる。
しかし、瀬に入れても瀬肩に入れても淵にいれても気配なし。
そろそろ2時間が過ぎようかというころ、2匹のおとりも
数回ローテして、だいぶくたびれてきた。

 ともかく、天然がほしいということで、分流の出口となる
渕尻の浅場を探ってみる。群れ鮎に近い動きをしているが、
一応小さいのが追い払っているのが見えている。大きな
石の前におとりを止めて待つと、小さいながらアタックしてくる。
かかったのは13?14cmほどのチビ鮎。

 まあ、これで購入を休ませられるということで、この魚を
おとりにして、釣り再開。小さいので、当然引かず、オバセ
過ぎず丁寧に扱う。その後しばしすると、ぶるーんと手に
感覚があり、走り始める。サイズは16cmほどと小さ目
ながら普通におとりになりそうな鮎。鼻先がつぶれていて
不思議な形だったが、なんとか鼻環もとおり循環スタート。

 このおとりで群れアユのいるあたりを、一生懸命泳がせていたが、
反応なく、少し下って、休養十分な養殖に戻し、段々瀬に
入れてみる。直後にかかるが10cmほどでさすがにリリース。

 その後違うタナに入れるとここも少し泳いだ直後、ぶるぶるっと
あたり。さくっと抜きあげて16cm。このおとりを同じタナに
いれると本日最大19cmが連発し、完全な循環モードに。

 このまま続くかと思うが、そうはいかないのが今日の釣り。
またまた、少しかからず、下流の大きな瀬までやってくる。
ここでもいろいろなところにおとりを入れてみる。またまた
チビがかかってリリース。NAさんはこの時点4匹終了。

 その後、瀬に入れることしばし、ジグザグに泳いだなと
思ったおとりが止まり、そしてかかり当たり。一気にくだって
黄色い18cmが釣れる。いかにもかかりそうなおとりで、
次が続く・・・がケラレ2回、針を変えて17cmを確保。

 大きな瀬の中ので何匹かかかり、この瀬を見切ったところで
9匹。帰りがけで10匹目を狙うつもりで、上流に上りながら
行きには、探っていない筋を通していく。すると、16cmが
かかり無事2桁達成。早い瀬できたので早目の筋を通すと
17cmほどが入れがかり。さらに反対のタナに入れると
泡に向かって目印が走り、19cmと良型の背がかりで1匹追加。
入川口までで12匹。ここで帰ろうかと思ったが状況がよかった
ので、上流に少し歩いてめぼしいところだけ釣ってみようと思い、
少し上流へ。浅い瀬を引きあげてくると一気にかかる。これも
18cmほどとまあまあサイズできれいな魚だった。このおとりで
10cmを直後に釣ったが、それ以降かからず、潮時とみて終了。

 自己記録15匹を狙いたかったがまあ、今日は体調もイマイチ
なので、十分釣ったと満足して終了。チビで循環させた丁寧な
午前の釣りと、午後の感じが続けば、次の目標20匹もクリア可能
かもと久々に自信を取り戻させてくれる釣りとなった。

 テクニックはすこしずつ上がっていると思うが、ほんとは
よくわからない。ただ、今回は引き釣り中心で攻めて、べた竿
メインの釣りにしてみた。おとりに負担をかけずに引ける程度の
動きが少しずつ見えてきたので、うまく川が見えるようになれば、
もっと効率よい釣りができるようになりそうだ。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。