FC2ブログ

8/8 巴川

アユ
08 /08 2015
 8/8 巴川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(18~12cm 8匹)

■釣行記

 今回も巴川へ。前日の疲れをとることと、野暮用を済ますことで
午前中を使い、午後1時自宅出発のごゆるり半日釣行。実釣時間は
3.5時間という短時間勝負となった。

 いろいろ探れれば、もっと上流へと思っていたが、短時間だし
鵜ヶ瀬はあんまり釣れていないとのことで、結局いつものPから入川。
ただし、狙いの下流には人がいたので、初めての上流側を狙って
みることにした。

 到着後水温の高さでおとりが弱ることが予想されたので、瀬肩の
カガミや緩めの流れでおとりを変える狙いで動いてみる。ところが、
かなりの時間、ビリリともなく、唯一瀬肩でけられたぐらいの状況
で時間が過ぎる。

 もう少しはやく動けば、よかったがおとりが弱るのを気にしながら、
入川口付近でだいぶ時間を使い、少しずつ上流へ移動。おとりも
苦しくなり、分流側の緩い流れへ入れる。すると、とうとう初鮎が
かかる。12cmというチビだったが、これで時間を使えると
思いおとりにして、少し釣るがこれではかからず。元気を取り戻した
養殖に戻す。

 さらに、上流へ移動し、早瀬の脇をおとりが通った瞬間ゆっくりと
目印が下りだす。エビ?と思いながら竿を立てると少しましなサイズの
鮎がついている。15cmほどの黄色い鮎で元気満々。期待できる状況に。

 このおとりで、すぐに18cmが飛びついてくる。これで循環開始。
しかし、この2匹は黄色いわ、追星ガンガンだわ、胸元ブルーに光ってるわ・・
ですごい気合の入った魚だった。



 この後、このポイントを丁寧に釣って計6匹。チビも背がかりだったし、
まあまあ活性があがったのだと思う。ただ、残り4匹は白っぽい鮎で、
追い気はあまりなし。

 帰りがけに最初に入れた瀬肩にトライして帰ろうということで、天然を
入れてみると、少し引いてやったところで、ブルン!と一発、1匹確保。
直後にもう1匹追加して、周りの山に日が落ちたため終了。8匹という数は
午後だけでいえば、まあまあかと思うが、型がホントに小さかった。
まともなのは1匹のみ。15cm級が主体で12cmも2匹というのは寂しい限り。

 まあ、狙いの下流が釣れなかったことが原因ではあるし、上流側でも魚を
確保できたのは収穫。チビだろうが、おとりが変わってくれると最近は
いい流れをつかめるようになってきた気がする。そろそろ、爆釣の日に
当たったりしないかな?と淡い期待を抱きつつある。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。