FC2ブログ

8/11 神通川

アユ
08 /11 2015
8/11 神通川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(24~22cm 12匹)

■釣行記

 前日に良型が数釣れたという話もあり、素人でも入りやすい
ポイントをおとり屋で紹介してもらい、仕掛けも全部教えて
もらった仕掛けで準備し、釣り場へ。婦中大橋上流のトロ瀬の
ポイントに入って釣り開始。

 ともかく、使ったことのない道具(メタルの0.15、チラシの8.5号)
という仕掛けで、釣れるかどうか不安だったが、まずは1匹と思い
釣り開始。周りで先に釣っている人を見ていたが、全然釣れる気配もなく、
休憩したり、移動を開始したりと状況はかなり悪い感じだった。

 私も不安だったが、ともかく自分のできる釣りをしようと思い、
オバセをとったり少し引いたりといつもの釣りの引き出しを最大限に
使って1匹目をとろうと努力してみる。おとりを2匹目に変えると、
このおとりは、動きが良く流心にむかって外側まで動く。最初の芯の
外側でかかり当たり、この後でかい鮎がゆっくり浮いてくる。
24cmというサイズなのだが、これが普通と聞いていたので、
焦らずあわてず、タモに入れて、これをおとりにして追加を狙う。

 ところが、状況は周りのとおりイマイチで、いったん養殖に戻すが、
養殖は1匹以外は動きが悪く勝負にならない。そこで、すこし休ませた
天然を少し下流に移動しながら使っていく。少し外を引くと、とうとう
かかって良型を追加。この後、連発も含み、6匹までは順調に釣った。
しかし、この後かからなくなり、しばしの沈黙。根がかりで最大魚を
失ったところで、休憩に。

 移動を前提に、隣の常連さんに話を聞くと、御年80歳の超ベテランの
方で、5匹ほど釣ったとのこと。下流の人は釣れておらず、付近では2人
以外はあまり釣れていなかった。私が見ている間にも2匹かけ、さすがの
テクニックを勉強させてもらった。

 上流のポイントへと移動するが、この付近は人が多く、それらしい
ポイントには人が入っている。とりあえず人がいない竿抜けっぽい淵が
空いていたので、ダメ元でココで残り時間を釣ってみることにした。
降りていくと1匹だが、追い気のある鮎が追い回しているのが見えたので、
このあたりを狙って勝負してみることに。泳がせていくことしばし、
針をイカリの8.5号に変えていたので、いつも通りのかかりあたりがでる。
体高のある黄色い鮎でこれも24cmぐらいの良型だった。



 途中、周りで釣っている人が、全然ダメだ、といって下流側へ入って
いったが、引き続き上流側も状況は悪いらしく、誰も釣れている様子がなく、
厳しい釣りが予想された。

 この後続くかと期待したが、情報通り、後は続かないので、まあ終わろう
かなという思いがよぎった。元気のなくなり始めたおとりを、ゆっくりと
べた竿で引いてみる。すると、直後にきれいなかかり当たり。ここでは
やや小さ目の22cmを追加。その後、おとり任せに近い泳がせで、
渕を広く泳がせて釣るとパラパラとかかりここで6匹。計12匹とまあまあの
結果になったというところで、仕掛けがからんでしまったのを機に釣り終了。

 実釣5時間で、時速2匹強といういつものペースだったのだが、このサイズだと
なんだかよく釣った気がする。周りの結果が芳しくない中、まあまあ釣れたかと
思うと少し実力が上がってきたと前向きに考えてみることにしよう。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。