FC2ブログ

10/18 巴川

アユ
10 /18 2015
10/18 巴川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(23~12cm 12匹)

 今年最後の鮎釣りに巴川へと向かった。おとり屋も最終日とのことで、
また半年後か、と残念に思いながら、釣り場へ。今日で最後のだからと、
チビおとりを2匹サービスしてもらった。今回のおとりは、ガリで取った
天然もので、普段とは少し様子が違うが、よい結果になるだろうと思いつつ、
いつものPへと向かう。今回も先行者が1名下流に入っていたので、
いつも通り上流側から、下流に向かい釣り下ることにした。

 この時期だし、そうは釣れないだろうと思いながら、釣り開始。
メタルでゼロを意識してと言いたいところだったが、竿を立てて、
浅い岩盤を下らせていくといきなりかかり当たり。ブルブルと小さい鮎が
上がってくる。これは、おとりにならないサイズだったが、ボーズが
なくなり安心する。続けて、ポイントに魚を送り込むこと数度再び
入れ即でかかる。これも小さいが2匹目で、ともにほぼテクニック
不要なかかり方(笑)。ところが、このチビおとりで付近を探っても
これ以降はかからなかった。

 そこで、少し下流に移動し、おとりを交換して瀬の中をゆっくりと上へ
泳がす。やっとゼロを意識した釣りになる。いい感じに泳ぎあがったなと
思ったら目印がスーッと下流に。激しいあたりはなかったが、いい型の
鮎がかかる。竿でためて抜いて3匹目。この後、淵を泳がせたりするが、
あまり気配はなく、下流の段々瀬に入れる。

 すると、すごい勢いで追う魚が見える。2度蹴られたが、3度目でかかり
サイズは20cm弱と相当な良型。かかったときは真っ黄色だったが
使っていると黒くなってきた。そういう時期なのでしょうがないのだが。

 続いて、段々瀬でもう1匹。さらに、チビを段々瀬でばらし、その下で
チビを追加。本命の大きな瀬へと向かう。瀬の肩で1匹追加。さらに、
そのおとりで、瀬へと合流するトロ瀬を大きめのオバセで泳がせていると、
きれいなメスがかかる。オバセが大きすぎたのか、かかっているかわかり
にくい感じだったが、いい魚だった。続いて、オスが連発する。これも
同じようなかかり方だったが、背がかりで黄色い魚だった。

 その後、瀬を下りながら釣っていくと、下竿から流心を一気に下るあたり。
竿で耐えまくったが、竿と糸の角度が厳しいな、と思っていたら
身切れ。さらに対岸のチャラ瀬でかけたのはバレ、と流れが少し悪く
なってくる。少し体制を建て直し、ガンガン瀬の流心横の石の周りを丁寧に
泳がせていくと、いい感じにかかり当たりがでて。結構いい型の魚が
かかる。すぱっと抜いて10匹到達。

 その後上流に戻りながら探っていくと、緩い流れで1匹追加。そして、
ダメ元で泳がせていた淵でブルっとあたり。あたりから、小さい魚だろうと
思っていたが、やたら引く。淵なので、焦ることもなかったが、それでも、
全く浮いてこないのでどうなったんだろう、と思う。しばしの格闘の後、
おとりが水面へ。さらに、黄色い背がかりの良型も水面へ。最後は抜いて
タモにイン。23cmほどと、巴川では超良型のオスだった。



 シーズン最後にいい思いをした、と締めくくらないのが、私の悪あがき。
この魚の処理中に糸を木に絡ませてしまい、フロロの仕掛けに変更。淵では
続かなかったので、上流の瀬に向かって泳がせると、追い気抜群の魚が
オトリ周りをぐるぐる。すぐに、かかって下っていく。おとりも、かかり鮎も
19cm級の良型なのだが、寄せてくるとダンゴ。外れずにとれるかな?と
抜いてみたが、ここで針外れ。残念だった。


今回はおとり判別不明のため、おとり込みの写真です

 以降、かかりそうでかからない形が続き、ケラレもあり追加できず終了。
まあ、1年最後にツ抜け達成し、最後の魚が23cmなら、非常に幸せな
鮎釣りシーズン終了ということになる。今年は、20回の鮎釣りで、平均8.2匹。
8月以降は、平均10匹を超える釣果となり、ちょっとは上達したかな?という
思いになる。

 しかし、メタルの効果は絶大で、来年はメタル中心の道具立てで攻める
ことになりそうだ。早くも、来シーズンが待ち遠しい竿おさめとなった。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。