FC2ブログ

1/9 篠島

アイナメ カレイ
01 /09 2016
1/9 篠島

■データ

・メンバー:Noageさん Bigone
・エサ  :本虫
・対象魚 :アイナメ(29.5cm 1匹)

■釣行記

 今回は、久々のアイナメ狙いの昼間の探り。NAさんが
先行し釣っていたが、餌屋のミスで本虫のはずが、ゴールドを
大量に持っているひどい状態になっていたので、本虫を
分け合って釣りを開始。

 朝方はあたりがあったとのことだが、到着直後からあたりは
薄く、ともかく予定通りいろいろな場所を探りまくってみる。
最初のジアイ?は10時ごろ。ビリのあたりが出だし、途中餌を
くわえて走るあたりが出たのだが、2度ほど合わせまで行ったが
乗せられず終了。

 その後、あまりにあたりがないので、心がおれ、昼前には
風裏で、しばしお昼寝。さらに、昼頃にはNAさんもあたりのなさに
耐えきれず釣りを終了。私は到着が遅かった分あと2時間と思い釣り
を継続。ジアイが来たのは13時過ぎ。先ほどあたりがあったゾーンに
行くと、あたりが頻発する。丁寧に探ると、先ほど乗せられなかった
魚と同じあたりが出て、送っていったがやっぱりかけられず。

 その直後、とうとうずっしりと重みの乗るあたりが出る。テンションを
かけても戻らないため、自信をもって合わせる。すると、竿が根っこから
曲り、相当な良型の引き。竿を立てようと耐えていると穂先が戻る。
痛恨のバラシ。アイナメならポン級は余裕で確定、タケメバでも尺か?
というような引きだった。朝から全く魚を釣っていなかったので、
貴重な1匹をばらしたことで、心がおれ、今日2度目の、「ぽきっ」
という音が聞こえた(涙)

 ホントに今日はダメな日だ。と思いながら探ることさらに20分、
ヘチへ餌を落としていくと着底直後に重みが乗るあたりが出る。
先ほどばらしているので、送り込みを非常に長めにして、1m近く
ついていってさらにテンションをしっかりかけてから大合わせを入れる。
あたりからしてそこそこサイズと思っていたが、意外にあっさりと
浮いてくる。それでも、尺近いサイズのアイナメで、この状況から
言えば非常に嬉しい。いつもならタモ入れするところだったが、
抜けると判断し、水面での首降りが収まったところで、思い切って
抜きあげて無事魚を1匹確保。



 サイズは尺に届かない29.5cmだったが、狙いのアイナメ
お刺身サイズとなれば、とりあえず釣りに来たかいがあった
というもの。

 その後、ジアイが続くかと思ったが、びりのあたりのみ。
結果相当長い時間釣り続け、釣った魚がホントに1匹のみという
久々の厳しい釣りになった。ただ、ばらした良型を取っていれば、
相当よい結果だったといえる状況だっただけに残念だ。あたり3つで
P級3本 というNAさんの格言に近い、厳しいアイナメ釣りとなったが、
何とか土産確保できてよかった。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。