FC2ブログ

5/20 矢作川

アユ
05 /20 2016
5/20 矢作川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(17~13cm 10匹 10cm 1匹) 

■釣行記

 今年も鮎釣り解禁。私も少し遅ればせながら、年休をとり、
矢作川上流へと向かう。今年初の鮎との対面を楽しみにしつつ、
それよりも不安のほうが大きい感じではあった。

 今年の矢作は解禁から絶好調でどこでも釣れるぞ!とのこと。
人込みが苦手なので、小渡地区の上流側にポイントを決めて釣り
開始。上下流かなり遠くにしか人がいないので、比較的自由に
釣りができる状態。とはいえ、おいしそうな瀬には人がいたので、
私は人のいない瀬に入り、釣り開始。

 さすがに人気のゾーンだけあって、流心は魚が抜かれているはず、
と読み対岸の石色のよいところを、最初のおとり交換ポイントと
想定して釣り開始する。流心はよさそうだったが、やはりかからず、
狙いの奥のほうにおとりを誘導する。足場を変えようと、移動した
あと糸が目印が下っているので張ってみるとどうもかかっている様子。
とりあえず、今年の1匹目はよそ事しているうちに釣れてしまった。

 そして2匹目は、時間を確認するために携帯を見ている時に。
これも、気づくと下っているという、よそ見釣法を確立して
しまった。目印を見ているときは蹴られっぱなし。かかっても、
抜きあげ途中で落ちる・・・というありさま。3匹目は、ようやく
目印にあたりがでたのを確認して釣りあげた。が・・小さくて、
おとりならずリリース。

 その後、付近で2匹追加。まあまあ順調に5匹かけたところで、
追いが止まる。そこで上流側のトロ瀬、チャラ瀬、平瀬、と
人のいないゾーンがあるので動いていく。まずは、瀬肩でかけるが、
小さい上にタモ入れにてこずりバラシ。さらに上流にあがっていった
ところで同様に今度はまあまあサイズだったがバラシ。そして、
大岩の際を通したところで、いいあたりが出て確保。さらに、
トロ瀬の途中でもう1匹。ともかく、バラシケラレが多く、特に
バラシが多いのがもったいなかった。

 最終的に、小渡では7匹。3時間弱ほどの釣りとなったが、まあ、
こんなところだろうということで、予定通り時瀬に移動することに
した。周りでも、釣っている姿を見なかったし、小渡の別の場所
から来た方も、サイズも小さくかからなかった、ということだから、
条件はやや悪くなっているのだとは思う。

 時瀬への到着は13時ごろ、こちらも人が少なくかなり気楽な
釣りになる。なかなかかからずやきもきしたが、15分後ぐらいに、
瀬の強い流れのなかで一気に下るあたり。17cmと本日最大の魚で、
一気に期待が高まる。

 この後は、魚の反応がよいポイントに入ったのか、次の魚は少し
上の際でかかる。同じポイントで追加し、3匹までは順調に釣る。
さらに、向きを変えて、連発でかけるが、バラシ、バラシ、バラシ!
うち2回は空中バレ、連続バラシで結構へこむ。さらに、タモ入れ
直前でのバラシを挟み、ラインが岩に擦れたのか突然、目印が
風に舞う。おとりごとサヨナラ。

 仕掛け変更後も、バラシ1をはさみようやく1匹追加する。そして、
最後もバラシ。さらにライントラブル!ということで集中力が
途切れたので、時瀬は2時間弱で終了。時瀬は2時間で10匹以上の魚が
かかっており、まずまずの状況だったのも関わらず、キープ系の針
3本針と工夫しても結局・・バラシ病から抜けられず。追いが弱い
ということだろうが、せっかく掛けるところまではレベルが上がって
いる?だけに残念な結果だった。

 ただし、今年の基本目標である2桁確保については、達成したので
ここだけは、ほっとしている。ほんとは、もっともっと釣れる形
だったんだが。手返し等も、久々でイマイチだっただけに、今後は
釣れると信じたい。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。