FC2ブログ

6/12 矢作川

アユ
06 /12 2016
6/12 矢作川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(16~12cm 16匹) 

■釣行記

 予定通りの中1日釣行、板取でNAさんが好釣果をたたき
出していたので、ほかの河川も気になったが、年券を
買っていたこともあり、予定通り矢作に向かう。上流域を
想定していたため、まずは平畑のおとり屋で話を聞いてみた。
その結果、事前情報どおり、あまり釣れていないこと、
前日おとり屋の下流で多少釣れていた・・・との情報を得た。

 ということで、今回は寿楽荘下のポイントへとむかい釣りを
開始。情報を聞いても、夕方からかかる、というような話だが
時間は9時。釣れないかもと不安をかかえての釣りとなった。

 まずは、川見をして竿抜けしていそうな場所を探してみる。
まずは、石色のよい緩い流れに目をつけて、そこを中心に
探ってみることにした。比較的水が澄んでいたので、魚は
よく見えていたし、石の様子もわかるので、立て竿で苦手の
泳がせで、おとりを上に飛ばしながら探っていく。

 大きめの磨かれた石がいくつかあるうち、一番下の石の周りで、
追い気のありそうなのが見えていた。まずは、この周辺を泳がせて
いると、目印よりも先にかかった魚が見えて、2匹がもつれながら
下っていく。結構黄色い15cmほどの鮎で、まずはほっと一息。

 その後、同じ筋を泳がせ、少し痩せた同寸を追加。このおとりが
少し泳ぎあがったところでさらに1匹。順調に数が伸びる。この付近に
群れがまわってここから1匹、この1匹を強引に群れに絡ませたところ、
追ってきた鮎がかかり、さらに1つで5つ拾い少し上へ向かう。
上では、少し早い瀬の中で2匹。落ち込みの泡下で1匹とぽつぽつ拾える。
いったん下に戻って元気なおとりで釣りの濃しの追い気のある鮎を追加。
この魚は思いっきり目印をふっ飛ばしてくれた。

 さらに上の際のチャラでチビを1匹。流心に入れて1匹と11匹まで
そこそこ順調に釣れた。ところが、この付近追い気のある魚もいるように
感じたが、探っても探ってもかからず厳しい状態になってしまった。
時間もある程度経ったので、最後にもう1か所気になっていた、岸際の浅場を
探って帰ることにした。

 得意のゼロオバセが使いやすい環境なので、自信をもっておとりを操作。
おとりが瀬を横切り、浅場に近づくと狙い通りのかかり当たり。場所、
釣り方、かかり方どれをとっても狙い通りだと非常に嬉しい。ここから、
順調にかかって、最終的に16匹。型こそ小さいものの、いろいろな
パターンの釣りで釣れたこともあり、なかなかの満足感。



 最初から、いかにも釣れそうな流心や瀬を捨てたのが正解だったのか、
型は小さいもののまあまあ楽しめる結果となった。川見も含め、少しずつ
釣れるパターンは増えつつあると感じるし、今年も少しずつ上達して
いければと思う。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。