FC2ブログ

6/20 巴川

アユ
06 /20 2016
6/20 巴川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(18~9cm 15匹) 

■釣行記

  今年も巴川が解禁。前日の解禁日に用事が
 あったため、年休をとってゆっくりと解禁直後の
 HGを釣ってみることにした。

  多少考えたが、結局いつものポイントの様子を
 みてから、状況をみて移動というプランを立てた。
 NAさんや、おとり屋の情報では昨日は3~4匹の人が
 大半、いい人で20を超えた程度とのこと。

  期待せず、とは思ったが天候は昨日よりもよく、
 かかるといいなと思いながら、いつもの上流側から
 下っていく。ところが今回は先行者がいて、少し先
 で魚をかけている様子も見えていた。狙いの下流
 から抜かれているのが苦しいところ。

  まずは、入川口付近のポイントを探り始める。大きめの
 おとりだったが、筋をおとり任せで泳がせていると、
 早速反応が出る。流心から岩陰に逃げたとたん、
 きれいなかかり当たり。竿を立てて、抜いてくると
 早速18cmとナイスサイズが釣れる。これはラッキー
 続くのか?と思い探っていく。

  おとりの動きが落ち着いたところでゆっくり
 引き上げてくると、再度かかる。これは14cmほどの
 サイズ。さらに、このおとりでも少し時間がたった
 ところで、岩盤のところでかかる。小さいが背がかりで
 1匹追加。

  さらに、反対側の浅いところが石色が良かったので、
 そちら側に引きあげてくると狙い通りのポイントで
 かかる。16cmほどのサイズで、非常にいい形の前半と
 なった。このあたりでかからなくなったので、少しずつ
 下っていく。先行者、昨日釣った人の探ったあとなので、
 抜かれているのからしいところでは気配がない。

  そこで、おとりを購入の使ってないものに交換し、
 分流側の岩陰にいれてやると、いきなりかかって
 下っていく。残念ながらケラレてしまったが、反対側の
 岩陰でも同様の反応。流心を下っていく当たりで1匹追加。
 この魚をおとりに泳がせるといい感じのあたりが出たが
 蹴られてしまった。

  その後、流心を避けて、際を探るとチビがかかり始める。
 あきらかにちびながらに追ってかかっているのだが、
 10cm前後が数匹、途中おとりになるサイズが2匹ほど釣れた。
 ガンガンの瀬に入れていくと、ここでもかかるが、サイズは
 小さいまま。12cmぐらいがMAXというかかり方になって
 しまい、調子が出ない。

  帰りながら探っていくと、やはり際の石色のよいところで、
 単発でかかる。15cmほどのものを2匹ほど追加した。最後の
 魚は、最初に釣っていたところ。群れが食みまくっているので
 間違ってかからないか、と群れのそばを通していると、
 間違ってかかった(笑)。これも15cmほどだったが、この群れは
 全くかからない様子だったので、これにて終了。

  全部で15匹は、目標クリアといえるが、開始直後の状況を
 考えると、もう少し釣れたかな?と。しかし鮎はめちゃくちゃ
 いるけど、追わない。昨年もこんな感じだったし、巴川はこんな
 もんかなとも思う。いろんな場所で釣れるようになりたいとは
 思うので、追う魚が付くような場所も探してみたいと思う。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。