FC2ブログ

7/23 愛知川上流

アユ
07 /23 2016
7/23 愛知川上流

■データ

・メンバー:NAさん Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(17~16cm 3匹) 

■釣行記

 どこもかしこも、いい情報がない中、比較的近くに
釣果のよい河川があることを発見。NAさんと共に、初の
愛知川上流へと向かった。現着後、地元の釣り師と情報
交換し、おとり屋前のポイントから釣りを開始した。

 渇水なのだろうが、水はきれいで石も全体にきれいな
状態だった。魚の量は、矢作・巴の鮎だらけを見慣れている
ため、さほどでもないが、まあいる様子。とりあえず、
上流側へ2名で向かい釣りを開始する。

 今回も、到着直後にライントラブルでメタルをロスト。
最近は流れが悪い。トラブル中にNAさんは一つ目を確保。
早々に2つ目も確保している。私はというと、それっぽい
ところ浅いところといろいろ攻めてみたが、気配がなく
だいぶ上流へ。

 上飛ばしで探っていくと石裏で明確に気配が出る。だいぶ
止めてもダメだったが同じポイントをもう一度さぐると
ようやくの掛かりで1匹確保。さらに、そのおとりで上飛ばしで
1匹。渇水のためか、警戒心が強くなかなかいい釣りに
ならないまま、時間が過ぎる。

 移動をかまして第2ラウンド。ここでは、早々に養殖1号で
かける。まあまあの引きを耐えて抜こうとしたところで、空中分解。
らしいポイントで続かず、船に水流が当たらず、おとりに悪影響が
あったのか、気がつくとすべてのおとりが弱っていて、この後勝負に
ならない状態に。NAさんは、第2ラウンドでも好調でツ抜けへ。

 最後の移動時は、さすがにNAさんに1匹おとりを分けてもらって
対応。チャラを攻めてみるが、チャラには魚が少なく、結局瀬の筋で
たまに反応が出る程度で時間が過ぎる。2度ほど蹴られ、だいぶ時間が
たってようやく黄色いのを1匹追加。

 このおとり動きが非常によかったのだが、良すぎて突然の失速。
早々にぐったりしてしまって万事休す。途中何度かあったバラシさえ
なければもう少しいい展開になったのだろう。NAさんは、逆に終始
良いおとりをつないで14匹と十分な結果。型も15以上でそろい相当な
満足感だった様子。

 自信を持って臨んだ今回の釣行だったが、後になって考えると川の
特徴を捕まえきれずに終わったな、という印象だった。ただ、最後の
ほうでこういう川の釣り方が少し分かった気がするので、次回以降は
この川でも釣れると思う。

 非常にきれいな川(付知・愛知)での貧果連発に、濁りが入らんと
釣れん!と豪語するあたり、さすがはチヌ野郎!と思わせるものがある
(苦笑)。終了後は完全にイカレタ人間になっていたが、冷静になって
考えると、水も魚もよいこの川。また行きたいと思う。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。