FC2ブログ

8/11 巴川

アユ
08 /11 2016
8/11 巴川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(21~8cm 9匹) 

■釣行記

 今回は、仕事を早目に終わらせて、フレックス退社、
サボリーマン釣行となった。近場の釣り場ということで、
いつもの巴川、いつものポイントに入る。渇水で群れアユが
やたら見える状態で15時半釣り開始

 まずは、おとりを変えたいと入川口付近のポイントを
いつも通り丁寧に攻めていく。ところが、群れアユと何度か
絡んだ様子はあったが、ケラレるまでで、かからない。いつも
通り魚はむちゃくちゃいるのだが、これではどうしようもなく、
下流へと移動する。

 最初の鮎は、開始から1時間近くたった後、段々瀬のたまりで
オトリと天然がぐるぐると泳ぎまわっているのが見えていた。
その後しばらくすると、目印をグンと引き込むあたり。サイズは
13cmほどとやや小ぶりだが、オトリにはできそうということで、
ほっとする。

 オトリが変わって状況がよくなるかな?と思ったが、残念ながら
そうはいかず、いったん養殖におとりを戻し、ガンガン瀬の頭から
探り始める。瀬の中に突っ込んだおとりが泳ぎ上がったところで、
ブルンときれいなかかり当たりが出る。瀬をくだるのでなかなかな
引きではあったが、15cm程度だったので、スムーズに確保できて
リズムが出てくる。かなり黄色くていい感じの魚だった。続いて
8cmをかけたが、これはタモ入れに失敗してバラシ。引き続き、
8cmをかけて今度は確保で3匹目。

 ふたたびお疲れのオトリを休憩させて、次のおとりで探っていくと
やや深めの瀬の岩陰で目印が下る。竿を立てるとなかなかの引き。竿が
のされ切らないように貯めて抜いて18cm強のきれいな天然を追加。
さらに同じポイントで黄色い16cmを追加。まあまあいいペースで
かかり始める。

 瀬の奥のやや緩い筋を引き上げていると再びドンと衝撃が伝わる。
これはいい引きの魚で、かなりのやり取り、おとりを水面に出してから
相当たってから、抜いた21cmのナイスサイズだった。が、追加放流?
親返し?なのか、追星はあるが、基本養殖物の体系で少し残念。



 ガンガンかかるわけではないが、17時を過ぎると、そこそこのペースで
かかるし、型も18cm級がメインと状態が非常によいので、太陽の
あるぎりぎりまで釣ることにした。少しずつ下流に移動しながら、
瀬を攻めると、ドンとかかる。これも18cm級だが、背がかりでやたら
元気だったこともあり、竿を上流側に倒してためて、浮き始めてから
竿を立て一気に抜く。なんて楽しいやりとりだろう。

 最後の1匹はもう少し下流の瀬の中、やや深い筋でかかる。これも
同サイズのいい魚で、外に向かって走ったので竿で追従し、浅い
ところだったのでタイミングを見計らってスポッと抜いて無事確保。
最終的に9匹、あと1匹でツ抜け!と思いながら帰りがけの駄賃を
狙ったが、そうは問屋がおろさず終了となった。

 とはいえ、夕方のプチジアイを堪能し、実釣3時間で9匹と、釣れない、
型が小さいという情報の巴川にしては十分な結果に満足して帰路についた。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。