9/3 巴川

アユ
09 /03 2016
9/3 巴川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(18.5~16.5cm 6匹
         16~14cm 6匹 14~10cm 4匹)
      

■釣行記

 矢作川で良型を釣ったので、今回もと思っていたが、矢作の
情報があまり好転していないこと、巴の状況が上がってきた
ことから、20匹を目標に巴川に入川。今回は、大島を狙って
いたのだが、ついたときにはすでに数名が竿を出していたので、
さらに上流の田振下に初めて挑戦してみた。到着は9時過ぎ、
9時半からの釣りとなった。

 先客が1名、だいぶ早くから探っていた様子で、私は
釣り残しを探っていく形になったのかもしれない。先客は
下流にいたので、上流側から釣り開始。石色、流れの強さを
見ながら、このあたりでおとりを変えたいな、とやや緩めな
浅い流れを狙って泳がせていく。

 すると、狙いの筋に行くやや手前で、ブルンと小型特有の
かかり方をする。13cm級の小型ながら、ボウズはなくなる。
続けてこのおとりを泳がせていくと手前でかかって13cm級を
追加。早くかかったのでいけるか?と思ったが、型も小さい上に
続かない。

 少し経った後、おとりを養殖に戻し、際のあし際でかかった
3匹目は少しだけ型が良くなった。この後、瀬肩のトロ尻に
移動して、立て竿で泳がせていく。ここで2匹確保し、そろそろ
型は小さいが瀬で勝負できるだろうということで、ようやく瀬に
おとりをいれることに。

 強い瀬をゆっくり引き上げてくると、がつっとかかって
良型が下る。ようやくらしい雰囲気の釣りになって楽しい。
これをおとりにさらに強い瀬でもう1匹。これが本日最長寸
となった18cm強の魚。このおとりで外側の流れから17cm を
引き出す。さらに、ここでもう1匹かけたが、口がかり&空中分解。
これで、循環が止まってしまう。

 その後、思い切って下流のチャラ瀬へ移動。ここで、元気な
良型で引いていく。反応が悪かったが、大石の裏でかかって
下り始める。いい型でなかなか浮いてこなかったが、ようやく
浮かせて一気に抜いて、と思ったが型が大きく水面に触れた瞬間
空中分解。20cmはあったと思うだけに残念。

 この後、チャラ瀬で反応がなかったため、ここで前半終了。
9匹という結果は、初ポイントとしては悪くないか。時速3匹弱で
1時に移動および休憩、昼食とした。
 
 後半戦は、HGへ。人が居ないのでとりあえず好き放題探れる
状態だが、あれだけ人が居た大島も、空いていたので、午前中に
人が入ったかどうかはわからない。瀬に入りたかったが、とりあえず
ルーティンで上流側のポイントから。

 まあ、ここで気配がなくても下流の瀬がある、と余裕をもって
釣り下がる。途中の淵で一応およがせていくのだが、ここで
意外にもいい感じに泳ぎ上がったおとりが、明らかに怪しい動きを
みせ、ブルン、とかかる。13cmほどのチビだったが、1匹追加。
これを丁寧に使って、さらに岩そばで追加。この後、渕尻の
ポイントで、単発だがパラパラとかかる。岩影の溝に魚が
入った瞬間に、ドンとかかり18cm。このおとりで渕尻の流れだし
付近で17cmこの魚は、瀬を下って大変だったが、何とか確保。
チビも追加し、7匹釣ったところで、本命の瀬に向かって下っていく。

 ここで、型物を確保と思っていたが、今日は全く反応がない。
釣り残しすらない状態できれいに反応する魚は釣られている
様子だった。結局追加できず4時に終了。時速3匹弱16匹にて終了。
20匹に手が届かず目標には到達できず、だったが、まあこの程度
釣れれば悪くない結果といえるだろう。

 田振での2バラシがなければ、もっと連発できていたと思うし、
今後の課題ではある。



 チビ2匹リリース後の結果です
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。