FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/7 矢作川

アユ
10 /07 2016
10/7 矢作川

■データ

・メンバー:Bigone
・エサ  :友釣り
・対象魚 :アユ(20~12cm 6匹)
      
■釣行記

 昼から、北陸遠征の予定をしていたが、頼みの綱の
ソルティーが業務多忙につき引退。餌が大量に残った
状態だったが、これは鮎に行っとけ!という神の?思し召しと
勝手に判断して、矢作川に向かう。時期的に豊田大橋に決め、
おとり屋につくが、営業中止。致し方なく、漁協まで行って
おとり購入。30分ほどのロスの後、釣り開始。

 ということで、先行者も一人もおらず、広大な釣り場を
独り占め。水はまだまだ高くて、前回来た時より、30cmほどは
高かっただろう。川に入ると押しが強くて底まで水が流れている
感じだった。どこもかしこも、流れが速くどこでおとりを
変えようかと迷う。

 まずは足元から目の前の瀬へ入れていく。が、流れが
速すぎて、おとりが止まらない。石裏に入れても、すぐに動きが
止まってしまった。おとりもあまりよいおとりでなかったのかも
しれないが、いきなり動きが低下したので、早々におとりおよび
場所替え。

 普段は釣らないし、だれも釣っていない橋下の鏡に移動する。
いつもより水が高く、魚が多少はついているかな?と期待して
釣っていく。オバセ量に注意しながら、オトリ主導でゆっくりと
引き上げていく。何度目かに、一度反応が出る。続いて、少し奥を
引き上げてくると、明らかにおとりが反応している感じが続く。
すると、ずもーっと藻でもかかったような重みがのり、その後魚が
ゆっくりと下流に動く。ん?と思いつつ一応竿を立てると、かなり
いい引きで下っていく。あ、かかってた?てな感じでためて抜いて
くると20cmジャストの真っ黒+オレンジラインのざらオスだった。

 少し付近を泳がしてみたが、反応がなかったので、オトリが
元気なのを生かし、瀬に入れていく。下流へと下りながら
探ること30分ほど。ようやく、石裏でかかる。チビだったが
おとりが変わってホッとする。このチビは元気だったので、
瀬に対応してくれ、丁寧におとりを操作していくと、さらに小さ目が
かかる。このおとりは小さすぎてさすがにおよぎが悪く、しばし後、
養殖におとりを戻す。

 下流の少しだけ緩いところ(ほんとに緩いところはない!)に
おとりをいれるとカーンといい感じにかかる。これより下流は
探りづらくなったので、今度は上流へ再移動。

 橋のたもとの瀬肩狙いで、おとりを入れていくといきなり
まあまあサイズがかかる。掛かりどころもよく、いい感じに
抜けてきたが、折からの風で竿があおられ魚が体の真正面にとんできて
しまった。タモと体に魚があたり、上流側にかかり鮎が飛んでいって
しまった。このポイントで傷心のまま探って何とか1匹追加。さらに、
最初に釣った最上流を泳がせていくと、ブルルーとかかり当たり。
18cmほどの鮎が尻がかりで飛んできた。

 これで6匹。最後にいいおとりを瀬にガンとぶち込んだ瞬間、
一気にかかってすぐばれた。ケラレ、キャッチミスがあり、3時間で6匹、
時速2匹という、残念な釣果になってしまったが、うまく釣れば2桁は
いける状況だっただけに残念だった。



 (1匹、翌日釣ったチビが含まれています)

 とはいえ、この高水の中魚の顔を見れたし、久々の鮎釣りで魚がかかった
ことにはとりあえず満足して、この日の釣りを終えた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

BIGONE

一年中、海や川に出かける釣りバカBOです。
おいしい魚がいっぱい釣れるとええですなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。